小麦粉とコーンスターチの違いは?余ったコーンスターチの使い道もご紹介

「コーンスターチ」って聞いたことありますか?

サラサラした粉で、スーパーの粉もの売り場に売っています。

でもあれ・・・いまいち使い道がわからないんだよね。

天ぷらや唐揚げに使うみたいだけど、小麦粉とどう違うの?

小麦粉とコーンスターチの違い、小麦粉の種類や、いまいちわからないコーンスターチの使い道などをご紹介します。

小麦粉って?多くの食品に使われる人気者

小麦粉といえば誰もが知ってる、とってもメジャーな食材ですね。

その用途はすごく広くて、ケーキやクッキーのようなお菓子、うどんやラーメンパスタのような麺類、食パン、菓子パンなど、多くの食品に使われています。

私たちの食生活に欠かせない美味しい小麦粉、栄養価を見てみましょう。でんぷん(炭水化物)が一番多くて、他にはグルテンというたんぱく質が含まれています。このグルテンが、小麦粉製品にとってなかなか重要な存在なのです。

小麦粉はこねると弾力とか粘り気が出てきますね、これはグルテンの仕業なんです。パンがもっちり美味しいのも、うどんにコシがあるのも、このグルテンが作り出す弾力や粘り気のおかげなんです。

カロリーは100gあたり370kカロリーと白米(356kcal)よりも少し高めです。

その小麦粉が何からできているかというと、もちろん小麦です。小麦はお米に似た構造をしていて、胚芽、胚乳、外皮の3つに分けられます。

一般的に小麦粉にするのは白くて大きい胚乳の部分で、お米でいうと白米の部分にあたります。小麦の胚乳を粉にしたものが小麦粉です。

コーンスターチって?ラムネの材料にも?!

次はコーンスターチ、小麦粉と比較しながら見ていきましょう。

残念ながらコーンスターチは小麦粉と比べると、認知度は低いですね。家ではカスタードとかアイスなどの、お菓子作りに使ったりします。

また、天ぷらや唐揚げに入れるとカラッとしあがります。他にはシュワっと口の中で溶けるラムネも、コーンスターチを原料にしています。

意外なものでは段ボールにも使われています。段ボールは切り口を見ると、2枚の紙の間にジャバラ折になった紙が挟んであります。コーンスターチはあの3枚をくっつけるために使われています。

ベビーパウダーにも入っていたりと、なかなか用途は広いのです。

では栄養価はどうでしょう?コーンスターチは、そのほとんどがでんぷん(炭水化物)です。小麦粉のようにグルテンは含まれていません。

このコーンスターチ、強い粘り気があるのが特徴です。小麦粉にもでんぷんが含まれていて、同じように粘り気もあります。例えば、グラタンのトロミは小麦粉からでています。

しかし、コーンスターチのほうが、だんぜん粘り気は強いです。また、コーンスターチは、冷めても粘り気が少なくならない特徴をもっています。カロリーは小麦粉より少しだけ低めの100gあたり約354kカロリーです。

コーンスターチの原料はトウモロコシ、名前からも想像つきますね。ただしコーンスターチはトウモロコシをただ粉にしただけではなく、でんぷんだけを取り出しています。

簡単に製法をご紹介すると、

  1. 水に浸して細かく砕く
  2. 遠心分離ででんぷんだけを取り出す
  3. 乾燥させる

という具合です。小麦粉と同じ製法で、コーンの胚乳部分を粉にしたものには、コーングリッツやコーンフラワーなどがあります。

小麦ってみたことある?

小麦粉はよく知ってると思いますが、小麦って見たことある人少ないのではないでしょうか?

「え?麦ごはんの麦?」という声も聞こえてきそうですね。

似ていますがあれは大麦で、ビールに使われたりとか、煮出して麦茶にするのも大麦です。この二つは形は似ていても味は全然違います。

では小麦の方はというと用途のほとんどが小麦粉で、85%をアメリカやカナダ、オーストラリアなどから輸入しています。ですから、粉にする前の状態を見る機会も少なくて当然です。

でも、うどんなどを中心に15%は国産小麦が使用されています。品質が良い国産小麦も人気で、思ったよりは自給率が高いですね。

小麦は秋に種をまいて、翌年の6~8月に収穫します。ということは寒い冬を越すわけです。この冬の期間、麦踏という結構面倒な作業をしなければなりません。

麦踏をすると麦はよく成長するし、霜のせいで枯れてしまうこともありません。昔は足で踏んでいたのですが、今では大きなローラーを使って踏んで(?!)います。

小麦粉の種類

強力粉・中力粉・薄力粉

小麦粉には強力粉・中力粉・薄力粉があります。この3つの違いはグルテンの量です。小麦はいくつかの種類があり、それによってグルテンの量が違います。

グルテンの多い強力粉は、調理すると粘り気や弾力が出ます。もっちりした食感のパンやピザなどに使われます。

逆にグルテンの少ない薄力粉は、サクサクした天ぷらやふんわりしたケーキに向いています。その中間の中力粉は適度にこしのあるうどんなどに向いています。

デュラムセモリナや全粒粉

スパゲティやマカロニに適した小麦粉に、デュラムセモリナがあります。柔軟で弾力性の強いグルテンをたくさん含んだデュラム小麦という種類を使っっていて、シコシコとコシの強いパスタができます。

また小麦のどの部分を使うかによっても、違う小麦粉ができます。小麦は胚芽、胚乳、外皮の3つの部分があって、普通の小麦粉は胚乳を使っています。そうじゃないものもあり、全粒粉は胚芽、胚乳、外皮を、全部一緒に粉にしたもの。ビタミンB群、ビタミンE、ミネラルなどが多く含まれ、中でも食物繊維が豊富。

胚芽、胚乳、外皮には以下のような特徴があります。

外皮・・・「ふすま」とも呼ばれる固い皮の部分で、通常は家畜のえさになります。一方でグルテンフリー志向の人には、ふすまパンなどが食べられています。

胚芽・・・成長すると芽になる部分で、脂質、たんぱく質、ミネラル、ビタミンなど多くの栄養成分が含まれています。健康食品に使われることが多い部分、胚芽パンなどもあります。

胚乳・・・一般的に小麦粉になる部分です。白くて一番大きい部分、お米でいうと白米になる部分です。

コーンスターチの使い道

お菓子を作るのに買った、コーンスターチの使い道がわからない。そんな悩みを解決しましょう。

サクサクに仕上がるクッキー

<材料>

  • コーンスターチ 50g
  • 砂糖小さじ 5
  • マーガリン 30g

<作り方>

  1. コーンスターチと砂糖を混ぜる
  2. マーガリンを入れてこねる
  3. 棒状にまとめて冷蔵庫で10分寝かす
  4. 5~8mmくらいの厚さに切る
  5. 180度に予熱したオーブンで15~20分焼く

簡単カスタード

<材料>

  • 卵 1個
  • 砂糖 大さじ4
  • コーンスターチ 大さじ1
  • 薄力粉 大さじ1
  • 牛乳 200cc
  • バニラエッセンス 3滴くらい

<作り方>

  1. 全部を混ぜ、鍋に入れて火にかける
  2. 煮えてきたら火からおろし、バニラエッセンスを入れる

唐揚げ

小麦粉や片栗粉を使ったいつもの唐揚げに、コーンスターチを入れるとサクサク食感になります。

問題はどのくらい混ぜるか?です。消費したいとなると沢山使いたくなりますよね。コーンスターチ100%だとちょっと粉っぽいかもしれませんが、こっちのほうがいいという人もいます。

※同じように天ぷらにも使えます。

家具の掃除にも使える!?

木製家具の艶出し

使い方は簡単、家具のほこりを払ったら、コーンスターチを振りかけてこすります。

家具の汚れを落として、家具の表面をツルツルにしてくれます。

まとめ

小麦粉とコーンスターチの違い、いかがだったでしょうか?

食べ物界の超売れっ子小麦粉と、名脇役コーンスターチ、どちらも美味しい食材ですね。

子供のころ一度は食べたことがあるラムネや、普段使う段ボールなどコーンスターチの意外な使い道にも驚いたのではないでしょうか。

使い道のわからない残ったコーンスターチ、お菓子や揚げ物など是非有効に使ってください