無線LANとWifiの違いは?Wifiは認定マークだった?

あなたはWifiと無線LANの違いって考えたことありますか?

スマホの画面にあるWifiのマーク、ほとんどの人が見たことがあるのではないでしょうか。

ただ・・・それが何?と言われると・・・表示されているときには「データ使用量を気にしなくていい」くらいでしょうか?

ちょっと気になる「無線LAN」と「Wifi」の違いや、知って得する無料の公衆無線LANのことなどをご紹介します。

無線LANとは? 

無線LANのLAN(ラン)は

  • Local(ローカル)
  • Area(エリア)
  • Network(ネットワーク)

の略で、

自宅、学校、お店など、特定の場所で繋がるネットワークのことです。

そこに「無線」がついているのは、ケーブルがついてなくても接続できるということです。

では「無線」の反対は?というと「有線」になります。ネットにつなげるためのケーブルがついている、プリンターやデスクトップPCは「有線」接続です。

スマホやノートPCはネットにつながるけど、ケーブルはありません。だから「無線」接続なんです。

インターネットはいろいろなところにあるネットワーク同士が繋がって、世界規模に広がっています。

Wifiとは?

無線LANがネットワーク接続であるのに対して、「Wifi(ワイファイ)」は一種の認定マークです。

え?!どんな?ですよね。「Wifi」というのは、無線LANの標準規格に合っている製品につけることができるマークなんです。

例えばあなたの家はスマホなどを繋げられる、無線LANの環境が整っていたとしましょう。でも、持っているスマホがそれに対応していなければ接続できませんよね。

そのスマホが無線LANに接続できることを保障するのが、スマホ本体についている「Wifi」マークです。

無線LANが広まり始めたのは20数年前、ちょっと今では考えられないことも・・・。例えば、A社の製品で作った無線LAN環境に、B社の機器がうまく接続できないなんてこともあったのです。

今時、Wifiに対応していないスマホはありませんし、無線LANにつながらないなんて考えもしません。だから「無線LAN=Wifi」に近いのが実情です。

外でもタダ、公衆無線LAN

外でスマホを使うときの「データ通信使用量」気になりますよね?そんなとき「外でもWifiが使えたら・・・」という願いを叶えてくれるサービスがあります。

最近レストランやコンビニでは、無料で公衆無線LANが使えるところが増えているんです。

コンビニやカフェで

コンビニならセブンイレブングループ(ヨーカドー、西武、デニーズ、Loftなど)、ローソン、ファミリーマートなどで無料の公衆無線LANを利用することができます。

スタバやタリーズなどのカフェでも、お茶を飲みながら情報を検索したりできます。

使い方はまず、スマホのWifiをONにした状態で、設定アプリを立ち上げてアクセスポイントに接続します。

あとは各お店のページに接続されるので、よく読んで会員登録すれば利用が可能です。会員登録は無料で「Eメールアドレス」「性別」「誕生年」「パスワード」などの簡単な情報の入力が必要です。

スタバではFacebook/Twitter/Yahoo!Japan/Goolgeのアカウントでも使うことができます。

キャリアが提供する公衆LAN(有料)

現在お使いの携帯会社が提供する公衆無線LANを使うこともできます。ただし、少しだけお金がかかります。

docomoとauは¥300/月

ソフトバンクは\467/月

駅、空港、カフェ、ファストフード、ファミレス、コンビニなど街中のいろいろな場所で使える、公衆無線LANを提供しています。

UQ-mobile、BIG SIM、NifMoなどの格安SIMをお使いの方も、MVNOが提供する無料Wi-Fiが使えるプランが増えてきています。

使い方はインターネットや窓口から、お使いのキャリアに申し込みをします。

※公衆無線LANを使う際の注意

公衆無線LANは家のLANとは違い、沢山の人が使うネットワークです。セキュリティに十分注意して使いましょう。

  • カギのアイコンのないWi-Fiスポットには接続しない
  • ネットバンキングなど、外に漏れるとリスクの高い情報は通信しない

自宅に無線LANが欲しい

定額で便利な無線LAN、「自分の家にもちょっと欲しくなっちゃった」という人のために、無線LANの繋ぎ方を浅く広くご紹介します。

インターネット回線

まず、インターネットに接続するためには、インターネット回線が家まで来ている必要があります。最近はアパートやマンションも光接続完備のところも多いです。

戸建てだと自分で契約するしかありません。回線は光ファイバーやADSL、CATVなどがあります。

今は光ファイバーが当たり前のようになっていますが、使用頻度が少ない、少しくらい遅くても気にしないという人には、比較的安価なADSLやCATVもあります。

無線ルーター

BUFFALO 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) ビームフォーミング対応 866+300Mbps WHR-1166DHP4

無線LANでスマホやPCを繋ぐには、無線ルーターが必要です。家の間取りや、使う人の人数などを基準に無線ルーターを購入しましょう。

接続します

ケーブルのつなぎ方は、わかりやすい動画があったのでご紹介します。

ボタンの位置やPCの設定などは、ルーターの機種によって違います。スマホを使う場合も簡単な設定が必要です。

少し難しく感じるかもしれませんが、説明書もわかりやすく書かれていることが多くなっています。このメーカー、この型番のつなぎ方のYouTube動画も出ているので、探してみてください。

モバイルルーター

NETGEAR WiFi LTE モバイルルーター SIMフリー 802.11 a/b/g/n グローバル対応 AirCard AC785-100JPS

モバイルルーターは、手のひらサイズで持ち運びできるルーターです。こちらも定額で使うことができて、無線なのに高速の接続が可能です。

外出先でも使え、工事も必要ないので一人暮らしの方などにおすすめです。

まとめ

無線LANとWifiの違いいかがでしたか。Wifi=無線LANだと思っていた人も多いのではないでしょうか?

無線LANは最近では非常に身近な存在となりました。でも繋がるのはわかるけど、ちょっと難しい存在でもありますよね。

そんな無線LANやWifiにつて、なるべく難しい言葉は使わずに説明してみました。少しだけ身近に感じていただければ幸いです。