知って得するjpegとpngの違い!どっちが良い?変換のやり方は?

今回は「JPEG」と「PNG」の違いについてです。。。といっても、

見た目に違いが分かるわけでもなければ、知らなくて困ることも少ないので普段気にしない方も多いと思います。

でも、知らないとちょっと不便なこともあるんです。

画像にあった形式で保存しないと、汚い画像になってしまうこともあります。

画像の形式を気にしなくても絵は見ることができますが、webサイトなどではアップロードができないということもあります。

ということで、

画像の保存形式って何?というところから、JPEGとPNGそれぞれの特徴や、どっちを使えばいいの?といった疑問について、まとめてみました。

画像の保存形式とは?

画像のデータには、保存形式というものがあります。

保存形式というのは、引き出しに物を入れる時のルールのようなものです。

画像データを保存するときには、右から入れるとか、左から入れるとか、そんなルールに従って保存します。

表示するときには、入れた通りに取り出して元の画像を表示します。

それぞれに特徴があり、代表的な画像の保存形式としては

  • 写真に適したJPEG
  • イラストに適したPNG
  • アイコンなどに適したGIF
  • 解像度の高いTIFF

などがあります。他にもアプリ専用の保存形式など、沢山の形式が存在します。

保存形式はどうすればわかる?

では画像ファイルがどの形式で保存されているかは、どうすればわかるのでしょうか?

ファイルにはそれぞれ、拡張子というものがついています。

ファイル名はAAA.jpgとかBBB.pngとなっていますね。この「.」の後に続くのが拡張子です。

でも・・・ファイル名だけで「.」以降は表示されないという人も多いのでは?

それはWindowsの初期設定では、拡張子が表示されないように設定されているからです。

設定を変えれば、拡張子を確認することができます。Windowsで拡張子が表示されるように設定するにはこちらを参考にしてください。

スマホなんだけど・・・という人は

見ている画像の拡張子は、メニューから詳細情報を見ると

(例)パス:strage/sdcard1/CCC/AAA.jpgという風に表示されます。

保存できない形式や、表示できないデータもある

どの保存形式で保存されるのかはアプリによって違ってきます。

例えばデジカメやカメラのアプリだったら、殆どがJPEGで保存します。PNGやGIFで保存することはありません。

スマホのスクリーンショットだったら、PNGで保存する場合が多いですが、PNGとJPEGのどちらで保存するか選べるものもあります。

PCのお絵かきソフトなどでは、JPEG、PNG、GIFなど複数の形式で保存できる場合が多いです。その他にBMPやAIなど、アプリ専用の形式もあります。

では、表示するときや送信するときはどうでしょうか?

スマホのギャラリーやWindowsのフォトビューア、MACのプレビューなどの表示用のアプリは色々な形式に対応するようにできているので、拡張子を気にしなくても画像が開けてしまうことが多いでしょう。

ですがアプリによって、使える画像の形式というのは決まっています。

使えないファイルをムリに開こうとすると「このファイル形式はサポートされていません」などのエラーが出たりします。

JPEGの特徴

JPEG(ジェイペグ)は写真用に作られたファイルの形式で、拡張子は”jpg”を使います。

圧縮率が高いのが特徴で、写真の保存にはJPEGが多く使われます。

JPEG形式で保存すれば、SDカードやPCにも沢山の画像を保存することができます。

写真は微妙な色合いや影などがあり、非常に大きなサイズになってしまいます。

そこで、人間の目で見てもわからないようにデータを減らして圧縮します。

下の画像を見てください。

四つ葉のクローバー(圧縮)

右の方が圧縮率を高くしたんですが、違いわかりますか?ちょっと色合いが違う程度でしょうか。

JPEGはこんな風にこっそり写真などを圧縮するのを得意としています。

でも苦手なこともあります。

次にこちらの画像を見てください。

同じように右の画像の方が圧縮率が高くなっています。

これだと右側の方がなんとなくぼやけた感じしませんか?

さらに茎の丸で囲った部分を拡大してみます。

タイルのようになっているのが分かると思います。画像が粗くなってしまっていますね。

JPEGはイラストのような、輪郭がはっきりした画像の保存には向いていないのです。

このように見た目にはハッキリわからないけれど、JPEGで画像を保存すると圧縮されてファイルサイズは小さくなり、画像は粗くなっているのです。

JPEGで保存されたデータを加工する場合、例えばちょっと明るくするといった場合にも、画像はさらに圧縮され粗くなってしまうのです。

そして悲しいことに一度圧縮された画像は元に戻すことはできません。

pngの特徴

PNG(ピング)はイラストの保存などに適した形式で、拡張子は”png”となります。

JPEGが苦手な輪郭線などが綺麗に保存されます。

色を透過にできるのも、PNGの特徴です。年賀状で写真とイラストを組み合わせたり、スタンプなどで使うことも多いでしょう。

PNGにはPNG-8とPNG-24があります。

PNG-8では、色の数が256色に制限されます。サイズは小さくなりますが、色は綺麗にでません。

PNG-24では、JPEG形式と同じくフルカラーで画像を表現できます。ただし、使っている色の数が多い場合はJPEGに比べて、ファイルサイズが大きくなります。

では、JPEGとPNGの画像を比べてみましょう。

左がJPEG、右がPNGです。

PNGの方がハッキリした画像ですね。使われている色が少ないので、ファイルサイズもPNGの方が小さくなっています。

今度は圧縮してみましょう。

左が元の画像、右が圧縮した画像です。

ファイルサイズは1/4くらいに圧縮されていますが、見た目に違いはわかりません。

さらにPNGのファイルは、いったん圧縮して元に戻せる嬉しい保存形式です。

しかし写真のように使われている色が多いと、非常に大きなファイルサイズになってしまいます。

グラデーションやぼかしなどが多い画像ではJPEGで圧縮しても、画像の劣化はあまり目立たないのでPNGを使うメリットはあまりありません。

jpg⇔png変換アプリ

JPEGとPNGを変換することもできます。

PCの場合

Windowsならペイントブラシというアプリケーションソフトが、元々インストールされています。ペイントで一度開いて、名前を付けて保存を選択します。この時に保存形式を選択することができます。

Macならプレビューで画像を開いておいて、ファイルメニューの書き出しをします。この時に保存形式を選択することができます。

スマホの場合

変換できるアプリがあります。いろいろなアプリがありますが、一例として

などを使って変換が可能です。

おまけとして、オンライン上でPNGの圧縮を行えるサイトも紹介しています。

まとめ

JPEGとPNGはどちらが良いかではなく、どちらが適しているかで選ぶことが大切です。

一般的には写真ならJPEG、イラストならPNGが適しています。また透過させたければPNGを選択しましょう。

画像を転送できない、アップロードできないという時には、画像の保存形式が対応しているか?ファイルのサイズが大きすぎないか?など確認してくださいね。