発泡酒はビールと呼んでいい?その違いとは?

「私は何が何でもビール派!!」、「飲むなら間違いなく発泡酒でしょ!!」

このような声をよく耳にしますが、果たして、あなたはビールと発泡酒の違いをご存知ですか?

ただ単に、値段が安いから「発泡酒」と名前を変えている、と思っている方もいるのではないでしょうか。

実は、この二つには決定的な違いがあるために名前が異なっています。以下で説明していきましょう。

ビールと発泡酒の違い

実は、ビールと発泡酒は、その「使用原料」と「麦芽使用率」によって、呼び名が変わっているんです。

  • ビール:麦芽の使用率が3分の2以上でなければならない。
  • 発泡酒:麦芽の使用率が3分の2未満でなければならない。

これは、酒税法によって定められているもので、この違いが名前を分ける境目になります。(使用原料も若干異なります。)

話は少しそれますが、お酒は、この酒税法で定められていて、アルコール分1パーセント以上の飲み物をお酒(酒類)と呼びます。

ここで「麦芽(ばくが)」という言葉がでてきましたが、では、そもそもこの麦芽とはなんなのでしょうか?

麦芽とは?

麦芽とは、主に大豆を発酵させたものを言います。これを、酵素で糖化させた後、ビール酵母を用い、アルコール発酵させたものが、ビールです。

では、発泡酒も麦芽を使用しているからビールなのでは?ということになりそうですが、比率が違うことだけでなく、上記にも少し触れていますが、使用原料も異なります。(大麦や小麦など、別の原料を使用することによって、原価を下げています。)

また、麦芽は、お値段もすることから、この使用率を下げる手法の発泡酒が安くなるのは当然で、その使用率を下げているからこそ、名前が「発泡酒」と別の呼び方になるわけです。

飲みやすさについて

飲みやすさは人それぞれです。安い方が気軽に飲めるし、アルコール度数は同じなわけだから、一杯飲んで酔っ払いたい場合は、発泡酒が断然お勧めです。

麦芽そのものが好きな方、味にこだわりや深みがある飲み物がお好きな方は、ビールの方が良いという場合もありますね。

ビール自体も種類は様々で、薄めのビールもあれば、黒ビールのような濃いものもあります。

ビールと発泡酒では、酒税が異なります。

酒税について

酒税は、酒税法によって定められています。(ビールと発泡酒の違いも酒税法で定められているお話は上記でもしました。)

現在は、350ミリリットルの缶であれば、ビールの酒税が77円なのに対し、発泡酒は47円となっています。麦芽を減らすだけでこの差は大きいですよね。

この酒税(ビールと発泡酒)は、現在論議を醸していて、実は2026年までには統一されることが決定しています。

統一後の酒税は、55円ほどということですが、実際の金額はまだ定められていないようです。

こうなってくると、発泡酒制作側としては腑に落ちないところもあるでしょう。

消費者からすれば、良いものが安くなれば、その他の背景は気にならないところでしょう。しかしながら、今後、ますますビール業界が厳しくなって、お気に入りのビールが飲めなくなったり、また値上がりしないか、私はそちらの方が気になります。

ビールと発泡酒の早見表

ちなみに、ビールと発泡酒の違いは上記で分かっていただけたかと思いますが、実際にどれがビールでどれが発泡酒か分からずに飲んでいる方もいると思いますので、以下に一覧を書いてみました。

 

ビール

発泡酒

アサヒビール

  • スーパードライ
  • ザ・マスター
  • 本生ドラフト
  • 本生アクアブルー
  • スタイルフリー

キリンビール

  • ラガー
  • クラシックラガー
  • 一番搾り
  • キリン秋味(秋季限定)
  • 麒麟淡麗‹生›
  • 淡麗グリーンラベル
  • 淡麗ダブル
  • キリンゼロ‹生›
  • 円熟

サッポロビール

  • サッポロ生ビール黒ラベル
  • サッポロクラシック(北海道限定ビール)
  • サッポロ冬物語
  • 北海道生搾り
  • MDゴールデンドライ
  • ダイエット‹生›

サントリー

  • モルツ

上記以外にももちろん、地元で作られる地ビールなど、様々な銘柄があります。

地ビールは以外と、地元の人でも知らない銘柄があったりするので、地元の大型の酒屋にいって漁ってみると「これは!」という掘り出し物との出会いがあるかもしれません。

第三のビール

実は、この他にも「第三のビール」と呼ばれる代物もあります。

第三のビールは、ビール風味の発砲アルコール飲料を指します。

ビールや発泡酒が麦芽を使用するのに対して、第三のビールは原料を麦芽にせず、大麦や小麦などを使用します。

缶の酒類をよく見てみると、「リキュール」と書かれていたりしますので、缶のラベルをよく見ることで見分けることができます。

ですので、完全にビールと呼ぶことはできないのですが、総称として第三のビールと呼ばれています。

まとめ

意外と言えば意外、当然と言えば当然ですが、奥の深いビールと発泡酒でしたね。

ビールは値段が若干はる分、麦のうまみが聞いているので、味、風味、のどごし、キレなど、そうした飲み心地のよさはたまらない美味さを感じさせてくれます。

発泡酒の方が若干安いですが、かといってこちらも第三ビールと比べると値段は若干はりますね。

ちなみに、280円とかで生を置いてる格安居酒屋は、生と称しているわりには第三ビールであったりすることがあるので、あまりにも生の値段が安い場合は注意して飲んでみるといいでしょう。

とはいえ、お店の雰囲気によるプラシーボが効いてるので、家で飲むお酒よりはずっと美味しく感じると思います。

「私はビールの方が断然好き!」という方も、「やっぱり値段が安い方がいい!」と発泡酒を選んでいらっしゃる方も、一度は別のビールや発泡酒を試してみてはいかがでしょうか。

ビールが何たるか、発泡酒が何たるかが分かった上で味わうお酒は、きっと、今までとは違った味がすることでしょう。