男の子と女の子で七五三はいつやるの?

七五三

七五三ってそもそもなんなのでしょうか?

初めて子供を持った人にはなかなかわかりづらいものだと思います。

3歳、5歳、7歳のこどもを対象にお寺や神社でお祝いをします。

江戸幕府の5代目将軍の時代から始まったものとされています。 当時はこどもの死亡率が高く、将軍がこどもの健康を願ったことがきっかけとされています。

はじめは有力商人や武家を中心だったものが明治になって庶民にも広がっていきました。

時代が進むにうちに七五三という呼ばれ方が定着し、こどもが成長したことを祝う行事ということで全国へ広がったのですが、広げる中心となったのが呉服屋でした。

呉服屋が商業政策として3つの行事をまとめて、宣伝したのです。

バレンタインもそうですが、
一般的だと思っていた行事が商売のために 広がったということを知ると、
また違った見方ができますよね。

それぞれの年齢で違う行事を行っているわけですが、
まとめて七五三と呼んでいるため、
何歳のときにどんな行事をやるのかがわかりづらい状態となってしまっています。

以下にまとめておきましたので参考になれば幸いです。

いつやるの?

数え年でそれぞれの年齢を迎えた11月15日が一番よいとされています。

この日は昔では、鬼が出ないとされる最良の吉日とされていたことが由来という説があります。

ただ、現代では多忙化のため10月~11月に行う人が増えているのであまりこだわる必要はないようです。

数え年って?

数え年というのは、生まれたときから1歳として数え、
1月1日を迎えるたびに年を増やす数え方です。

  • 2000年12月1日生まれの場合
    2000/12/1 1歳 2001/ 1/1 2歳 2001/12/1 2歳 2002/ 1/1 3歳
  • 2000年1月1日生まれの場合
    2000/ 1/1 1歳 2001/ 1/1 2歳 2002/ 1/1 3歳

現代では誕生日を迎えたときに年が増える”満年齢”の数え方が一般的ですが、
それと異なるため注意が必要です。

ただし、最近では数え年にこだわらず、
兄弟姉妹がいるところなどは1歳ズレていてもまとめてやってしまう場合が多いようです。

男の子は何歳でやるの?

数え年で以下の年齢のときに行います。

「3歳」 髪置(かみおき)

「5歳」 袴着(はかまぎ)

  • 髪置(かみおき)
    当時は乳幼児の髪を剃るという風習がありました。
    3歳になったときに親が髪を剃るのをやめ、髪を伸ばし始める儀です。
  • 袴着(はかまぎ)
    当時は5歳になったときにやっと男の衣装である袴を着ることができます。
    無事に男になったことをお祝いする儀でもありました。

女の子は何歳でやるの?

数え年で以下の年齢のときに行います。

「3歳」 髪置(かみおき)

「7歳」 帯解(おびとき)

  • 帯解(おびとき)
    それまでは着物を紐で留めていましたが、
    7歳になったときに 大人と同じ大きさの帯に変えるという儀式でした。

行事のお祝いのしかたは?

決まった方法はありませんので自由に祝ってあげましょう。
家族でいつもより豪勢な食事をするケースが多いようです。

記念写真を撮る場合は、お祝い当日よりも別の日に撮る方がオススメです。
別の日にすることによって混雑を避けたり、髪や服の崩れがないままキレイに撮影ができます。

七五三ではよく千歳飴が売っていますが、

”細く長く”
”粘り強く”

生きて欲しいという願いを込めて作られています。
なので細長いわけですが、こどもには少し食べづらいものとなっています。

折ったり、切ったりすると縁起わるいと言われることもありましたが、
現代では小さく一口サイズに切ってあげることの方が多いようです。

昔ながらの風習でありながら、時代にマッチするように形を変えてきた七五三。
こどもを祝うということに重きが置かれてきたため、形を変えることが許されてきたのでしょう。

七五三のときはあなたが一番祝いやすい形でお祝いすることが、一番気持ちが伝わるはずです。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事