これでカフェの注文に困らない!カフェオレとカフェラテの違い!

「カフェラテ、グランデで!」カフェなどでよく耳にする言葉です。

ここにカスタマイズを加えると、まるで何かの呪文のように長くなってしまう事も。

行き馴れていない私は注文に緊張してしまうので、いつもアイスカフェラテなのですが、スターバックスなのどカフェが主流になるまで「カフェラテ」よりも「カフェオレ」の方が多かった気がするのですが、カフェオレとカフェラテは違うものなのでしょうか?

カフェオレとカフェラテの違いは?

コーヒーにミルクと使用されている材料は同じですが「ここが違う!」という明確な違いはどこにあるのでしょうか?(※ここではホットコーヒーを例として取り上げています)

コーヒーの違い

使用されているコーヒーが違います。

  • カフェオレ:ドリップで抽出したコーヒーを使用しています。

ドリップ・コーヒーの特徴は酸味があり、苦みが少ない豆が使われています。

ここにミルクを加えた物をカフェオレと呼びます。

  • カフェラテ・専用の機械を使って抽出した濃いエスプレッソコーヒーを使用しています。

深煎りで酸味と苦みが少なく、濃ゆく抽出されるため「カフェインたっぷり」のイメージを持ちますが、旨味が多くカフェインも控えめです。

ここにミルクを加えた物をカフェラテと呼びます。

ミルクにも違い

コーヒーとあわせるミルクにも違いがあります。

  • カフェオレ・温めたミルクがそのまま使われています。
  • カフェラテ・日本では「アメリカ式」にスチームミルク(蒸気熱で温めたミルク)が使われます。

この他「イタリア式」のカフェラテはカフェオレ同様に温めたミルクが使われています。

カフェオレとは?

カフェラテよりも日本では馴染みのあるイメージのカフェオレ。

名前の由来やミルクの割合の定義などを紹介します。

由来は?

カフェオレ(cafe au lait)は、フランス語で、フランスで人気の高いコーヒーの飲み方の1つです。

cafe=コーヒー、lait=ミルクを指し、日本のどんぶり皿に似た持ち手のない「カフェ・ボウル」にたっぷり注がれます。

これは、朝のめざましに濃いコーヒーは胃の負担になるため、ミルクを加えて飲みやすくして、多く飲めるようにフランスではカフェなどでもカフェ・ボウルで提供されています。

作り方

いくつか方法がありますが、濃いコーヒーと熱いミルクを同量づつ、同時にボウルに注いで作る方法と、エスプレッソに同量のミルクを混ぜる方法があります。

日本では、これらを区別するために前者をフランス式に「カフェオレ」、後者をイタリア式に「カフェラッテ」と表す場合があります。

意外にきっちりとした区別があるんですね!

ミルクの割合

作り方の部分にも登場しましたが、カフェオレに入るコーヒーとミルクの割合はコーヒー50パーセント、ミルク50パーセントがベースですが、好みやカフェで割合が違います。

カフェラテとは?

カフェオレとの区別のために使われているイメージがありますが、実際は?

由来は?

カフェラテ(Caffe Latte)は、イタリア語で「コーヒー牛乳」という意味を持ちます。

イタリアではコーヒーとミルクが混ざっていればカフェラテと呼びますが、エスプレッソコーヒーにスチームミルクが加えられています。

イタリアのフィレンツェに現存する「カッフェ・スローリアン」がカフェラテの発祥のお店です。

作り方

マシーンで抽出されたエスプレッソコーヒーにスチームミルクを加えて作られています。

カフェラテの表面に小さな泡が出来るため「カプチーノ」と混同しがちで、泡立てたミルク(フォームミルク)を使っていると思われがちですが、小さな泡は「気泡」です。

少しややこしいのですが、エスプレッソコーヒーにスチームミルクとフォームミルクを両方加えた物が「カプチーノ」です。

ミルクの割合

由来にも登場しましたが、イタリアでは少しでもミルクが入っていればカフェラテと呼ばれるため、決まったコーヒーとミルクの割合はありません。

エスプレッソコーヒーを使っているため、コーヒーが濃く、飲みやすくするためにミルクを多くしてコーヒー20パーセント・ミルク80パーセントの割合の所が多いです。

他にもあります!似ているドリンク!

カフェオレとカフェラテの他にも似ているものがありますよね?

同じような気もするし、違う気も・・・次にカフェで注文する時の為に予習してみませんか?

コーヒー牛乳

カフェオレとカフェラテがコーヒーを主役にしているのに対し、コーヒー牛乳は「ミルクが主役」といえるドリンクです。

カフェオレとカフェラテのように明確な作り方はなく「自宅などでコーヒーをミルクで割る」というのが作り方ではないでしょうか?

割合を変えれば、カフェイン量も軽くなるので、10歳位のお子さんから楽しむ事ができます。

私も初めて飲んだ時は、少し大人になった気分がしました。

マキアート

「マキアート」とはイタリア語で「シミのついた」という意味です。

キャラメル・マキアートなども人気のドリンクの1つですが、カフェオレとカフェラテとは少し違う物でした。

カフェなどでは割合が色々ですが、本来は1杯のエスプレッソコーヒーに対し、フォームミルクをスプーン1杯程度加えたミルク分が少なく、キャラメルマキアートの場合は、ここにキャラメルソースで風味つけをした物です。

カフェモカ

エスプレッソコーヒーにミルクではなく、スキムミルクとチョコレートを加えて作られています。

「モカ」とは「モカ・コーヒー」の事で、モカの豆はチョコレートに似た風味があり、それに似せるためにチョコレートが加えられています。

コーヒーだけじゃない?他でも楽しめるラテ

コーヒーが苦手だったり、いつもと違う物を楽しみたい時にはコーヒー以外の物で作ったラテもオススメです!

ティーラテ

濃いめに入れた紅茶や抹茶にミルクを合わせたドリンクで、カフェなどでも人気です。

コーヒーが苦手な方や、お茶好きな方には嬉しいドリンクです。

フルーツラテ

果汁にミルクを合わせたドリンクです。

あまり聞き馴れないかもしれませんが「いちごミルク」や「フルーツ牛乳」がこれにあたります。

コンビニなどで見かけると、無性に飲みたくなる時がありますね!

まとめ

カフェオレとカフェラテやその他のドリンクは同じ材料から出来ているのに、こんなに違いがあるとは知りませんでしたね!

それぞれのカフェでの違いもある様なので、色んな所で飲み比べてみたくなります。

次こそは自分の好みのカスタマイズも見つけて、スマートに注文してみたいですね!