iphoneで画面を拡大する方法-ズーム機能の設定方法

mushimegane

最近は、スマホの画面が大きい機種が人気のようで、
新型iphoneも画面サイズが大きくなりました。

従来のガラケーに比べて、スマホは格段にきれいになったのですが、
そのおかげで文字が結構小さかったりします。

sまた、カメラの機能も向上し、画像の細かい部分を
アップでみたいなー、なんてときはありませんか?

「そんなのピンチインやピンチアウトがあるじゃん。」

たしかにその通りなのですが、WEBページによっては
ピンチインで拡大ができないページもありますし、
そもそもピンチインできない、アプリのゲーム画面などもあります。

しかし、iphoneならどんな画面でもズームできるのです。

私はスマホの小さな画面に、悩まされていたのですが、
iphoneのこの機能を知ってから、スマホはiphone一択になりました。

この機能にはかなり感動させられたので、紹介したいと思います。 

※ここではiOS 8 のバージョンでの説明になります。

目次

1.ズーム機能を有効にする
2.ズーム機能の使い方
3.ズームした後の操作方法
4. フルスクリーンズームとウィンドウズームの違い
5.フルスクリーンズームとウィンドウズームを切り替える設定方法 

 

ズーム機能を有効にする

iphoneにはどの画面でもズームができる、
「ズーム機能」が備わっています。 

まずは、この機能をONにする必要があるのですが、
設定方法は以下の通りです。

「設定」を開きます

「一般」の項目を選択


iphone_setting

「アクセシビリティ」の項目を選択


iphone_accesivi

「ズーム機能」の項目を選択


iphone_zoom

「ズーム機能」 の項目をON


iphone_zoom-on

以上でズーム機能が使えるようになります。

 

ズーム機能の使い方

ズーム機能を使うには以下の操作になります。

「3本の指で画面をダブルタップ」

画面2回、3本の指でポンポンと軽くたたくと、
たたいた箇所がズームされます。 

また、ズームの倍率を変えることもできます。

「3本の指でダブルタップしたまま、ドラッグする」

3本の指で画面を2回たたいた後、指を画面から離さずに
上下に動かします。

 指を上に動かすと倍率拡大、下に動かすと倍率縮小ができます。

以上の操作は、やってみれば非常に簡単で直感で操作できます。
しかし、指を3本使う関係で、片手では操作できません。

片手でズームを使いたい場合は、
iOS 8 になって追加された「コントローラ」の機能を使うと対応できます。

 

ズームした後の操作方法 

ズームを解除するには、

「3本の指で画面をダブルタップ」

ズームしたときと同じ操作をします。

ズームしたまま見ている部分はスライドするには、

「3本の指でスワイプ」

画面に3本の指をのせたまま、指をスライドします。
スライドした方向とは逆に画面がスライドします。

以上がズームした後の操作になります。
こちらも、片手で操作したい場合は「コントローラ」を使います。  

 

フルスクリーンズームとウィンドウズームの違い

iOS 8 になってズームの方法が2種類になりました。

  • フルスクリーンズーム
  • ウィンドウズーム

の2種類になります。 

フルスクリーンズームは、画面全体をズームします。

拡大範囲が全画面と広く、ズームした部分が見やすいです。
一方で、 ページ全体のどこを見ているか把握できなくなる時があります。

ウィンドウズームは、画面の一部の領域のみズームします。

画面全体の中で。どの部分をズームしているのか把握できます。
一方で、拡大範囲が狭いので、広い範囲を見たい場合は不向きです。

 

フルスクリーンズームとウィンドウズームを切り替える設定方法

「ズーム機能」の設定メニューを開きます。 

米ズーム機能の設定メニューの開き方がわからない場合は、
「ズーム機能を有効にする」の項目を参考にしてください。

「ズーム領域」という項目が下の方にあるので選択

iphone_zoom-size

画面が切り替わり、フルスクリーンズームかウィンドウズームかを選択できます。 

ウィンドウズームの場合、拡大領域の調節ができますが、
領域の調節は、「コントローラ」を使って設定する必要があります。

iphone_windowzoom

こちらの記事で詳しく解説しています。 

iOS8に更新-iphoneに新機能「コントローラ」の使い方を解説
iOSのバージョンアップが行われ、 iOS 8 にバージョンが変わりました。 新機能がいくつか追加されましたが、 一番目に見えて変わっ...

小さい文字や、画像をアップで見たい場合、ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事