クリスマスに結婚式はタブーなのか?告白や出産は?

クリスマスは特別な日。

クリスマスは、国全体が一年で一番ロマンチックになる日ではないでしょうか。

クリスマスに告白、クリスマスにプロポーズ、クリスマスに出産等々、
何かしらの記念日とされる日、それがクリスマスです。

クリスマスに告白はアリ!

バレンタインデーが、告白チャンスの日であるのと同じように、
クリスマスも告白の場として使われることが多い、特別な日。

バレンタインデーは女性から、”付き合って”と告白するチャンスの日ですが、
クリスマスはどちらかというと、男性からの”付き合ってor結婚して”という、
一生を左右する重大なチャンスの日といえるでしょう。

 

告白のメッカとして有名なレストランやホテルは数ヶ月前から満席・満室となります。

そしてお決まりの「シャンパンに指輪」や「デザートに指輪」など、
ベタだからこその、強力なロマンチック演出も店中で行われています。

みんなが同じ場所、同じシチュエーションでプロポース。
一見、興ざめしてしまうと思われるかもしませんが、
これはこれで女子には効果抜群。

クリスマスのプロポーズは普通に「アリ!」という意見が圧倒的です。

 

c772fd9daba1b0301dac5bec47ec118f_s

クリスマスに出産は?

クリスマスに愛の告白は定番ですが、
実はクリスマスに出産というのもポピュラーだったりします。

「日本人に多い誕生日ランキング」によると、
12月24日生まれは26位、12月25日生まれは4位とのこと。
ちなみに1位は12月21日だそうな。

これは何を意味するかというと

・仕込みの時点で出生日を逆算
・帝王切開で出産日を意図的に操作
・クリスマス生まれを狙ったが、急に産気づいて予定より早く産まれてしまった

3つの背景が考えられます。

帝王切開の場合、37週〜38週頃に行うことが多いようです。
14日間の猶予があれば、年末・年始の出産よりもクリスマス出産を選ぶ人が多いみたいです。

 

クリスマスに結婚式はタブー?

皆が幸せになれる日、それがクリスマス。
しかし一つだけ問題になるイベントもあります。

それは『結婚式』。

特に、12月24日or12月25日が土日で、大安だった場合は恐ろしいことになります。

ただでさえ、大安の日は人気なのにクリスマスと重なれば効果絶大。
超難易度の高い挙式日になります。

この日が取れたら結婚する当事者は大喜びするに違いないでしょう。

しかし、

一方で参列者の気持ちはどうでしょうか・・・?

「二次会に参加しなくても・・・いいよね?」
「年末でただでさえお金が飛んでいくのに・・・」
「結婚式で帰省が遅れる・・・」
「夫婦でお呼ばれしたらプレゼントの仕込みが出来ない!」

裏では、ブーイングの嵐だったりします。

 

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

 

8月の挙式も同じように嫌がられますが、
お盆休みが職種によって、マチマチなのに対し、

12/29〜1/3は官公庁が休みのため、
多くの企業では、この日を休日としています。

そのため、この期間に帰省などが多いのですが、
クリスマス前から準備を始める人も多いのです。 

 

クリスマス挙式は身内で行う場合はOK。
しかし、大勢の参列者を伴う場合は避けた方が無難といえるでしょう。

クリスマスは皆で楽しく祝いたい!

でも、皆にもそれぞれ都合があることをお忘れ無く。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事

スポンサーリンク