セルフでも簡単素敵!オフィスでもOKな好感度UPシンプルネイルデザイン3つ

オフィスでのネイルどうしてますか?

指先のおしゃれは楽しみたいけど、派手になっちゃいそうでちょっと難しい・・・なんて思っている人も多いのではないでしょうか?

シンプルなデザインのネイルならちょっとしたポイントを抑えれば、オフィスでの好感度も高い素敵なネイルになります。

それに派手過ぎない自然な感じのネイルは指を綺麗に見せてくれる、究極のモテネイルなんです!

好感度UPのポイントと、初心者さんにもできる簡単なデザインをご紹介します。

オフィスでは短めネイルが好印象

オフィスネイルというと、気になるのは色やデザインですよね。

でも爪の長さってつい見落としがちではないでしょうか。爪を短めの長さに整えるのは、機能的な面を考えると一番重要なポイントです。

長い爪はキーボードを打つ時にも引っかかりますし、ちょっとした荷物を持つ時に割れてしまうこともあります。

長い爪は不衛生、派手、というイメージを持つ人もいるので、長さは短めにしましょう。10本の爪の先を同じ長さにして、先端を整えておくとさらに好印象です。

おしゃれを楽しみたい女子には爪を伸ばせないのは、ちょっと残念ですね。

でも短い爪に似合うデザインも沢山ありますし、清潔感もあり家庭的な印象の短めの爪は男性にも好評なんですよ。

ネイルカラーは肌に近い色が素敵

カラーは落ち着いたピンクやベージュがなどの肌に近い色を選びましょう。

肌の色に近いナチュラルなカラーは爪を飾るというよりは、自分の指を美しく見せてくれます。

逆にNGなのは青や緑、黒のような、肌と離れたカラーです。

インパクトのある個性的なカラーですが、どうしても塗ってますという不自然な感じがしてしまいます。

ピンクやベージュはベーシックで人気も高いカラーなので、マニキュアのラインナップも豊富、選ぶ楽しみがあるのも嬉しいですね。

マニキュアには透明感のある色と、透け感がない色があります。ちょっと派手目の色なら薄めに色がつく、透明感のあるお色がおすすめです。

ベージュのような落ちつた色なら、しっかり色づく透け感のないカラーが綺麗です。

パールの入ったマニキュアも、落ち着いたカラーでキラキラし過ぎなければ大丈夫です。

ただし、刷毛の跡が残りやすいので塗るのはちょっと難しいかもしれません。

アートはキラキラ感控えめで

爪を一色で塗っただけのごくシンプルな爪も素敵ですが、ちょっとしたアートを入れるとあか抜けたネイルになります。

あまりキラキラしない落ち着いたデザインのネイルアートを選びましょう。ネットでもオフィスネイルが沢山紹介されていますから、参考にするとわかりやすいでしょう。

まず簡単で綺麗なのはブリオンやストーン、ラメなどです。載せるだけでキラッと輝く爪にしてくれます。

ポイントはのせすぎないこと、指を動かすとキラキラ光るので塗っているときより意外と目立つこともあります。

同じように貼るだけで簡単なのはネイルシール、綺麗なものが沢山あります。

キャラクターなどは子供っぽくなってしまうのでなるべく避けて、色もベースと同系色や白を選ぶと落ち着いたデザインになります。

他にもフレンチやグラデーションもおすすめです。

爪の先端に貼るフレンチネイル用のシールもあり、自分では難しいフレンチも簡単にできます。

濃さの違う同色のマニキュアを3種類くらい使うと、マニキュアでもグラデーションができます。

マニキュアでできる!シンプルネイルをご紹介

セルフで簡単にできる、ヌーディなシンプルネイルを3つご紹介します。

最近はセルフジェルも流行っていますが、ここではマニキュアでできるデザインをご紹介します。マニキュアは道具も要らないし、すぐに落とせるのも魅力です。

クリアのストーンを載せるだけ、簡単シンプルネイル

 

kukoko💛さん(@ku_uko__nail)がシェアした投稿

ベージュのマニキュアを塗って、薬指の爪の根本に小さめのクリアストーンを5個くらい並べるだけの簡単ネイル。

ヌーディーなベージュが指を綺麗に見せてくれる、大人っぽいデザインです。

ストーンは様々な色がありますが、クリアはどんなベースカラーにも合い、上品な仕上がりになります。

根本に一列並べてもいいですし、根本の中心から小指側のサイドに向かって並べるのもおしゃれです。

もし何種類か大きさの違うストーンがあれば、両側に小さめ真ん中に大きめのものを使うとバランスが良くなります。

ひとつ残念なのは、ストーンはとても取れやすいこと。

ストーンの接着はトップコートではなく、ネイル用の接着剤を使うと少しだけ長持ちしますが、どうしても2~3日くらいでとれてしまうことが多いです。

ホワイトの花柄を控えめにのせた、お嬢様風シンプルネイル

 

オフィスでなじむように淡いピンクで! 花のモチーフシールでちょっぴり春を先取り気分で(笑)

2016年2月20日 14:48

 

薄いピンクのマニキュアを塗って、小指と人差し指に白い花のネイルシールを貼ります。

お花のシールは色んな大きさがありますが、シールの部分が爪の1/3くらいの面積なら派手になり過ぎません。

爪全体に散らしてもいいですし、左右どちらかに寄せるように貼っても素敵です。

ピンクは白が多めのローズピンクなどがおすすめ。清楚でお嬢様風の仕上がりになります。

お花のシールはなるべく薄目のものが、落ち着いた感じに仕上がるのでおすすめです。

3Dネイル風のものや、ラメがついているものなど、華やかなデザインなら貼る面積を減らして上品に仕上げましょう。

ネイルシールはストーンに比べて落ちにくいのが嬉しいですね。

シールも色々な種類がありますが、お花はベーシックなデザインでオフィスウケ、男性ウケが良いアイテムです。

細目フレンチでスタイリッシュなシンプルネイル

フレンチの部分がとっても細い、細目フレンチが流行中!

トレンド感もあり、指が細く見える嬉しいデザインです。

フレンチネイルを自分でするのは難しいのですが、先端をちょこっと塗るだけの細目フレンチなら工夫次第で綺麗にできます。

ピンクベージュのマニキュアを塗り、先端にはゴールドで細フレンチを入れます。

フレンチの太さは1mmくらい、この細さだとゴールドもキラキラ感少な目です。

爪の先端をなぞるような感じで塗れば、フレンチのラインをあまり気にしなくても大丈夫です。

さらにゴールドは少しくらいラインがガタガタしても、目立たないのでおすすめのカラーです。色のバリエーションも楽しめます。

クリアカラーの上にサーモンピンクのフレンチや、透明感のある薄い白のフレンチも上品に仕上がります。

まとめ

オフィスで好感度を上げるポイントは、「短めの爪」「ナチュラルカラー」「キラキラ控えめ」です。

その3つを抑えるだけで、書類を配る時にもつい見てしまうような綺麗なオフィスネイルが完成します。

マニキュアも透明感のあるナチュラルカラーなら、意外と綺麗に塗れるのでセルフネイル初心者の方も是非トライしてみてください。