筋子とイクラの違いは魚の種類でも粒の大きさでもなく作り方だった!

押しも押されもしない高級食材、イクラと筋子!その美しい赤色から、赤い宝石とも呼ばれます。

温かいご飯にのせて食べる筋子、たっぷりイクラをのせたイクラ丼、どちらも最高の贅沢ですね。

ところで、イクラと筋子の違いって考えたことありますか?

見た目も味も似た、魚の卵の加工品ですよね。

魚の種類?粒の大きさ?それとも筋子をバラバラにしたのがイクラ?

実は・・・

イクラと筋子の違いに加えて、旬の時期やなどもご紹介します。

筋子とイクラの違いは作り方だった!

イクラも筋子も魚卵の種類に違いはありません。

両方とも鮭か鱒(マス)の卵を、塩や醤油で漬けたものです。

では何が違うのでしょうか?

それは作り方です。

卵は魚から出した状態では、筋のような卵巣膜に覆われています。

この状態は生筋子と呼ばれ、秋には市場に出回ります。

イクラや筋子は生筋子を加工したもので、

  • 卵巣膜を取らずにそのまま漬けると筋子
  • 卵巣幕を取り除いてバラバラにしてから漬けるとイクラ

になります。

因みにお値段ですが、バラバラにする手間がある分、イクラの方が高価になります。

コクのある筋子vs臭みのないイクラどちらが好み?

基本的には材料も調味料も同じですが、食べているときにどことなく味が違うと感じませんか?

家族会議でごはんのお供にするのなら…という議題で、イクラ党と筋子党に分かれることもあるほど、似ている両者でも人によっては結構、好みがはっきり分かれるこの2つ。

これ、どうしてかというと、製造の過程で微妙に加工方法が異なってくるからなんです。

筋子の特徴

筋子は卵巣膜に入った状態で漬けます。

それによって筋子には独特のコクが出るのです。

このお味、好きな人にとってはたまらない味ですが、これが逆に生臭いと感じる人もいます。

生魚が苦手な人だと、魚の臭いがダメというパターンが多く、このためにイクラはOKでも、筋子はNGという人もいます。

また、筋子は膜つきのまま食べるので、卵巣膜がやわらかくないと筋っぽくなって食べづらくなることがあるので、筋が噛み切れなかったり、歯に挟まるといった厄介な現象が起こることがあります。

ちなみに、筋子とイクラは調味料は同じですが、筋子は卵の塊が身崩れしないよう、強めの塩でしめるため筋子の方が濃いめの味付けになっています。

総じて筋子は、独特のクセや濃い味付けがされているので、濃厚な味わいになっています。

イクラの特徴

反対にイクラは筋子に比べて臭みがなく、さっぱりとした味になります。

また、粒の大きさによる食感の違いもあります。

イクラは膜から出してバラバラにするので、筋子と比べると卵の一粒が大きく、プチプチした食感が楽しめるのが特徴的です。

イクラのように粒が大きくなると、卵が成熟し、これに伴い卵巣膜も硬くなります。

そのために、イクラは粒が大きめで、筋子は粒が小さめになるわけですね。

また、イクラの場合は魚特有の生臭さがほとんどなくなるので、魚嫌いな人でも食べれることがあります。

イクラや筋子には旬がある

イクラは寿司ネタの定番として、一年中メニューに載っているので、旬の時期を意識することはあまりないかもしれませんが、実はイクラや筋子にもちゃんと旬の時期があります

この旬の時期は、鮭や鱒が産卵期に入る秋頃(9~11月)です。

美味しさは鮮度が命ですので、採れたての筋子をすぐに加工した旬の味は「これホントに私が知ってる筋子?」となるほど絶品です。

筋子は卵巣膜が硬くなりすぎない、未成熟な状態の卵が丁度美味しい頃合いなのですが、この未成熟な卵が採れる時期が筋子の旬で、9月頃が最盛期になります。

そして、秋が深まるにつれ卵は成長していきます。

味は徐々に濃くなり、粒は大きく育ち、皮は少しずつ硬くなっていきます。

こうして卵が成長していき10~11月になると、今度はイクラの旬がやってきます。

ですが、この旬の時期は短く、11月を過ぎてしまうと卵が硬くなりすぎるのでイクラ特有の歯切れのいい食感が鈍くなります。

たまーに頑張って嚙まないと粒がつぶれないイクラを食べたことありませんか?

あれは卵が大きくなってしまったからなんですね。

冷凍もできるので、季節に関係なく食べることができますが、旬の時期は味は格別です。

しかも、値段も安くなるのでこの時期にはぜひイクラや筋子をパクっといきたいものです。

回転寿司で使われている人工イクラの噂の真相

「回転寿司のネタのイクラは人工(じんこう)イクラだ」なんて噂、耳にしたことありませんか?

実はこの人工イクラ、ちゃんと存在しているんですね。

しかも、実際に商品として販売されているんです。

【冷蔵】 サーモン ドロップス 340g キューピー ほしえぬ No2 業務用

この人工イクラ、プチっという歯ごたえのイクラの皮を、高度な技術で人口的に再現した逸品です。

この皮は海藻からとれる「アルギン酸」から作られます。

このアルギン酸はカルシウムに触れると固まる性質をもっていて、アルギン酸を溶かした液体をカルシウムの入った水にポタポタと垂らして作ります。

そして、皮の中にはイクラ風味の液体が入っています。

もう一つ、いくらには目玉のように見える色の濃い部分がありますよね。

これを再現するために、なんと食用油を入れているのです。

細部まできっちり仕上げる職人魂と技術力は脱帽モノです。

こうして見た目も味もソックリの人工イクラが完成するわけですが、この人工イクラですが、実は輸入物の天然イクラの方が安いんです。

「なんでやねん!」とツッコミたくなりますが、細部にこだわった結果なのでしょうか。

おそらく、ただ単に流通量が少なく、量産体制を取っていないためだとは思いますが、人工イクラを口にする機会はそうそうないでしょう。

そして、天然イクラの方が安く仕入れられることから、回転寿司のネタに人工イクラが使われているという噂も誤りです。

イクラ風筋子の作り方レシピ

筋子の臭みが苦手な人も多いですよね。

「筋子をお土産としていただいたんだけど食べれなくて困っちゃった…」なんて経験ありませんか?

また、そうでなくてもイクラが好きな人からすれば、筋子はイクラの半額くらいで買えるので、筋子がイクラにできたら嬉しいですよね。

そこで、イクラ風筋子のつくり方をご紹介します!

  1. 筋子を熱湯につけます。(途中、筋子が白くなりますが、冷めると元に戻るので大丈夫です)
  2. 卵巣膜を取り除きます。(箸などで混ぜつつ、そっと取り除いてください)
  3. 醤油とみりんで味つけします。(筋子は最初から塩が効いてるので少量でも十分な味があります)

イクラと筋子はつくり方に加え、粒の大きさなども違います。

同じものにはなりませんが、筋子をバラすと臭みが減ります。

ちょっと生臭さが気になる人も、イクラっぽく食べることができます。

ただ・・・筋子ファンにとっては、大変もったいない話かもしれませんね。

まとめ

イクラや筋子は好みが大きく分かれる食べ物です。

筋子の独特のコクをこよなく愛する人もいますし、さっぱりとしたイクラをたっぷり食べるのが幸せという人もいます。

イクラの味付けにしても、素材の味が楽しめる薄目が良い、臭みが少ない濃いめが好き、旨味のある醤油、さっぱりした塩などそれぞれです。

筋子も最近では塩漬け醤油漬けの他に、味噌漬けや塩麹漬けなどもあります。

秋のイクラ・筋子は美味ですので、旬の時期にはぜひご堪能あれ!