クリスマスは幼稚園によって過ごし方が違うらしいけどホント?

12月の幼稚園は大忙し 

12月に入ると幼稚園では慌ただしい動きになります。
そう、子供達が楽しみにしている「クリスマス会」があるからです。

 

園によっては劇をやったり、賛美歌を歌ったり、父母会があったり等、親も子も園も大忙しになります。
しかし、仏教系幼稚園は違います。

 

仏教系幼稚園のクリスマス会 

仏教系の幼稚園はクリスマス会を行いません。

 

キリスト教系の幼稚園で、
「花祭り(お釈迦様の誕生日)」をお祝いすることがないのと同じように、

仏教系幼稚園では、
「クリスマス(イエス・キリストの生誕日)」をお祝いすることはないのです。

 

仏教幼稚園ではクリスマスソングを歌うのか?

しかし、クリスマスは日本人にとって宗教的行事ではなく、
「楽しいイベント」として認知されています。

クリスマスソングには名曲も数多く、口ずさむ子供も多くいます。

 

では、「きよしこの夜」は歌うのでしょうか。

 

キリスト教の幼稚園に通う生徒が、
「四弘誓願(しぐせいがん)」を歌わないように、

仏教系幼稚園の生徒は、
クリスマスの曲を歌わないらしいです。

「らしい」というのは、園の規律によってまちまちだからです。

信仰心に厚い園の場合は「まっかなお鼻の〜」も歌わないとのことです。

  

260b94117378fb4f292854ebf92f738b_s

仏教系幼稚園に通う子供へのクリスマス説明方法は?

クリスマスソングやクリスマス会のスルーという事情から察するに、
仏教系幼稚園では、クリスマスについての説明はないといえるでしょう。

よって、クリスマスに関しては”家庭任せ”ということになります。

 

日本では、<キリストが生まれた日=クリスマス>
という認識が多くに広がっていますが、
一説によるとキリストは夏生まれ、とされる説もあります。

確かに、真冬に馬小屋での出産なんて現実的ではない設定とは思いますが、
本当の所は誰にもわかりません。

 

子供は好奇心の塊えす。
サンタやクリスマスツリー、プレゼントがキリストとどのような関係にあるのか。
もしかしたら、こんなことを子供に教える必要が出てくるかもしれません。

 

次の章で、ざっとまとめてありますので、
子供の質問に備えるために、役立つと幸いです。 

 

クリスマスをざっと説明

・クリスマスはキリストが世に存在したことを祝う日

・サンタクロースのネーミングは「聖ニコラウス」からきており、
 コカコーラのイメージ戦略によって赤白のサンタとして世に広まった

・プレゼントは聖ニコラウスが、貧しい人に自分の富を分け与えていたことが由来

・クリスマスツリーは、ドイツ聖史劇に登場する楽園のリンゴが由来
 時期的なものでモミの木にすり替わっている

 

2bc52f60fe37bd1765736dc00e9fed12_s

国によってクリスマスは様々 

これに更に付け加えるとすれば、

国によってクリスマスの捉え方は様々。
特に日本は宗教行事としてはほとんど機能しておらず、
イベント・お祭り色が強いものとなっています。 

日本ではケンタッキー&ケーキでお祝いをするのが定番となっています。

が、

海外の人からしたら、

「ジャンクフードとケーキ?」
「クリスマスに家族と過ごさないのかい!?」

となるようです。

アメリカではケーキを食べないし、
スペインではクリスマス期間が長く、
プレゼントは1月6日にならないと貰えなかったりします。

 

世界各国、いろいろなクリスマスがありますが、
日本のクリスマスは例えるなら、”花火”といった表現が近いかもしれません。

  

日本人なりのクリスマスの楽しみ方 

日本には日本のクリスマスの楽しみ方があります。
日本は柔軟に文化を吸収してきたので、それぞれの文化のいいところ取りでもあります。

だからこそ、日本独自のクリスマスが発展し、
国全体がクリスマス一色に染まるほどのイベントになったのです。 

商戦からのイメージ戦略で大幅な発展を遂げたわけですが、
ここまで愛されているイベントは、そうそうないのではないでしょうか? 

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事

スポンサーリンク