意外と知らないアパートとマンションの違い。メリット、デメリットは?

引っ越しを考えた時に一番に始める事はアパートやマンションなどの物件を探す事からスタートしますよね?

私は予定はありませんが物件を見るのが好きでネットで見るのですが、同じ2階建てでも建物の名前がアパートだったりマンションだったりして違いが曖昧だと思った事はあります。

今回は2つの違いや特徴、アパートとマンション以外にも登場するコーポやハイツなどの呼び方について紹介します!

アパートとマンションの違いは?

アパートとマンションの呼び名には曖昧さを感じますが2つには明確な違いがあるのか?

これを調べてアパートとマンションを比較してみると、こんな違いがありました!

  アパート マンション
建材料 木造・プレハブが多い 鉄骨・鉄筋鉄骨コンクリート
語源 Apartment(英語に由来する)和製英語 和製英語
階数 2~4階建てが多い 低層から超高層まで様々

アパートは木材や軽量鉄骨、プレハブ構造で建てられている物が多く、材料費もマンションより安く、工事期間も短いという特徴があり、マンションはアパートの建材より強度のある鉄筋コンクリートや重量鉄骨などで建てられています。

アパートもマンションも和製英語のため、外国では伝わらなかったり、違う物として伝わってしまいます。

アパートは英語の「Apartment(アパートメント)=集合住宅」を略して作られた和製英語です。

英語のアパートメントは集合住宅というより「Apartment=アパートメントホテル」を指す事が多く、日本で言うウィークリーやマンスリーのアパートやマンションに近い物になります。

そのため、英会話で日本のアパートを紹介する際には注意が必要です。

マンションも和製英語で、昭和30年頃から建てられ始めた公団住宅などの集合住宅とは違い「高級路線」で分譲や賃貸をする物にマンションと名付けたのが始まりといわれます。

英語にも「Mansion(マンション)」は存在し住宅を指す単語ですが、集合(共同)住宅としての意味は持たず「豪邸」を意味しますのでこちらも英会話中には注意したい所です。

階数の違いはアパートだと2~4階建ての物が多く、エレベータつきの物はあまり見かけませんが、マンションにはアパート同様の低層の物からタワーマンションと呼ばれるような超高層なものまで様々です。

アパートとマンションの呼び方は誰が決めるの?

私も賃貸情報を見ていて実際に気になったのですが「◯◯マンション」と建物名にマンションが入っている物の、物件情報ではアパートになっていて「え、これどっち?」と思った事がありませんか?

これは建物名はオーナーなどが自由に名付けるため、建物名に「マンション」が入っている事もあるのですが、正式にアパートなのかマンションなのかを決定するのは不動産屋さんです。

このために、「建物名は◯◯マンションなのに、実際はアパートやんけ」という矛盾が生まれます。

これがややこしさを生み出しているわけですが、大抵の場合はオーナーが名前を決めているので、名前のセンスからオーナーがどんな人なのかということを感じることもできます。

たまにユニークな名前で二度見してしまう様な個性的なアパートやマンションを見かける事もありますね。

私はどちらかというとそういったアパートに住みたい派です。

アパートのメリット・デメリット

初めての1人暮らしの部屋=アパートという方も多いと思います。

先にもマンションとの違いで登場しましたが、低層建てが多く、一棟に入居できる世帯数も4~10程度と比較的小規模です。

アパートにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット デメリット
家賃が安い 遮音性が低い
駐車場料金が安い セキュリティ面が不安
通気性がいい(木造)

エレベーターがない

メリット

マンションに比べると家賃や駐車場の料金も安く、中には駐車場料金、プロバイダー料金、水道料金が家賃に含まれている物件も見かけます。

木造アパートの場合、通気性が良く結露が出来にくいというメリットもありますが気密性が低く「冬場は風が侵入してくる!」というデメリットになる事もあります。

特に私の住んでいる地方では「この部屋の広さと家賃で駐車場とネット料金込み?!」とびっくりするような好物件もあり、都内在住の友人に話すと「うちの駐車場料金より安い」と羨ましがられる事もあります。

デメリット

遮音性が低い建材で建てられた物件が多く、音漏れが原因のトラブルに発展したという話も聞きますね!

新しい物件では、左右に壁と床にだけ防音性のある建材を使うアパートも増えてきました。

オートロック式のカギじゃなかったり、1階の柵が低い、管理人さんが常駐していないなどのセキュリティ面でも不安も多いです。

エレベーターのあるアパートは少ないので、防犯を兼ねて2階以上にある部屋を選んでも階段で昇降する事になるため、こちらもデメリットになりそうですね。

知ってるとアパート選びに役立つ略語

賃貸情報を見ていると部屋のタイプや設備などを略したアルファベットが出てきますよね?

知っておくとアパート探しに役立つ言葉を紹介します!(※こちらでは主な部屋が1つの場合で説明しています)

部屋 設備名
1R CL
1K EV
1DK UB
1LDK SB

部屋にまつわる略語

アパートの部屋のタイプに多く登場する「1R」とは「ワンルーム」の略で一つの部屋の中にキッチンスペースがあり、居間や寝室も兼ねたコンパクトな作りです。

「1K」は主な部屋の他に3畳ほどのキッチンが別についているタイプで「1R」より広い部屋になります。

「1DK」は「ダイニング・キッチン」の略で主な部屋の他にダイニング・キッチンがついていて、キッチンで食事ができる広さがあり「1K」よりキッチンのスペースが広い部屋です。(キッチンの広さが6畳以上の場合が多いです)

「1LDL」は「リビング・ダイニング・キッチン」の略で主な部屋の他にリビングとダイニング・キッチンのある部屋です。

設備にまつわる略語

限られたスペースに情報を掲載するために設備についても略で表示されている事が多くあります。

「CL」はクローゼットの略ですが、中には和室に引き戸タイプの押入れをオシャレに「クローゼット」と表記した不思議な物件も見かけます。

「EV」はエレベータの略で、アパートの場合は「EVなし」としてよく見かける略の1つでもあります。

「UB」はユニットバスの略で、お風呂・洗面台・トイレが区切られる事なく1つのスペースに配置されています。

「SB」はシューズ・ボックスの略で、要は「下駄箱」の事です。

マンションを選ぶメリット・デメリット

単身者からファミリー向け、低層建てから高層建てまで様々なタイプがあるマンション。

同じ広さのアパートより家賃や共益費が高い分、設備やサービス面が充実してみえるマンションにもメリット・デメリットがありました!

もちろんマンションの物件にも登場する略語を紹介します!

メリット デメリット
遮音性が高い 家賃や駐車場代が高い
セキュリティーが充実 結露ができやすい
耐震・耐火性がある 共益費が高い

メリット

遮音性の高い建材を使い建設した物も多く、隣や上下階の部屋同士の音漏れが少なく遮音性をウリにしたファミリー向けや、動物の声を気にしなくてよいペット飼育可のマンションもあります。

オートロックはもちろん防犯カメラが駐車場やマンションの周囲に設置されていたり常に管理人さんの常駐、耐震・耐火性に優れた構造を持つマンションも増えてきています。

デメリット

メリットである遮音性や耐震・耐火に優れた建材を使用したり、セキュリティーにコストをかけたマンションの場合、家賃や駐車場の利用料金がアパートより高くなります。

気密性のある建材で建設する事で結露が出来やすく、カビなどもできやすい問題があり、現在では24時間の換気が義務付けられています。

エレベーターがついていたり、管理人さんやコンシェルジュの常駐、最上階にジムやプールのある共有スペースの維持費などで共益費が高くなります。

アパートより費用が高い分、セキュリティーなどの安心も大きいマンションですが、高層マンションに住む友人の話では大きめな地震でも揺れは大きく感じないそうです。

点検や故障でエレベーターが使えないと部屋にたどり着くのが大変という、たまに起こるデメリットもあると笑っていました。

知ってるとマンション選びに役立つ略語

マンションの物件情報にもアパートより聞きなれない略語が入っています。

部屋・内装 設備
CF S
WIC MB
DR BP

部屋のタイプについてはアパートと変わりはありませんので、ここでは専用の部屋や内装に関するものを紹介します。

部屋にまつわる略語

「CF」はクッション・フロアの略で、ビニールを用いた床材で少しだけ弾力を持つ事からこう呼ばれ、耐水性があり掃除がしやすく、キッチンや水回りで使用されます。

「WIC」はウォーク・イン・クローゼットの略で、通常のクローゼットより間取りが広く「歩いて入れる広さがある」という事が由来です。

「DR」はドレッシング・ルームの略で化粧室といった意味を持ち、この部屋で着替えたり化粧ができる部屋の事で、寝室にある「WYC」と一緒になったタイプもあります。

設備にまつわる略語

「S」はサービスルームの略で、日本語でいう「物置」にあたります。

「MB」はメーター・ボックスの略で個別の玄関の横にある事が多く、中には水道・電気・ガスのメーターが入っていて個別検針で使用されます。

この中に合鍵などを入れておく方もいるそうですが、誰でも開ける事ができるので防犯上オススメできません。

「BP」はバイシクル・ポーチの略で、こう書くとかなりオシャレですが、要は自転車置き場の事です。

知っておきたい、この他の集合住宅の呼び方

アパートやマンションの他にも「ハイツ」や「コーポ」などの名前を見かけますが、どこの国の言葉で、どんな形の住宅を指しているのでしょうか?

名称 意味・形態 何語?
ハイツ 高台にある集合住宅 英語
コーポ 10mを超える高さの集合住宅 和製英語
ヴィラ 郊外の住宅 古代ローマ語
メゾン 家や住宅 フランス語
レジデンス 大邸宅・官邸 英語

ハイツは「高台にある集合住宅」を意味する単語ですが、高台にないアパートなどにも多く使用されています。

コーポは「コーポラス」の略で建物の高さが10mを超える小中規模の集合住宅の事を指しますが、こちらは「corporate(コンポート)」と「house(ハウス)」からできた和製英語です。

ヴィラは郊外に建てられた住宅や別荘の意味を持つ単語で、古代から同じ意味で使われているのですが、集合住宅は通常使用されません。

メゾンは家や住宅を表すフランス語のため通常、集合住宅としての意味合いはありません。

レジデンスは大きなマンションで見かける事がありますが、大邸宅や官邸の意味を持つ大規模な住宅などを指す単語です。

まとめ

一口に集合住宅といってもアパートやマンションの区別が曖昧だったのですが、違いが分かりスッキリしました!

建物の名前に「◯◯マンション」と入っていたとしても、実際はアパートだったりすることもあります。

ちなみに、昔の木造アパートといえば「◯◯荘」が多かったのですが、最近はあまり見かけなくなりました。

これは、「◯◯荘」という名前だと入居者が集まらず「少しでも現代感と高級感を持たせたい」と横文字の入った名前を考えるオーナーさんが増えたからだそうです。

たまにゲームに登場するラスボスの様な不思議な名前のアパートなどを見ますが、現代感と高級感を前面に出した結果なのでしようか?

なんともユニークです。

部屋を探すときによく出てくる略語なんかも、これを覚えておくと部屋探しで役立つので、あなたの参考になれば嬉しいです。