チアシードとバジルシードの違いは?栄養価やダイエット効果を比較

ダイエットや美容に良いと女性に人気の「チアシード」、海外セレブが愛用していることでも話題になりましたね。

この「チアシード」美肌効果や健康維持にも嬉しい栄養素がいっぱい入っているスーパーフードなんです。

さらに水にふやかして飲み物などに入れるだけ、という手軽さもあって取り入れる人も増えています。

チアシードが入った商品も人気です。

スムージーやドリンクを出すお店もあり、ヘルシーでインスタ映えする嬉しい商品も沢山あります。

プリンなどに入っていたり、コンビニでも買える手軽なものも登場しています。

さらに最近ではよく似た「バジルシード」も流行中です。

バジルシードとチアシード、なにが違うの?どっちがいいの?というかそもそも何に効果があるの?

ということで、チアシードとバジルシードの効果や違いをまとめてみました。

そもそも何が良いの?

体に良いような気がするチアシード&バジルシードですが、何がどんな風に良いのかご紹介します。

簡単で綺麗になれるダイエット

あなたはどんなダイエットしたことがありますか?

寒天やきのこ、キャベツにリンゴ、ローカロリーの食べ物でダイエットするけど、なかなか続かないそんな経験はないですか?

例えば・・・私が前に試したのはキャベツダイエット。食事の前に生のキャベツを一皿食べるというものです。

でも飽きてしまうし、食事の度にキャベツを洗ってちぎるというほんのちょっとのひと手間がだんだん億劫になって結局挫折しました。

チアシードやバジルシードはそんな食事制限の難しさを解決してくれる、ダイエットの味方!

水に浸すと膨らむので満腹感が得られ、他の食事を減らすことができます。

また糖質の吸収を穏やかにしてくれる、代謝を上げるといった効果もあります。

ごはんのドカ食いや甘いものの食べ過ぎの防止にも役立ちそうです。

そして魅力的なのはその手軽さです。

その1.普段の飲み物などに入れるだけでOK!我慢して食べる必要なし、飽きもこない

その2.調理も水に浸しておくだけで良いので、手軽に取り入れることができる

食事制限につきものの、「面倒」「飽きる」を解決してくれます。

美しい肌作りをサポート、血液サラサラ効果で健康維持

チアシードやバジルシードはダイエットの他にも、美容と健康に良い栄養素が豊富に入っています。

えごま油に含まれていることでも話題になった、良質の油オメガ3系脂肪酸の一つ「αーリノレン酸」が多く含まれています。

オメガ3系脂肪酸、αリノレン酸の働きは以下のようなものです。

・血液をサラサラにする

αーリノレン酸にはコレステロールや中性脂肪を下げ、血液をサラサラにします。動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に効果があります。

・美肌効果

肌は定期的に生まれ変わっています。新しい皮膚ができて、古い皮膚が剥がれ落ちる、これをターンオーバーと言います。

オメガ3系脂肪酸が不足すると、美しい肌を作るために重要なこのサイクルが乱れてしまいますし、肌に水分を保つ力も減ってしまいます。

オメガ3系脂肪酸は現代人に不足しがち、しっかり補ってあげる必要があります。

・アレルギーの緩和

オメガ3系脂肪酸の働きについてお話してきましたが、同じ油でも現代の日本人が多く取っているのが、オメガ6系の脂肪酸と言われています。

オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸はバランスが大事です。

どちらも重要な栄養素なのですが、オメガ6系脂肪酸にはアレルギーや炎を症促する効果もあります。

オメガ3系脂肪酸はこれを抑制する働きをしますので、バランスの乱れによるアレルギーを緩和する効果が期待できます。

・記憶力の向上

オメガ3系脂肪酸は物を覚えたり考えたりする時に必要になる、脳内のネットワークを円滑にする働きがあり、認知症予防にも有効とされています。

またチアシードやバジルシードには、8種類もの必須アミノ酸が含まれています。

必須アミノ酸の中のトリプトファンやフェニルアラニンは、精神機能を安定させる効果がありますし、ロイシンやバリンは筋肉増強や疲労回復に必要な栄養素です。

チアシードやバジルシードを水でふやけさせたときに、種の周りにつくトロットした透明の液体は食物繊維です。

食物繊維は便秘や腸内環境の改善に役立つので、美肌づくりやダイエットを力強くサポートしてくれます。

食べるときの注意点

副作用がある・・・なんて怖い噂を耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、副作用というより誤った食べ方の問題です。

チアシードやバジルシードには「発芽毒」がある場合があります。というとちょっと怖い気もしますが、水に浸けて12時間程もどせば問題ありません。

チアシードは10倍、ホワイトチアシードは14倍、バジルシードは30倍に膨らむので十分なお水でもどしてください。

適量は一日10g大さじ1杯程度です。食べすぎると胃が痛い、便秘になるなどの影響がでてくることがありますし、カロリーもそれなりにあります。

チアシードとバジルシードの違い

チアシードとバジルシード、乾燥した状態ではあまりかわりませんね。

でもちょっとした違いがあるので、目的や好みに合わせて選びたいものです。

チアシードとは

チアシードは「チア」というしそ科の植物の種です。

メキシコ中南部からグァテマラ北部が原産で、現在ではオーストラリアが最大の生産国となっています。

カロリーは10g(大さじ一杯程度)で50kcalと意外と高いのですが、水に浸すと約10倍に膨らみます。

ふやけさせた状態では種の周りをトロットした、透明なゼリー状の液体が覆っています。

このトロッとした液体が満腹感を与えてくれます。

バジルシードに比べると栄養価が高いので、美肌や生活習慣病予防などが期待できます。

ダイエットでは代謝も良くなるので、運動を取り入れている方にもおススメです。

ホワイトチアシードとは

チアシードの中には「ホワイトチアシード」と言われるものがあります。

お値段も少し高めで、ちょっと良さそうという感じですがどのようなものなのでしょうか?

ホワイトチアシードは従来のチアシードを品種改良して作ったものです。

従来のチアシードの中にも、白い種が混じっています。

この白い種は黒い種に比べて、栄養価が高いことに注目して、白いチアシードばかりが採れるように改良されました。

ホワイトチアシードは水に浸すと約14倍に膨らみ、従来のチアシードよりオメガ脂肪酸などの栄養素が高いのが特徴です。

バジルシードとは

ハーブとして料理によく使われるあの「バジル」の種です。チアと同じくしそ科の植物で、インドや熱帯アジアが原産です。

ご存じの通り葉も食用で、イタリア料理やタイ料理など広く使われています。

カロリーは10g(大さじ一杯程度)で10kcalとチアシードよりローカロリー、水に浸すと約30倍に膨らみます。

飲み物や食べ物に入れるとあまり気にならなくはなりますが、チアシードより見た目が良くないという人も。

チアシードより膨らむので、食事制限をメインにダイエットしたい人におススメです。

またバジルシードはちょっと臭いが気になる人もいるようです。

おススメの食べ方

チアシードバジルシードは12時間以上水に浸けたものを、お好みの飲み物や食べ物に入れるだけで食べられます。

基本無味なので何に入れてもOKですが、こんな組み合わせもおススメという食べ方をご紹介します。

ヨーグルトに合わせるベーシックな食べ方、フルーツや蜂蜜を入れるのもおススメです。

夕方のナポリタンで食べ過ぎたので…… 夜は限りなく#ヘルシーメニュー です😁💦笑 乾燥ココナッツやナッツ 、ドライフルーツが入った#オーツ麦 のシリアルに、#チアシード を混ぜたヨーグルトをかけてフルーツをトッピングしました🍀😊 ……完全に男の一人暮らしの晩ご飯じゃないですね。🤣💦笑 でもね、#チアシードヨーグルト って夜に食べた方がいいんですよー🎵 人の身体(特に内蔵系)って、寝ている間のほうが実は活発に働くんだそうです🍀 そこへ腸内環境を整える効果をもつチアシードヨーグルトの出番という訳🍀🤓 もちろん朝食べて効果はあるんですけど・・・ どうしても動く事でエネルギーを必要としますよね。 そうなると、チアシードヨーグルトの良質な栄養素はエネルギーとして持っていかれちゃうんです💦 そこに昼食などで得た栄養も分解・吸収しなくちゃならないので、腸内環境を整えたりするのは、なかなかできないのです💦 夜に食べた方がいい理由は 寝ている間は何も食べない⇒腸に負担がかからない⇒腸を整えやすい状態になる❤という訳🎵🤓 これはめっちゃ画期的❤😁 美容効果にもとても良いみたいなので、夏ボディ❤に向けて皆さんも試してみてはいかがですかー?🌞🌴🌺🌊👙👒🍧 ごちそうさまでした🍀 #dinner #cooking #ilovecooking #healthyrecipes #healthylifestyle #healthyfood #chiaseeds #beauty #fruits #instagood #一人暮らし #料理好きな人と繋がりたい #料理男子

A post shared by takujinakazato (@pizza_ta9) on

お野菜たっぷりのサラダに入れれば、栄養バランスも二重マル。ジャーサラダにすれば、ローカロリーで満足できるランチにもなりますね。

いつも飲んでいるコーヒーや紅茶、ジュースに入れるだけなら毎日続けられますね。スープに入れても美味しくいただけます。ただしオメガ脂肪酸は熱に弱いので、一緒に煮込まないでくださいね。

まとめ

なんとなく美容に良さそうと思っていた、チアシードとバジルシードの本当の魅力感じていただけたでしょうか?

2つを比較すると、チアシードは栄養価が高く、バジルシードはよく膨らむのが特徴です。

ダイエットに取り入れるなら、チアシードは運動も取り入れている人や、美容や健康を重視したい人に向いています。

バジルシードは、ダイエットしたいけど運動はちょっと苦手という人におススメです。

ダイエットは続けることが大事です。見た目などの好みも合わせて、無理なく取り入れていきましょう。