意外すぎる事実!クリスマスの起源は不明だった!?

クリスマスツリーの飾り

12月25日はクリスマスです。
毎年12月25日が近付くと、街中がキラキラと装飾されて、クリスマスの音楽が流れていますよね。

そしてクリスマスの日が近付いてくると、大人も子供もワクワクしますよね!

なぜなら、子供たちはサンタクロースさんからのクリスマスプレゼントを待っていたり、
大人は恋人やパートナーからのプレゼントを期待したりと
日本ではかなりメジャーなイベントの1つになっています。

ところで、皆さんは幼い頃のクリスマスはどのように過ごされていましたか?

幼い頃には、サンタクロースさんに会いたいがために、12月25日は夜更かししたり、
サンタクロースさんに手紙を書いたりと、あれこれしたものです。
今はその逆の立場になってしまいましたが。(;・∀・)

ところでそんなクリスマスとは、いったいどのようにして出来たのでしょうか。
そもそも「クリスマス」とはどういったものなのでしょうか。

皆さんはご存知ですか?

日本のクリスマスはちょっぴり損!?

クリスマスというのは、12月25日にイエス・キリストの降誕を祝うキリスト教の年中行事になります。
最近では日本でもキリスト教の行事ということが認知されてきたと思います。

日本では

「クリスマスだ!」

という空気で日本全国を盛り上げてるわりには、
12月25日は、祝日ではなく、お仕事は通常運転です。

ところが、アメリカヨーロッパでは12月25日はキリストの誕生日とういこともあって休日なのだそうです。
というか実は世界中の多くの国で12月25日は休日扱いになっているそうな。

なんだかちょっぴり損した気分( ;∀;)カナシイナー

日本では12月23日が天皇誕生日と祝日ですが、
25日も祝日なら最高だったのに。

 実はクリスマスの起源は不明1?

そのクリスマスなのですが、

「クリスマスの起源は?」

と聞かれると、誰も正確に答えられません。

なぜなら、その起源は不明なのです。

現在判明している一番古いクリスマスのお祝いを行ったと言われるのが、
4世紀あたりだと言われています。

しかし、クリスマスに関連深い、イエス・キリストが実際にいつ誕生したのかが不明なため、
はっきりとした起源は分からないそうです。

また、キリストの降誕を祝うと前述しましたが、他の説ではキリスト教が伝来する以前から
ドルマン人やケルト人と呼ばれる人類が、冬至の日に盛大にお祝いしていたのが
起源ではないかとも言われており、いろいろな説が考えられています。

意外すぎる事実に驚く男性

古代のクリスマスの祝い方

ドルマン人やケルト人が行う、冬至のお祝いの中で『柊(ひいらぎ)』『寄生木(やどりぎ)』『ユールの丸太』
『祝い酒の大杯』などを用いるのですが、これは異なる教徒の習慣を習合した結果なのだそうです。

柊(ひいらぎ)とは、よくクリスマスツリーに使用されますのでご存知の方もいるかと思われます。
クリスマスツリーには主にモミの木や松の木が使われますが、柊や寄生木といった常緑樹も使われます。

そんな柊ですが、他にも使われているものがあります。
クリスマスに木の葉っぱで輪っかを作った飾りをみたこと、ありませんか?

あれはクリスマスリースというのですが、ローマで農作物のお祭りの際に、
柊を家に飾ったことが起源といわれています。

そして、人々は冬の暗闇の恐怖と戦い、闇を追い払うため、
一年中青々とした葉を茂らせている、常緑樹を生命力の象徴とし、
自らを奮い立たせるために、お守りのような感覚で常緑樹を用いていたようです。

なので、現在でも、魔よけのために柊で作ったクリスマスリースを玄関にかけている所が多く見受けられるそうです。

現在では、可愛い装飾を施したクリスマスリースもたくさん販売されています。

ご自分で手作りなさる方々もおり、各家の玄関ごとに様々なクリスマスリースが飾られているので、
ついつい、どんなもんかと見ては、

「クリスマスがやってきたかー」 

と感じてしまいます。

きらびやかなイベントに想像を膨らませてワクワクしたり、
一年の終わりを感じ、ちょっぴりセンチメンタルな気持ちになったりするのでした。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事