SuicaとPASMOの違いは?お得なのはどっち?

電車に乗るときに便利なSuicaやPASMO。

あなたはどっちを使っていますか?

電車に乗る人には必需品ともいえる交通ICカードですが、SuicaとPASMOってどう違うの?って思ったことありませんか?

SuicaとPASMOの違い、使うと貯まるそれぞれのポイントや、知っていると便利なオートチャージ機能などをご紹介します。

SuicaはJRでPASMOは私鉄

SuicaとPASMOの根本的な違いは、発行している鉄道会社です。

SuicaはJR東日本のICカード、PASMOは東京メトロ、小田急電鉄、京成電鉄など私鉄で出しているICカードなのです。

ということは、JRの電車はSuicaで私鉄はPASMOしか使えないということでしょうか?

いえ、そんなことはありません。交通ICカードを使って電車に乗る場合には、どちらでも使えます。Suicaで私鉄区間に乗ることも、PASMOでJRに乗ることもできます。

ただし定期は別です。JR区間ではSuica定期券、私鉄ではPASMO定期券を購入することになります。また一部のバスの定期券はPASMO定期券にすることもできます。

駅の券売機でも、お手持ちの交通ICカードに定期券を付けることができます。では、両方の区間を使っている場合には?その場合にはどちらに付けることもできます。

また最近ではスマホなどに搭載する、モバイルのカードが多く発行されています。SuicaにはモバイルSuicaというものがあります。しかし残念ながらモバイルのPASMOはありません

Suica&PASMOでできること

鉄道会社が違うことが分かったところで、それぞれのサービスを見ていきたいと思います。ですが、その前にそもそもSuicaやPASMOで何ができるのかご紹介しましょう。

いつも使っているあなたも、意外と知らなかった便利な使い道もあるかもしれませんよ。

交通ICカード・電子マネーとして

当然のことながらSuicaやPASMOには改札機にタッチするだけで電車に乗れる、交通ICカードの機能があります。切符を買う手間も、乗り越しの精算機に並ぶ必要もありません。

さらに定期券がついているICカードの場合、乗り越しした場合にも定期券区間以外の部分は自動で精算してくれます。

電子マネーとしても使えます。これは意外と使えるお店が多くて、KIOSKUや車内販売、駅ビルなどはもちろん、イオンやヨーカードーなどのスーパー・ショッピングセンターや、コンビニで使えます。

少し意外ですが、コジマやビックカメラなどの電気量販店、ウエルシアなどのドラックストア、一部のタクシーやコインロッカーなどでも使うことができます。

記名の定期やICカードは再発行できる

それから再発行ができるのも嬉しいです。定期券は金額も高いので、6か月の定期を買うのは勇気が必要だったりもします。

SuicaやPASMOでは、定期券や名前の入ったICカードは紛失時に再発行ができます。

その場合でも、紛失に気付く前に拾った人が「電車に乗ってしまった」「電子マネーで買い物をしてしまった」などの場合には補償されません。

しかし定期券機能付きビューカードには、カードを紛失したときに使われてしまった場合の補償もついています。

使いこなしてる?オートチャージ機能

SuicaやPASMOにはクレジットカード機能がついているものもあります。クレジットカードですから、当然お買い物ができたり特典がある場合もあります。

そしてこのクレジットカード機能のついたSuicaやPASMOには「オートチャージ」ができます。SuicaやPASMOにチャージされている金額が指定の金額以下になったら、自動的にチャージされる機能です。

あらかじめ

①この金額以下になったらチャージしなさいという金額

②この金額をチャージしなさいという金額

を決めておきます。

例えば、①を¥2,000②を¥3,000と設定した場合で、自動改札機を通った時にSuicaやPASMOの残額が¥1,800だったとしましょう。

すると残額が¥2,000以下になったので、自動的に¥3,000をクレジットカードでチャージしてくれます。

オートチャージは自動改札を通った時だけチャージされるので、お買い物をしたときにはチャージされません。

どっちがお得なの?

ではどっちがお得なのでしょうか?それぞれのサービスを見ていきましょう。

普通に乗車する場合には、もちろん乗車料金は変わらずどちらも同じように乗れます。定期券を買う場合以外では、あまり違いはないようにも感じます。

しかし、クレジット機能付きのSuicaやPASMOを使った場合には、オートチャージでのポイント還元や、乗車ポイントなどちょっとした違いがあります。

クレジット機能付きのICカードでは、年会費がかかることが多いです。しかしオートチャージやお買い物でポイントが付くなど、それ以上のメリットがある場合もあります。

Suicaのカードはオートチャージに注目

Suicaのカードは1.5%と、オートチャージのポイント還元率が高いのが特徴です。貯まったポイントはSuicaにチャージできます。

例としてクレジットカード付きのSuicaを、3種類ほどご紹介します。

ビュー・スイカカード

¥1,000のオートチャージで、6ポイント15円相当のポイントが付きます。つまりポイント還元率は1.5%です。年会費は477円で、web明細を12か月利用すると600円分のポイントが付きます(明細書が発行されない月はポイントなし)。

ルミネカード

年会費¥953ですが、ルミネ・NEWoManでの買い物がいつでも5%off、さらに10%offの期間もあり。オートチャージはポイント還元率1.5%です。

ビックカメラSuicaカード

年会費¥477、年1回のクレジット利用で無料です。ビックカメラ・コジマでの買い物にこのSuicaを使うと10%のポイント還元もあります。こちらもオートチャージはポイント還元率1.5%です。

PASMOは乗車ポイントに注目

オートチャージ付きのPASMOは各鉄道会社が個別に発行しています。そのため、各社のサービスに違いがあります。オートチャージのポイント還元率は0.5%とSuicaより低めです。

ただし鉄道に乗ると乗車ポイントが付く、乗車ポイントなどSuicaにはないサービスもあります。

小田急OPクレジットカード

小田急のポイントサービス加盟店でポイントが貯まります。オートチャージでは0.5%ですが小田急線に乗ると乗車ポイントがたまります。

乗車ポイントは1か月の利用金額に応じてたまり、例えば¥10,000以上なら3%、¥20,000以上なら7%などとなっています。ポイントはポイントサービス加盟店で使えるほか、ロマンスカーの乗車やJALマイルに変えることもできます。

京王パスポートPASMOカードVISA

オートチャージの利用で年会費が無料、オートチャージのポイント還元率は0.5%です。また京王の電車と京王のバスまたはタクシーを同じ日に乗ると、20ポイント貯まるサービスもあります。ポイントは京王グループの百貨店やスーパー鉄道などで使えます。

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)

東京メトロが発行しています。年会費は¥2,000で、オートチャージのポイント還元率は0.5%です。その他に乗車ポイント1乗車につき平日は5ポイント、土日は15ポイントが貯まります。

たまったポイントはPASMOにチャージできたり、ANAマイレージやnanaco、楽天ポイントなどにも交換できます。

まとめ

SuicaとPASMOの違い、いかがだったでしょうか?いろいろな特徴がありましたね。

あなたに合ったICカードはどちらでしたか?中にはモバイルが良いからSuicaという人もいらしたのではないでしょうか。

オートチャージのポイント還元率が高いSuicaがお得にも見えますが、使い方によっては乗車ポイントが付くPASMOが有利な場合もあります。

高額の定期券を購入する、いつも決まった場所でショッピングする、などの場合ポイントも意外と大きいですから、ぜひ自分のライフスタイルにピッタリ合った一枚を選んでくださいね。