ソフトジェルとハードジェルの違いは?アセトンでオフできるのはどっち?

ジェルと言えば美しい輝きと長持ちするカラーで爪を彩る、ネイルサロンの人気メニューですね。

このジェルでつけ爪ができるって知っていますか?

つけ爪のイメージがないジェルネイルですが・・・ジェルには柔らかい仕上がりのソフトジェルと、長い爪も作れる硬さのハードジェルがあります。

こんな長い爪、一度は見たことありますよね。

この爪、もちろん自分の爪でななく、爪に似せた人工の爪を付けています。殆どの場合スカルプチャーネイルというものが使われますが、実はこのつけ爪ハードジェルでもできるんです。

ソフトジェルとハードジェルの違いや、長さ出しについて、セルフで出来るソフトジェルの落とし方などをご紹介します。

ソフトジェルとハードジェルの違い

ソフトジェルもハードジェルも、クリーム状の液体を爪に塗ってライト(UVライト/LEDライト)で固めて爪をコーティングします。

では2つの違いはどこにあるのでしょうか?それぞれの特徴をみていきましょう。

ソフトジェルの特徴

プックリとした仕上がりと美しい輝きが魅力のソフトジェル、マニキュアと同じように色を塗ったり、爪を補強するために透明のジェルを塗ることもあります。

ジェルの魅力はもちの良さ、お気に入りのデザインでピカピカに仕上げたネイルも、日常生活の中で少しずつ落ちていってしまいます。マニキュアですと数日ですが、ジェルは大体2週間ほどもちます。

ソフトジェルはハードジェルに比べて柔らかいので、爪にフィットして浮きが少ないです。また、ソフトジェルはマニキュアと違って、リムーバー(除光液)で拭くだけでは落ちません。アセトンという溶剤を爪に湿布して落とします。

ソフトジェルは塗るだけでは爪を傷つけませんが、このアセトンは爪の油分をとってしまうので、落とす(オフとも言います)とき爪が傷みます。

ハードジェルの特徴

ハードジェルは一般的に爪の長さを長くする、人工爪をつくるときに使われます。「長さ出し」とか「ジェルスカルプ」などと呼ばれます。

プラスチック製のつけ爪を、ネイル用の接着剤で爪に貼り付けてジェルでコーティングすることもあります。つけ爪の色をカラーにすると、長い爪のフレンチネイルが楽しめます。

爪が1本だけ折れて短くなってしまった、という時にもハードジェルで他の爪と同じ長さに人工爪を作ることもあります。

ハードジェルで爪の長さを出す場合、色はソフトジェルで塗ります。人間の爪はある程度の柔らかさがあり、力が加わると曲がりますよね。でもハードジェルは硬さがあるので、一緒に曲がってくれません。

そのため、ソフトジェルに比べて若干剥がれやすくなります。ハードジェルとソフトジェルの大きな違いは落とし方です。ハードジェルは溶剤で溶かして落とすということができないので、削って落とすしかありません。

スカルプチャーネイルとハードジェルどっちがいいの?

爪の長さを出すときに多く使われるのが、スカルプチャーネイルという人工爪です。同じように長さを出すときに使われる、ハードジェルとスカルプチャーネイルどっちが良いのでしょう?

スカルプチャーネイルとは、アクリルパウダーという粉とアクリルリキッドという液を混ぜて、爪の上に作っていく人工爪です。

https://twitter.com/Oo_ammm/status/920978399857754113

ハードジェルに比べて柔軟性があり爪にフィットしやすいのですが、爪へのダメージが大きいです。施術をするためのアクリルリキッド自体にかぶれてしまう人もいます。

色をソフトジェルでカラーリングするのは、スカルプチャーネイルもハードジェルも同じです。また、スカルプチャーネイルは、少し時間がかかりますがアセトンで落とすことができます

両方にメリット・デメリットがあり、どちらが良いとは言えません。スカルプチャーネイルを付けた時の爪へのダメージも個人差が大きいです。

スカルプチャーネイルの方が丈夫で、一般的にもちもいいので、爪へのダメージが気にならなくてアクリルリキッドにもかぶれない人はスカルプチャーネイルの方が良いでしょう。

お値段の比較

ネイルサロンで施術してもらうときのお値段はどうでしょう?ソフトジェルとハードジェルは使われ方が違うので、単純にお値段を比較することはできません。

ジェル自体の価格というよりも、ハードジェルでは長さ出しのための技術料の分が高くなります。ジェルは落とすときにもお金がかかります。ハードジェルは削るので、落とすときもハードジェルの方が高くなります。

ソフトジェルをセルフで落とす方法

ソフトジェルはアセトンとファイル(やすり)があれば、自分で落とすこともできます。

最近はセルフジェルをする人も多くなってきたので、アセトンは意外と手に入りやすいです。大きなホームセンターやドラックストアで売っていることもありますし、なければネット通販で購入できます。

用意するもの

  • アセトン

スペースネイル アセトン 500ml

  • ファイル(150Gくらいの粗さがおススメ)

EZ FLOW プロファイル グレイフォックス

  • ウッドスティック

オレンジスティック ウッドスティック 5本入り ジェルネイル ネイル用品

  • コットン

落とし方

  1. アルミホイルジェルの表面をファイルで削ります。
    表面をなるべく沢山削るとアセトンによる自爪のダメージが少ないです。
  2. コットンにアセトンをつけて爪の上にのせます。
    このときコットンが多すぎないのがポイント、爪が丁度隠れるくらいに薄くのせます。
  3. アセトンが蒸発しないよう、アルミホイルでしっかり巻きます。
  4. 10分くらい待ちます。
  5. アルミホイルを開いてジェルが浮いていたら、ウッドスティックでそっと取り除きます。
  6. 全てのジェルが浮いてきて取れるまで、2.~5.を繰り返します。

浮いていないジェルを無理に剥がすと、自分の爪を傷つけてしまいます。アセトンを湿布して剥がれるまで、じっと待ちましょう。ジェルを落とした後は、石鹸で手を洗ってアセトンを落とし、しっかり保湿をしてください。

まとめ

ハードジェルでつけ爪ができるのは、意外だったという人も多いのではないでしょうか?スカルプチャーネイルで爪が傷んでしまったり、かぶれてスカルプチャーネイルができない人には嬉しいですね。

ソフトジェルはマニキュアに比べると、塗るのに少し時間もかかりますが乾かさなくてもすぐに手が使えて楽ですよ。カラーバリエーションも豊富ですし、ツヤもあって持ちも良いです。

カラーもつけ爪も、いろいろなやり方があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。自分に合ったネイルを見つけて、おしゃれを楽しんでくださいね。