プリンとクリームブリュレの違いは?ほろ苦いカラメルに秘密がある?!

あなたは「プリン」と「クリームブリュレ」どっちが好きですか?

子供の頃から大好きな味「プリン」

洋菓子店に並んでいる、ちょっと上品に見える「クリームブリュレ」

どっちも美味しい・・・けど、この2つ何が違うのでしょう?

色も似ているし、味も似ていますよね。

そんな「プリン」と「クリームブリュレ」の違い、ケーキみたいなクリームブリュレ(?!)「カタラーナ」、美味しいプリンレシピなどをご紹介します。

プリンとは?

その素朴なのにどこか特別な味わいのプリン、子供からお年寄りまで大好きなお菓子ですね。プリンの本名はカスタード・プディング、イギリス伝統のお菓子です。材料は牛乳、卵、砂糖、それらを混ぜてプリン型に入れて蒸します。

プリン型の底には、ほろ苦くて香ばしいカラメルソースを入れます。カラメルソースはお水とお砂糖を、こげ茶色になるまで熱したものです。

プリンは何故か食べるときには、ひっくり返して食べますね。「プリン」というお菓子はカラメルソースが、上からトロリと垂れているイメージですよね。

フランスでプリンはクレーム・ランベルセ、ランベルセはひっくり返すという意味なのだそう。フランスでもひっくり返すんですね。

クリームブリュレとは?

プリンに比べるとちょっとお上品な雰囲気のクリームブリュレ、見た目も味もプリンによく似たお菓子です。

クリームブリュレの「ブリュレ」は、フランス語で「焦がした」という意味なんです。クリームブリュレって、表面がこんがり焼けていますよね。これが「ブリュレ」なんです。

材料は生クリーム、砂糖、卵、これを混ぜてオーブンで蒸し焼きにします。焼きあがったら、表面に砂糖を振りかけてバーナーで炙ります。

炙った砂糖は焦げて香ばしいキャラメルになり、柔らかいクリームとパリッとした食感が絶妙なお菓子になります。大抵ココットに入れて作られ、ひっくり返さずにそのまま食べます。

プリンとクリームブリュレの違いまとめ

プリンとクリームブリュレの違いはというと

その1
プリンにはカラメルソースが入っていて、クリームブリュレは焦がしたお砂糖がのっています。

プリンにも焼きプリンというのがあり、表面にはこんがりと焼き色がついています。焦げてはいますが、焼きプリンはオーブンで焼いて作るときに焼き色がつくだけ。クリームブリュレのように、ワザワザ砂糖を振りかけてバーナーで焦がすのとは違います。

その2.
プリンは材料に牛乳を使うのに対し、クリームブリュレは生クリームを使います。だから食感もクリームブリュレの方が「トロッ」としています。

その3.
プリンはプリン型で作り、食べるときにはひっくり返して型から外します。一方クリームブリュレはココットなどに入れて作り、そのまま食べます。

固めのクリームブリュレ?!カタラーナ

花畑牧場 カタラーナ~濃厚焼きプリン~ 260g 【凍】

プリンやクリームブリュレとよく似たお菓子は、他にもいろいろあります。やっぱり、卵と牛乳(クリーム)砂糖は、みんなに愛される最高の組み合わせなんですね。

最近では回転ずしのスシローのサイドメニュー「カタラーナアイスブリュレ」が、ものすごく美味しいと話題になっています。

カタラーナは卵、生クリーム、砂糖、コーンスターチを混ぜて、加熱して固めたお菓子です。香りづけにシナモンやオレンジピールも加えるので、ちょっとだけ大人の雰囲気も。

表面に砂糖を振りかけて、バーナーで焦がすところはクリームブリュレによく似ていますね。出来上がりは、クリームブリュレやプリンよりも固めで、ケーキのように切り分けて食べます。

クリーミーなくちどけのケミカルプリン

[冷蔵] グリコ Bigプッチンプリン 160g

「ケミカルプリン」って聞いたことありますか?まるで化学薬品で作ってるの?って聞きたくなるような名前ですね。実はこれ、ゼラチンなどで固めたプリンのことなんです。

材料は加熱して固める普通のプリンとほぼ同じ、牛乳、砂糖、卵です。これにゼラチンや寒天などを溶かして、冷蔵庫で冷やして固めます。

加熱しないので口どけがなめらか、プラスチックカップに入った市販のプリンもケミカルプリンです。

この市販のプリンを食パンにトッピングした「プリントースト」が、webやSNSでちょっとした話題になっています。冷やし固めたケミカルプリンは、暖めると溶けるのがポイントです。

パンにプリンをのせトーストすると、プリンが溶けてフレンチトーストっぽくなります。バナナやリンゴなどの果物などをトッピングしても美味しくいただけます。

まとめ

「プリン」も「クリームブリュレ」も、卵、乳製品、砂糖でできたお菓子です。どちらも伝統があって、大人から子供までみんな大好きなお菓子です。

プリンをひっくり返したときに、ジュワっと出てくるカラメルソース最高ですよね。パリッと固いカラメルが、トロっとしたクリームの上にのったクリームブリュレも上品な味でたまりません。

ケミカルプリンのトーストも、アツアツに焼けたプリントーストに、冷たいアイスをのせてスイーツ感覚で食べたり。ドライフルーツやナッツをのせたり、ジャムやはちみつを塗ったりするとちょっとグレードアップしますね。

ケーキのように切ったカタラーナに、果物のソースやホイップクリームを添えて食べるのもいいですね。どれも美味しいお菓子たち、食後のデザートに3時のおやつに、ちょっと食べたくなってきちゃいましたね。