硬水と軟水の違いは?美味しい水と肌に優しい水

私たちの体の約60%が水で出来ていいるって知っていましたか?人間が一日に必要な水は2000ml、これだけのお水を毎日摂取します。

どうせなら「おいしいお水」「体にいいお水」を飲みたいですよね。お水を買うことも多いのではないでしょうか。

では、このお水を選ぶ時「硬水」と「軟水」を意識したことありますか?お水は硬度によっても、いろいろな特徴があります。

肌に優しい水、おいしいと感じる水、料理に合う水など、知っておくと得をする、硬度による違いをまとめてみました。

硬水と軟水の違い

水にはいろいろなミネラルが含まれています。このうちマグネシウムとカルシウムの量(割合)で「硬水」と「軟水」、その間の「中程度の軟水」に分けられます。また水の割合に対する、マグネシウムとカルシウムの量を「硬度」と言います。

WHO(世界保健機関)の基準値を以下のように示しています。

  軟水 中程度の硬水 硬水 非常な硬水

水1リットル中に含まれる
カルシウムとマグネシウム(mg/L)

0~60 60~120 120~180 180以上

日本は軟水、海外は硬水はホント?

「日本の水は軟水で、海外の水は硬水」ってきいたことありませんか?それって本当なんでしょうか。

空から降ってきた雨は地面に浸み込みます。地面の中は沢山の地層があって、水はその中を通ってろ過されつつ、地中のミネラル分を取り込みます。つまり水の硬度は地形や地質が大きく関係しています。

では実際の硬度は?というと、日本のお水は軟水~中程度の軟水です。しかし、日本でも硬度が高いところは存在します。例えば沖縄はサンゴ礁からできた石灰岩が多い地層なので、地下水は硬度が高くなります(水道の水は硬度が高くならないように調整されています)。

海外はというと、ヨーロッパや中国、韓国などは殆どが硬水ですが、アフリカでは日本以上の軟水ですし、アメリカやカナダは地域により違いがあるもの殆どが中程度の軟水となっています。海外だからと言って、全てが硬水とは限りません

おいしいのはどっち?

コカ・コーラ い・ろ・は・す 天然水 555ml×24本

硬水と軟水は確かに味が違います。水の味はミネラル分が含まれている量によっても味が変わってきます。

カルシウム・・・少量入っていれば、水の味がまろやかに感じますが、多く入っていると舌触りが悪くなります。

マグネシウム・・・マグネシウムの入っている水は味の広がりがありますが、多いと苦みがあります。

ナトリウム・・・甘みやコクがあります。塩の元にもなるミネラル分で、多ければしょっぱく感じます。

カリウム・・・ナトリウムより爽やかな甘みやコクを感じます。多いと酸味やしょっぱさを感じます。

一般的に日本人は飲みなれた軟水がおいしいと感じることが多いようです。とはいえ、どのくらいの硬度がおいしいかというのは好み、ミネラルウォーターは舌で選ぶのが一番です。

体に良いのはどっち?

ポッカサッポロ Contrex (コントレックス) 旧モデル1.5L×12本 [正規輸入品]

硬水に入っているマグネシウムは、便秘に効果があると言われています。マグネシウムは水を吸収する性質があり、便を柔らかくして出してくれます。水分を沢山とることも大事なので、硬水を飲むと便秘解消になります。ただし、味が気になって水分をとれないと逆効果になるので、気を付けてください。

逆にゆるくなりすぎてお腹を壊してしまうこともあります。「日本人が海外の水を飲むとお腹を壊す」というのは、このためです。

マグネシウムと同じようにカルシウムもとることができます。例えば、硬度が高いことで有名なミネラルウォーター「コントレックス」には234mgのカルシウムが入っています。これは牛乳500mlに相当する量、カロリーは0kcalですからダイエット中のカルシウム補給にもなります。ただし、カルシウムもとりすぎると結石の原因になります。

肌に良いのはどっち?

ロゼット クレンジングミルク 180mL

常に生活のそばにある水、飲むだけではなくシャワーを浴びたり、洗濯をしたりもしますよね。では硬水と軟水、肌に良いのはどっちでしょう?

結論から言うと、軟水の方が肌に優しい水です。

硬水は石鹸の泡立ちが悪いんです。中に入っている、カルシウムやマグネシウムと石鹸が反応して、石鹸カスをつくります。ですから、硬水で石鹸を使うと泡立ちが悪くて、汚れも落ちにくくなります。汚れが落ちにくいうえに、沢山できた石鹸カスは毛穴に詰まってしまうこともあります。

海外など硬水の地域にいく時には、洗顔時に洗い流さない洗顔や拭き取り化粧水を使ったり、保湿を心掛けるなどの注意が必要です。

料理に合うのはどっち?

お料理では軟水・硬水それぞれに、得意料理があります。和食には軟水が、洋食には硬水が合っていて、その土地の水に合わせた料理が発達してきたとも言えます。

肉料理・・・お肉などの臭みのある料理には、硬水が適しています。硬水の中に含まれるカルシウムが臭みの成分と結合し、アクとして出してくれます。ただし、硬度が高すぎると肉が硬くなります。

和食(出汁)・・・和食の特徴ともいえる出汁の旨味成分(イノシン酸やグルタミン酸)は硬水には溶けだしにくいので、和食には軟水が適しています。

野菜・・・柔らかく煮ることができるのは軟水、歯ごたえよくゆだるのは硬水です。

パスタ・・・硬水を使うと、カルシウムがでんぷんと結合しコシがでます。

ごはん・・・硬水で炊くとカルシウムがご飯の給水を妨げるので、パサパサしたごはんになります。パエリアやチャーハンなどには向いていますが、白米で食べるには向きません。ただし、マグネシウムが入っていると、ご飯がもっちりと炊けます。にがりを入れたりするのはこのためです。

お茶・・・軟水では旨味がよく出るので、緑茶には軟水が合います。逆に硬水では香りがよく出るので、紅茶やウーロン茶には硬水が合います。

まとめ

あなたはどんなお水が欲しいですか?自分好みの美味しい水を追及したい、お水で便秘を解消したい、お米をミネラルウォーターでとぎたいなど、目的や好みはいろいろ。あなたがとっておきの「お水」に出会えるお手伝いが出来たら嬉しいです。