32bitと64bitの違いは?あなたのPCはどっち?

アプリケーションソフトをダウンロードしようとして、32bit版・64bit版という選択肢が出てきたことないですか?

例えばWindowsとかOfficeにもありますね。

「どっちが良いの?」32bitと64bit

というか「そもそもそれは何?」という感じですよね。

64bitと32bitの違いは何なのでしょうか?

アプリケーションソフトはどっちを選んだらいいのでしょうか?

32bitと64bitの違いはCPUにあり

ネットで32bit・64bitと検索すると、

Windowsの32bit版と64bit版の話が出ていたりします。では、OSの違いなのでしょうか?

一方でPCを買うときに、32bitが良いとか64bitが良いとか・・・ではPCの違いなのでしょうか?

OSやアプリケーションソフト、PCを選ぶときに関係してくるのは間違いありませんが、そもそもの違いはCPUです。

bitってなんのこと?

まず気になるのは32bitと64bitのこの「bit」、これは何なのでしょうか?

この「bit」は数字の桁数です。

私たちが普段使っている数字は10進数、0~9まで数えたら次は10と桁上がりする数字ですね。

10進数ではない数字ももちろんあって、時計などは60秒で1分になる60進数になっています。

この数字、デジタルの世界では2進数が使われています。2進数は01の次は一桁増えて10になります。

この桁数をbitと言っていて、4bitでは10進数で0~15までを表すことができます。なんとなくわかりずらいですが、なんとなくデジタルは0と1しかない世界なのだと思ってください。

CPUって何するところ?

CPUはPCやスマホに入っている部品の一つで、いろいろなところに指令を出す頭脳の部分といえます。

スマホの画面を触った、マウスを動かした、データをコピーしたなど、PCに対して行った操作はCPUを介して、画面やメモリなどいろいろな部分に伝えられます。

といっても実際のところCPUがするのは、足し算引き算掛け算割り算のような単純な計算です。それからデータをコピーしたり、メモリに読み書きする処理なども行います。

そんな単純な処理を組み合わせて、複雑な処理を行っているのです。

32bitか64bitかはレジスタの違い

CPUはいくつかの記憶装置を持っています。

記憶装置というのは覚えておくところのことです。頭の中に記憶する・・・というよりは書き込んだり読み出したりするので、ノートみたいなものと考えていただくと良いでしょう。

たとえば、アプリケーションソフトをインストールしたときには、HDDに入ります。HDDは大容量ですがアクセスに時間がかかる記憶装置です。

次にアプリケーションソフトを立ち上げたとき、これを主記憶装置に読み込みます。HDDより容量は少なくなりますが、アクセスは速くなります。

その主記憶装置に読み込むデータの中で、頻繁に使われそうなデータはキャッシュに読み込みます。

さらにそのデータを使って演算などを行うためにはレジスタを使います。

レジスタは一つのCPUに数個~数十個ついているのが普通です。役割もいくつかあり、演算結果やデータ、アドレスなんかを一時保存します。

問題の32bitとか64bitというのは、そのレジスタの大きさです。

つまり32bitなら32桁、64bitなら64桁の数字が覚えられるレジスタが常備されているのです。

それぞれのメリット・デメリット

では、32bitと64bitどちらが良いのでしょうか?それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

まず、64bitのメリットの一つは高速で動くことです。

レジスタが演算を行うときに使うbitの幅です。つまり、一度に64bitで演算ができるということは処理が速くなります。

32bitにはメモリ4Gの壁というものがあります。

32biのCPUにではメモリを4G以上入れたとしても、使うことができません。

CPUからはメモリの番地であるアドレスを生成していますが、レジスタが32bitである以上4G以上のアドレスを生成することができないからです。

OSやアプリケーションソフトにも64bitと32bitがあります。もしあなたのPCに64bit版のCPUがついていても、32bitのOSを使っていたら高速にはなりません。

64bitCPUの特徴を生かそうとすれば、64bit版のOSやアプリケーションソフトが必要になります。

しかし、アプリケーションソフトや周辺機器の中には、32bitのOSでしか使えないものもたまにあります。

つまり、今使っているOSを32bitから64bitにアップデートするのはちょっとしたリスクがあるのです。

ではあなたが使っているPCに32bitのCPUが入っていた場合はどうでしょう?

32bitのCPUに64bitのOSやアプリケーションソフトを入れても正常に動作しません。逆に64bitのCPUに32bitのOSは動作します。

あなたのPCは32bit?64bit?

自分が今使っているPCが32bitか64itか知りたいという方も多いのではないでしょうか。アプリケーションソフトを入れるときにも、これが分からないと選べませんね。

Windows 7の場合

まず「スタートボタン」をクリックして、「コントロールパネル」-「システムとセキュリティ」-「システム」とクリックします。

すると「コンピューターの基本的な情報の表示」という画面が表示されるので、「システムの種類」という欄を確認してください。

「○○ ビット オペレーティング システム」と表示されます。

Windows 10の場合

まず「スタートボタン」をクリックして、メニューにでてくる「歯車マーク」をクリックします。「システム」-「バージョン情報」と進みます。

すると「バージョン情報」という画面が表示されるので、「システムの種類」という欄を確認してください。

「○○ ビット オペレーティング システム、○○ベースプロセッサ」と表示されます。こんな感じ、64bitのCPUに32bitのOSを入れています。

まとめ

32bitと64bitの違いを見てきましたが、いかがでしたか?

最近新品で売られているPCの殆どは64bitのCPUが入っています。

アプリケーションソフトも殆どが64bitのOSに対応していますから、購入時には64bitを選ぶ方が多いのではないでしょうか。

でも、いま持っているPCにOSを入れるときなどは迷ってしまいますよね。そんな時にこちらの「32bitと64bitの違い」を参考にしていただければと思います。

Windows7から10にアップデートするときには、64bit版を選べるので機会と興味がある方はやってみてはいかがでしょうか。