ダイエットにもおススメの乳製品!牛乳と低脂肪乳の違いは?

スーパーの牛乳売り場で、低脂肪乳を見かけたことないでしょうか?

低脂肪乳はその名の通り、脂肪分の少ない牛乳です。

ということはカロリーも低くそうですが、実際はどのくらい低いのでしょうか?

またその他の栄養価(カルシウムとか)は変わらないのでしょうか?

その低脂肪乳、売り場で見ると一般的に普通の牛乳より安いです。お財布に嬉しい牛乳!・・・でもなんで?

それに、牛乳って牛のお乳ですよね。牛のお乳から脂肪分を減らすってどうやるのか気になりませんか?

良さそうだけど謎も多い低脂肪乳、そこで牛乳との違いをまとめてみました。

牛乳と低脂肪乳の違いは脂肪分の違い

同じように売り場に並んでいる牛乳と低脂肪乳ですが、何が違うのでしょうか?

乳製品は「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」というもので、「牛乳」「低脂肪乳」「無脂肪乳」「加工乳」などの表示方法が決められています。

牛乳は牛のお乳を殺菌しただけのものです。何も足さない、引かない状態の牛乳です。さらに成分として、乳脂肪分3.0%以上、無脂乳固形分8.0%以上が含まれていることが条件です。

低脂肪乳も同じく牛のお乳を殺菌したものですが、脂肪分だけを調整しています。他には何も加工されていなくて、乳脂肪分が0.5%~1.5%、無脂乳固形分8.0%以上が含まれているものです。

さらに乳脂肪分が0.5%未満になると無脂肪乳になります。

では何か他の物を加えた場合はどうでしょう?

牛乳にバターや脱脂粉乳などの乳製品や水を加えたものは、加工乳と呼ばれます。加工乳の中にも低脂肪タイプのものがあります。これは、脂肪分を調整した後に脱脂粉乳等を加えたものです。

子供のころ好きだった、コーヒー牛乳やカルシウムが多い牛乳など、乳製品以外のものを加えた場合は乳製品になります。

低脂肪乳ってカロリーが低いの?

栄養満点の牛乳はカロリーも高めです。低脂肪乳のカロリーが低ければ、ダイエット中でも気にせず飲めますね。

こちらが約コップ1杯分200mlの、牛乳と低脂肪乳の成分比較です。

  牛乳(200ml) 低脂肪乳(200ml)
カロリー 96kcal 138kcal
脂質 7.83g 2.08g
たんぱく質 6.8g 7.9g
ビタミンB2 0.31mg 0.37mg
カルシウム 226.6mg 270.4mg

脂質が少ない分カロリーは低くなりますが、牛乳と同じようにカルシウムとビタミンB2、たんぱく質は豊富なままです。

しかしコップ一杯で96kcalというのは、飲み物としてけして低いカロリーではありません。

例えばオレンジジュースは同じ200mlで84kcal、低脂肪乳はオレンジジュースよりカロリーが高いのです。

低脂肪乳はダイエット中に不足しがちな、たんぱく質やカルシウムを補える理想的な牛乳と言えますが、飲み過ぎには注意しましょう。

牛乳はダイエット中の人におススメ

低脂肪乳でもカロリーは決して低くないと言いましたが、それでも牛乳はダイエット中の人におススメの飲み物です。

牛乳はたんぱく質、カルシウム、ビタミンB2を多く含んでいます。

たんぱく質

ダイエットで低カロリーの食事をしていると、ついつい不足しがちなのがたんぱく質です。たんぱく質が不足すると、筋力が低下する、髪の毛のコシや肌のツヤがなくなる、集中力が低下するなどのトラブルがおきます。

特にたんぱく質は筋肉を作る材料となる栄養素、筋肉が減ると代謝が落ちて痩せにくくなってしまいます。

ビタミンB2

牛乳の特徴はビタミンB2を豊富に含んでいることです。

ビタミンB2は脂質を燃焼させるときに必要な栄養素、不足すると脂質が燃焼できずに体に脂肪がついてしまいます。また、ニキビや口内炎ができやすくなり、老化を進行させます。

牛乳の栄養の代表と言えばカルシウム、含まれる量だけでなく吸収率が良いのも特徴です。

カルシウム

カルシウムもダイエット中に不足しがちな栄養素の一つです。カルシウムは骨を作るだでなく、精神安定作用もあります。

カルシウム不足だとついイライラして、何か口に入れてしまう原因にもなります。

さらに牛乳は飲むと満腹感があります。小腹がすいたときに飲んで間食を防いだり、食前に飲めば食べ過ぎを防止できます。

牛乳は確かにカロリーは高めですが、ダイエットをサポートしてくれる栄養素を沢山含んでいます。上手に取り入れて、足りない栄養素を補いましょう。

低脂肪はおいしくない?

一般的に低脂肪乳は牛乳より美味しくないと言われます。乳脂肪分が少ないので、味にコクがないのです。

しかし牛乳よりカロリーが低くて、栄養価も同じ、値段も安いといいことづくめの低脂肪乳、おいしく飲む方法はないのでしょうか?

この味ですが、メーカーによっても違うので一度飲んで「おいしくない」と思った方も、違う低脂肪乳に再度チャレンジしてみてはいかがでしょう。

また、コクがないということは反面サラッとして飲みやすいという部分でもあります。特に牛乳がちょっと苦手という人は、低脂肪乳の方が飲みやすい場合もあります。

他の飲み物に混ぜた場合にも、そのさっぱりとした味で美味しさが増すことも。

珈琲に牛乳を入れて作るカフェオレですが、低脂肪乳を使うと珈琲の味をしっかり楽しめるさっぱりとした味になります。

牛乳を使ったまろやかなカフェオレとは違ったおいしさで、珈琲が持っている酸味などの香りを程よく残してくれます。

カフェオレはちょっと重たいかな・・・という時にもおススメです。

低脂肪乳ってどうやって作るの?

牛乳は牛のお乳、そこから脂肪分を減らすってどういうことなのでしょう?

脂肪分を取り除くためには、遠心分離機を使っています。牛乳をクルクルと高速で回転させると、乳脂肪分を分離させることができます。

低脂肪乳の乳脂肪分は0.5%~1.5%と決められているので、成分を調整するために生乳を加えることもあります。

また低脂肪タイプの加工乳では、水やバター、脱脂粉乳などを加えて低脂肪なのに牛乳に近い味を作り出します。

そうして脂肪分を減らした牛乳は低脂肪乳、取り出した乳脂肪分はバターや生クリームなどに加工されます。

脂肪分を取り出した無脂肪乳を乾燥させて、水分をとると脱脂粉乳になります。

分離する分牛乳より手間がかかっているけど、取り出した乳脂肪分が他の乳製品になるからお値段は安くできるんですね。

まとめ

低脂肪乳はダイエット中に不足しがちな、たんぱく質やカルシウムを補ってくれる理想的な牛乳だと言えますが、カロリー自体は普通の牛乳やオレンジジュースよりも高いので飲み過ぎには注意しましょう。

「低脂肪だから大丈夫!」なんてことはないので。

調子に乗ってガバガバ飲んでしまうと、一生懸命運動しているのに痩せない…!なんてことになりかねません。

ただ、低脂肪乳はカルシウムやビタミンB2、たんぱく質が豊富ですので、これらの栄養素はダイエット中でも積極的にとっていきたい栄養素になります。

不足した栄養は低脂肪乳で補うこともできますが、飲みすぎて止まらんのですが…という人の場合、サプリメントで栄養を補給するという手段を取ることもできます。

たとえば、森永乳業ではミルクから生まれたサプリメントとして、いくつかサプリメントを出しています。

体調のバランスを整えるために、こうしたものを使っていくのもひとつの手ですね。

健康あってのものだねですので、自身の健康状態を整えるためにも栄養補給をきっちり行っていきましょう。