ギターとベースの違いは?モテるのはどっち!?始めるならこれ見て選べ!

「「一緒にバンド組まない?」」

現在活躍中のアーティストやバンドの始まりも、この一言から始まる事が多いそうです。

ライブなどでライトを浴びて演奏ギしているギタリストやベーシストの人が格好良くみえてしまいますね!

素人目には同じに見えるギターとベースですが、違いはどこにあるのでしょうか?そして「モテる」楽器はギター?ベース?気になる部分を紹介します!

ギターとベースはここが違う!

上がエレキギターで、下がエレキベース。

Legend エレキギター LST-Z CA キャンディアップルレッド メイプルネックローズ指板 ストラトタイプ ソフトケース付Legend レジェンド エレキベース ブラック ブラックピックガード LJB-Z B/BK ソフトケース付属

弦楽器として形が似ているギターとベースですが、この2つには明確な違いあります。

 

ギター

ベース

弦の本数

6本

4本

音域

低音〜高音

重低音

弾き方

ピック

スラップ

バンドでの役割

メロディ隊

リズム隊

ギターとベースの見極め方

基本的にギターの弦の本数は6本、ベースは4本とベースの方が弦の本数は少なく作られています。

そしてこれと関連して、弦を巻くパーツであるネック上部についた「ペグ」の数も同じく違ってきますので、ギターかベースはここを見るだけで簡単に見分ける事ができます。

ただし、例外としてギターにもベースにも「多弦」の物が存在します。

この場合は、ベースであっても弦が6本になっていることもあるので、そうしたときは弦の太さに注目してみてください。

これはどうしてかというと、ベースはギターよりも弦が太めに作られているからです。

ギターは低音から高音までの音域をカバーするため、線が細い弦が備わっています。

一方、ベースの場合は重低音をカバーするため、弦全体が太めに作られています。

弾き方の違い

弾き方は、ギターは主に「ピック」という弦を弾く爪代わりの物を使います。

ピックはプラスチック製で作られているものが多く、形は三角形で作られているものがほとんどです。

また、ピックには数多くの種類があり、厚さや硬さもバリエーションが豊富で、この辺りは好みによって違ってきます。

ジャンジャカ、コードをかき鳴らす感じであればしなりがあって大きめのものを選び、速弾きなどをしたいのであれば硬めでコンパクトのものを選ぶとやりやすいです。

一方、ベースの弾き方はどうかというと、こちらもピックは存在していますが、基本的にスラップ奏法と呼ばれる、弦を指で弾く奏法で弾かれることが多いです。

見た目的にもかっこよく映るため、ベースをやるならピックはなくてもOKです。

役割の違い

ギターは低音〜高音までカバーできるため、基本的にメロディラインを担当します。

一方でベースは重低音をカバーするために、ドラムと並んでリズムを担当します。

ソロで演奏する場合、ギターを弾きながら歌う人はいても、ベースを弾きながら歌う人はまずいません。

なので、ソロでやってみようかな、と考えていたのであれば、ギターを選ぶといろいろやれることが増えます。

ただ、そうしたこともあってかベースはギターよりも人口が少なく、スラップで弾けるベーシストはバンドで重宝される傾向があります。

モテるのはどっち?

ギターとベースのどちらかを担当する事になったら、どっちを始めてみようか…?

どうせなら女の子からキャーキャー言われてモテる方が嬉しいですよね?

じゃあ、一体、どっちがモテるのかということですが、実は両方とも同じ位モテるわけですが、モテる相手がちょっと違ってきます。

  • ギター:一般向けでモテる
  • ベース:バンド知ってる人からモテる

ギターの場合は、そもそもの楽器の知名度として広く知れ渡っており、「ギターやってます」というとわりと反応がいいです。

しかし、ベースの場合、ギターほどの知名度がないので「なにそれ?」と聞き返されることもしばしば。

音楽番組みててもわかりますが、ギターはボーカル・ギターをやってたり、ギターソロのときにカメラに抜かれたりするのでわかりやすいですが、ベースの場合はソロパートがあることが少なく、あまり目立つ機会はありません。

なので、ギターの方が一般ウケでモテるわけですが、実はライブハウスによく通う人など、バンドを知ってる人が対象であればベースの方がモテたりします。

これはなぜかというと、ライブハウスなどでは楽器を演奏するとき、アンプという音を増幅する機械につなげ、爆音で音を響かせるわけですが、ベースのような重低音をアンプにつなぐと、腹がドンドン突き揺さぶられるほどのすさまじい振動が身を震わせてきます。

そして、この音が子宮に響き、女性を興奮させるんだそうな。

子宮に響いたから興奮するかどうかはさておき、爆音の重低音を直で聞いたときの振動で身体が興奮するのはこれは男性であっても女性であってもまず間違いないです。

ちなみに、ギターの場合はプレイヤー人口が多いため、バンドの構成によってはギターが2人なんてこともあります。

なので、バンド構成によってはギタリストよりもベーシストの方が目立つことがあります。

演奏が簡単なのはどっち?

始めてのバンドで弦楽器を触るのも始めてだと、「初心者にはどっちが簡単なんだろう?」といった悩みもあるかと思います。

ギターには”F”の壁がある

では、どっちが簡単なのかというと、単純な弾き方の話しであればベースの方が簡単です。

これはギターに比べたら弦が2本少ないので、単純に覚えることが少ないからです。

ギターの場合、厄介なのがコードです。

ベースにもコードは存在するわけですが、ギターのコードの中には6本の弦全てを同時に押さえることもあります。

人間の指は5本しかないのに、一体どうやって6本の弦を押さえるんだと最初は思ったことですが、人差し指を寝かせて押さえることでこれができます。

ですが、これがなかなかに難しい。

俗に、よく使う上に6本押さえる必要がある”F”のコードは初心者の壁と言われています。(”F”はドレミでいうところの”ファ”の音)

押さえるだけならまだいいのですが、コード変更したときに流れるように音を途切れさせずに押さえるには根気よく練習を続ける必要があります。

リズム感に自信があるなら

一方、ベースの場合はどうかというと、単純な弾き方でいえばベースの方が簡単ですが、ここリズム感が加わってくると話しが複雑になります。

ベースはリズム隊楽器ですので、リズム感の正確さはギターよりも強く求められます。

ギターの場合、リズムが遅れたり、走ったりしても「なんか味があるかも」と見られることもしばしばありますが、ベースのリズムが狂うとバンド全体のリズムも狂ってくるため、「やや、このバンドはちぐはぐだぞ…」と印象を与える原因になりかねません。

なので、リズム感に自信があるならベースの方が簡単だといえますし、リズム感に自信がないならギターの方が簡単だといえます。

表現力でいえば

この他にも、音楽と切っても切り離せないもの。そう、それは”表現力”です。

「ギターは顔で弾け」という言葉もあるほど、多彩な表現が可能です。

広い音域をカバーしているため、ためや弦を弾くときのストロークの強弱で演奏に深さを出したり、ギターソロを奏でチョーキングというテクニックでキュイーンといった泣く音を出したり、いろんなテクニックがあるので慣れるまではギターの方が難しいでしょう。

一方、ベースの場合は表現力よりも”正確さ”が求められることが多いです。

しかし、そんなベースにもソロパートがあることもあるので、そうしたときはいかに躍動感を引き出すのかといったことが重要になってきます。

音域が狭い分、表現の仕方もシンプルですが、その深さを引き出すのが難しいといった特徴があります。

ギターはこんな楽器

ヤマハ エレキギター PACIFICA112V BL ブラック

ジミー・ヘンドリックスやB・Bキングに代表される世界的に有名なギタリストも多いギターは、どんな特徴を持った楽器なのかを見ていきましょう!

弦楽器

ギターはバイオリンやチェロと同じ弦楽器で、中世からバロック期に生まれた撥弦楽器(はつげんがっき)の一種「リュート」が元になっています。

撥弦楽器とは何らかの方法で弦を「撥く(はじく)」事で音が出る物を指します。

ギターの種類

現在では大きく分けて、エレキギターとアコースティックギターの2種類に分類されます。

  • エレキギター:アンプに繋ぎ音量や音質を変える事ができる
  • アコースティックギター:アンプ等に繋がずそのまま演奏できる

エレキギターはアンプに繋ぐ事で音量を調節したり、エフェクトして音質を変える事ができ、日本では現在も活躍中のバンド「ザ・ベンチャーズ」が来日した1960年代に「エレキ・ブーム」が起き、今でもエレキギターの練習時に、ザ・ベンチャーズの「パイプライン」や「ダイヤモンドヘッド」を弾いた事がある方は多い様です。

アコースティックギターの中には、フォークギターだけでなく「クラッシックギター」や「フラメンコギター」が含まれ、ロック等ライブでも使用させる事の多いアコースティックギターには、大きな会場でも使用できるようになっている「エレクトリック・アコースティックギター」があり、エレキギター同様に音量を変える事ができる物があります。

ベースはこんな楽器

ヤマハ エレキベース TRBX304 BL

バンド内ではギターより目立たない様に見えてしまいますが、レッドチリペッパーズのフリーやセックスピストルズのシド・ヴィシャスなど個性的なベーシストがいます。

曲に必要な「リズム」を決める大事なベースはどんな楽器なのかを見ていきましょう!

弦楽器

ベースもギターと同じ撥弦楽器(はつげんがっき)の一種「リュート」に属します。

先にも出ましたが、直接指で弦を弾いて演奏される事が多いですが、テクニックの1つとしてピックを使用して演奏するベーシストもいます。

ベースの種類

ベースもエレキベースとアコースティックベースがあります。

  • エレキベース:アンプに繋ぎ音量や音質を変える事ができる
  • アコースティックベース:アンプなしで演奏できるが音が小さい

ただ、バンドで使用されているベースのほとんどがエレキベースで、ギター同様にアンプに繋ぎ音量を調節したり、エフェクトして音質を変える事ができる。

ギター同様にアコースティックベースもありますが、アコースティックギターほどの音が出ないため、ジャズやクラッシックのコンサートなどでは、同じ弦楽器のコントラバスをベースとして使い、弓を使わずに指で弦を弾いて演奏する事があります。

これでモテモテ?目立てるパフォーマンス

バンドで目立つ(モテる)ためには、技術やルックスも必要ですが、世界にはプレイ法やパフォーマンスで人気のギタリストやベーシストがいます。

「これをやれば目立つ事間違いなし!」

といったパフォーマンスだらけですが、モテるパフォーマンスもあれば、正直、今はウケないだろうなーという微妙なものもあります。

  • ギター:回転ギター、歯ギター、破壊プレイ
  • ベース:指弾き、ライトセイバー

回転ギターは肩から掛けたストラップを使いギターをグルグル回転させるパフォーマンスです。

これが演奏のタイミングとジャストで重なるとめちゃくちゃかっこいいです。

参考動画として「Rufio / Above Me」のLiveがとても上手くやっているので紹介します。

この動画の1:45で回転ギターを決めています。ここまで上手くできればその日のうちにLINEの連絡先を女の子3人から聞かれてもおかしくはないでしょう。(ちなみに、2:00ではギタリストが回ってます。ぜひとも一回はやってみたいプレイです!)

また、これを応用して回転したギターを背中の位置で止め、そのまま演奏するという「背中ギター」があります。

ギターを背中に回して背面で弾き、手元を見ないで演奏するので変態度が上がります。

そして、これを上回る変態度高めのパフォーマンスが「歯ギター」です。

これは、ギターをピックではなく、文字通り自分の前歯で演奏するといった奏法です。

ギターの神様と呼ばれるジミー・ヘンドリックスが得意とした方法で(この他にもギターに火をつけて燃やして叩きつける「破壊プレイ」もしています)私がよくライブに行くアーティストも歯ギターをしていることがあるのですが、観ている側からは顔が見えないので何をしているのかよく分かりません。

演奏している側からは弦の鉄っぽい臭いが鼻についたり、歯が欠けることもあるのでやるときは要注意です。

「破壊プレイ」は、スピーカーや壁にギターを打ちつけて壊すパフォーマンスです。(めちゃくちゃもったいない)

大切な楽器で実際にする人はいないと思いますが、このプレイで有名なのがアメリカのバンド「KISS」のポール・スタンレイです。(動画だとわりと地味ですが、ライブだと異様な盛り上がるを見せるのもこのパフォーマンス)

関係者の話によると直前で安いギターに変えているそうです。

ベースも同様に破壊するアーティストもいますが、ベースでいう「珍しい」はパフォーマンスよりもプレイスタイルを指す事が多く、通常は人差し指と中指で交互に弦を弾く「ツーフィンガー」が多いのですが、指の腹で弦を弾く「指弾き」は柔らかい音が出せます。

「ライトセイバー」は元dragon ashのベーシストだったIKUZONEがやっていたもので、「スターウォーズ」に登場するライトセイバーで弦を弾くパフォーマンスでした。

弦さえ弾ければ音が出るので、割り箸とかでも弾けますし、演奏中にカップラーメン早食いしてその箸で演奏していた変態プレイヤーもいました。

見慣れないことをするだけで注目を集めることができるのでわりとなんでもアリなのがこの世界です。

まとめ

音楽はよく聞くし、ライブに行くのが好き!

でも、いざ実際に自分で始めてみようとなると「どっちをやろうかな?」となるのがバンドビギナーの最初の壁です。

もし、最初からバンドを組む予定があるならメンバー間で相談するといいでしょう。

ギターもベースも同じ弦楽器なので、どちらかが弾ければもう一方もある程度弾けるようになるので後々、転向も可能です。

ギターをやればコードの知識だったり、表現力が磨かれていきますし、ベースであればリズム感が養われていきます。

ソロプレイやド派手なパフォーマンスで目立ちければギター、正確無比なマシーンのようないぶし銀なかっこよさを見てもらいたいのであればベースから始めるといいでしょう。