海水浴に子連れで行く際に絶対に楽しめる持ち物3選

海水浴の子供

夏も海の日を迎えたころから急激に暑くなってきますよね。

ただ外で遊ぶのも暑いし、天気もよくなったときたら やっぱり海へおでかけしたくなりますよね!

そこで今回は子連れで海水浴に遊びにいくときに
持っていけば絶対に楽しんでもらえる
遊べるアイテム3つを厳選しました!

なお対象年齢は、幼稚園児~小学生としてまとめてあります。

乗れる浮き輪

子供は好奇心旺盛なので足がつかなくなるような遠い所まで行ってみたいものです。

親が手を引っ張って連れて行ってくれるだけでもとても楽しい体験になります。
ただ、手を放してひとりで自由に泳ぎ回ってみたかったりもするんです。

そんな欲求をかなえてくれるのが、「浮き輪」です。

浮き輪といっても形やデザインがいろいろあります。

もし自分が子供で、海水浴場に行ったとき、
他の子供がイルカやワニ、バナナなんかの形をしたボートに乗ってるのを見たらワクワクしちゃいますよね?

それに、普通のプールだとドーナツ型の浮き輪が基本ですから乗って浮かべるような大きさでいて、
デザインも楽しそうな浮き輪なんて普段なかなか遊べないものです。

ですから子供にとっては、一種の憧れのようなアイテムだったりします。

そういった普段味わえない体験をさせてあげることができるのが 「乗れる浮き輪」です。 デザインなんかもいろいろありますが、

  • 小学高学年くらいだとボート型、マット型のしっかり乗れるもの
  • 小学低学年くらいならイルカなどの動物型
  • もっと小さい子供には座って乗り込むような乗り物型

が人気のようです。

海の中をのぞける道具

きれいな海であれば魚がいたりするので、 みつけることができたら大興奮間違いなしです。

もしいないとしても海の底をながめながら散歩でき、
普段見えないものが見えるようになるので、知的好奇心をくすぐります。

海をのぞくアイテムとしては「アクアスコープ(箱めがね)」がおすすめです。

水に顔をつけることができない小さな子供でも
問題なく海の中をのぞくことができますし、お手軽に使えるのが魅力です。

シュノーケリングという方法もありますが、
これは水を吸わないように呼吸をするのが難しいため小さな子供には難しいです。

砂遊び道具

海で泳ぎつかれたら、めいいっぱい広がる砂浜が次の遊び場になります。

海が苦手だったり、泳げない子はむしろこっちがメインになります。

砂遊びの道具としては「バケツ」があると子供は喜びます。
「スコップ」「棒」もあるとさらにいいですね。

砂場での遊び方はかなり幅が広く、
砂のお城作りはほとんどの人がやったことがあるのではないでしょうか?

バケツやスコップがあれば工作がはかどるので便利ですよね。

逆に穴をほって何かを埋めたり、海水を汲んで池を作ったりする子供もいます。
何かを作りあげることによって達成感を感じられるので、完成したときにはとても喜ぶことでしょう。

また、砂山を作ってそこに棒をさせば棒倒しゲームができるのでこれも結構ウケたりします。

海水浴で子供を楽しませてあげましょう!

その他のアイテムとしてビーチボールがありますが、海辺は風が強く吹き飛ばされやすいです。

子供が追いかけていくのは危険ですので、持っていく際には注意しましょう。

上記にあげたアイテムを持っていけば子供は十二分に楽しんで遊べますし、
安心して遊べる道具がほとんどなのである程度目を離しても安心できます。

子供と一緒に遊ぶもよし!
子供たちだけで遊ばせるもよし!

子供の発想力は豊かですから、大人が想像できないような遊び方を見つけることもあります。

なので、遊べる道具を与えてあげることが重要なわけです。
今年の夏は最高の思い出をプレゼントしてあげましょう!

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事