サッカーの次世代を担うスター候補~プレミアリーグ編攻撃的選手~

プレミアリーグで活躍する選手。
そんな中でも若手にスポットライトをあてて、未来のスター選手を探してみます!

今回は後半戦の攻撃的ボジションの選手をみていきます! 

前半戦はこちらから
サッカーの次世代を担うスター候補~プレミアリーグ編守備的選手~

※2014年の情報になります

 

プレミアリーグのスター選手候補ーオフェンシブー 

ラヒーム・スターリング(Raheem Starling) 
イングランド、リヴァプール
1994年12月8日生まれ(19歳) SMF,OMF,WG

Raheem Sterling v PNE

イングランドの未来を担うサイドアタッカー。自慢のスピードを生かしたドリブルは既に世界レベルで通用している。以外にもプレミアデビューは2012年の3月14日と最近。
ルーツはジャマイカ、QPRのアカデミー出身である。

 

 

ナタン・アケ(Nathan Ake) 
オランダ、チェルシー
1995年2月18日生まれ(19歳) CB,LSB,DMF.CMF

Nathan Ake 2013

筆者イチオシの若手。U-17代表では2012年キャプテンとして連覇に貢献した。
危機察知能力の高さと視野の広さ、先のプレーまで見通せる観察眼が最大の売り。
ボールを持たずにしてもフリーの選手をつくるなどその能力に疑いはない。
パスも正確なので組み立ての際には特に輝きをみせるだろう。

 

 

ルイス・ベイカー(Lewis Baker)
イングランド、チェルシー
1995年4月25日生まれ(19歳) CMF,SMF,OMF

 

昨年チェルシーのベストゴールを決めたのは彼である。
両足を器用に使いこなし発想豊かなプレーで攻撃の軸となることができるゲームメーカー。そのプレースタイルはまさに10番タイプといえるだろう。
また、プレースキックの技術も高くFKでは左足、PKでは右足を使いこなす。

 

 

サージ・ナブリー(Serge Gnabry) 
ドイツ、アーセナル
1995年7月14日生まれ(19歳) SMF,OMF,WG

Serge Gnabry引用元:http://en.wikipedia.org/wiki/Serge_Gnabry

コートジボワールとドイツのハーフ。
テクニックとボディバランスに優れ、数多くの得点シーンを演出することができるWG。
優秀な若手が数多く育成されたアーセナルにおいてもその存在は期待の星だ。

 

 

ロス・バークリー(Ross Baarkley) 
イングランド、エヴァートン
1993年12月5日生まれ(20歳) CMF,OMF,WG

Ross Barkley 2013

エヴァートンではルーニー以来の逸材といわれる選手。
主にトップ下での起用で持ち味の創造性を発揮。
マンチェスター、ロンドンの赤と青のチームがこぞって興味を示す人気銘柄。

 

 

ロメル・ルカク(Romelu Lukaku) 
ベルギー、エヴァートン
1993年5月13日生まれ(21歳) CF

Romelu Lukaku kick off Fulham v WBA (cropped)

ワールドカップで活躍することはできなかったがベルギーの主軸となりえるCF。
190cmありフィジカルでは圧倒的な強さをみせる。
16歳10ヶ月でジュピラー・プロリーグ(ベルギー)で得点王になるなどその能力の高さは若手の頃から注目されている。
今季チェルシーから完全移籍。移籍金は3500万ユーロ(約48億円)ともいわれる。

 

 

クリスティアン・エリクセン(Christian Erikusen) 
デンマーク、トッテナム
1992年2月14日生まれ(22歳) SMF,OMF.ST

Eriksen Euro 2012

アヤックスでブレイクを果たした神童。
ポジショニングのセンスが抜群で柔らかく繊細なボールタッチから周囲の空気を一変させることのできるプレイヤー。

 

 

アドナン・ヤヌザイ(Adnan Janzaj) 
ベルギー、マンチェスター・ユナイテッド
1995年2月5日生まれ(19歳) SMF,OMF,WG

Adnan Januzaj (cropped)

昨年ブレイクを果たし低迷するチームの中でも輝きをみせた。
フェイントを巧みに使ったドリブル突破が最大の武器であり、プレミアリーグでも既に通用している。
そのドリブル突破はクリスティアーノ・ロナウドを彷彿させるとまでいわれる。
守備での貢献と決定力の向上が今後の課題か。

 

 

ジェームズ・ウォード=プラウズ(James Ward Prowse) 
イングランド、サウサンプトン
1994年11月1日生まれ(20歳) CMF,RMF.OMF

James Ward-Prowse

足元が正確で右足からチャンスを量産できる技巧派MF。
プレースキックの技術は世界トップクラスの域に達しており、同国のレジェンドであるベッカムに例えられるほどだ。

 

 

サム・ギャラガー(Sam Gallagher) 
イングランド、サウサンプトン
1995年9月15日生まれ(19歳) CF

Eriksen Euro 2012

194cmと大柄ながら足元の技術は高く、決定力も兼ね備えている。
正確なフィニッシュは今後のイングランドで大きな武器となり得る。

 

 

ビクター・モーゼス(Victor Moses) 
イングランド、ストーク(チェルシー)
1990年12月12日生まれ(23歳) SMF,WG

Victor Moses 1

チェルシーから1年のレンタルでストークに加入し、見事新チームの戦術にはまっている印象。
飛び出しのセンス、ボディバランスと突破力は世界でも有数の選手。
その後のクロスの精度や決定力があがれば真のワールドクラスへの到達もみえる。

 

 

ウィルフレド・ザハ(Wilfreid Zaha) 
イングランド、クリスタルパレス
1992年11月10日生まれ(21歳) SMF,OMF,WG

Wilfried Zaha Cardiff 2014

マンチェスターユナイテッドに移籍するも出場機会の減少で古巣に戻った。
スピードと決定力が高く、ドリブル突破も魅力。
体の使い方もうまく、加速のタイミングは抜群。

 

 

ディエゴ・ポジェ(Diego Poyet) 
イングランド、サンダーランド
1995年4月8日生まれ(19歳) CMF,OMF

Diego Poyet West Ham July 2014

サンダーランド監督、グスタボ・ポジェの実息子。
個人の能力で相手の守備を崩す力を持っており、ポテンシャルは高そうだ。

 

 

アンドレアス・ヴァイマン(Andreas Weiman) 
オーストリア、アストンヴィラ
1991年8月5日生まれ(23歳) SMF,WG

Andreas Weimann - Österreich U-21 (2)

主に右サイドを主戦場とし、ドリブル突破を得意とする。
また、自分で得点を決めることができるほどの決定力も兼ね備えている。

 

 

サイド・ベライノ(Saido Berahino) 
イングランド、ウェストブロム
1993年8月4日(21歳) SMF,OMF,WG,ST,CF

Saido Berahino (cropped)

サイドに流れるプレーを好むスピードスター。
飛び出しのタイミングは抜群で抜け出してからの決定力も非常に高い。
近年、順調に成長しつつ人気銘柄になりつつある。

 

 

以上、前半・後半の2回に分けてお送りしました、プレミアリーグで活躍するスター選手候補でした!