一体どっちなんだ!野菜と果物の違いがはっきりしないので調べてみた

子どもの頃、スイカは野菜だと聞いてそこそこの衝撃を受けた覚えがあります。

たしか小学校の先生が言っていたことだったと思うのですが、「地面にできるものは野菜、木にできるものが果物」というお話でした。

そのときはなるほどと思ったものですが、世間の荒波に揉まれてあの頃の純真さを失ってしまったわたしは、この話を思い出して「待てよ?」となりました。

「地面にできるものが野菜なら、イチゴやメロンも野菜になるの?」

感覚的にはそんなことないだろと思うのですが、考えてみれば野菜と果物の明確な違いってなんなのでしょう??ズバリ調べて見ました!!

辞書で調べた定義の違い

大辞林 第三版の解説を参考にしますと、

  • 果物:木や草につく果実で食べられるもの。狭義には木に生る果実をいうが、広義にはパイナップルやメロンも含める
  • 野菜:食用に育てた植物、青物

とまぁこんな感じになります。非常にざっくりしていますね。

ただ、これだけだとこの記事も「はい、終わり」ということになってまいますので、ハングリー精神あふれるわたしはもっとネットの奥深くまでダイブしてさらに調査してみました。

野菜or果物には様々な主張や見解が存在する

調べてみましたところ、実は「野菜か果物か、こうだったらこう」というような明確な定義というものは存在しないらしいのです。

例えば野菜の考え方について、

  • 農林水産省の見解:田畑に栽培されること。食用に供し得る草本性の植物。加工の程度の低いまま副食物として利用されるもの。草本性であること
  • 官公庁の見解:種をまいたあと1年で花を咲かせ、そのあとに枯れる1年草本類のこと
  • 植物学の見解:1年生の草本性植物

草本(そうほん)とは?

一般に草と呼ばれる、植物の型の一つ。木本(もくほん)に対応する概念で、木にならない植物を指す。

こんな具合に省庁や学問においても見解がそれぞれ分かれているのです。

農林水産省のホームページに行くと、次のような回答があります。

Q.野菜と果物の違いを教えてください。また、すいか、メロンは野菜、果物のどちらですか。

A.野菜と果物(果実)の分類については、はっきりした定義はありません。あるものを野菜に分類するか果物に分類するかは、国によっても違い、日本でも生産・流通・消費などの分野で分類の仕方が異なるものもあります。生産分野においては、一般的に次の特性を持つ植物が野菜とされています。

  1. 田畑に栽培されること(栽培されていない山菜などは野菜と区別することが多い)
  2. 副食物であること
  3. 加工を前提としないこと(こんにゃくのような加工を前提とするものは野菜としていない。漬物のように原料形質がはっきり残っているものや家庭における簡易加工は加工に含まない)
  4. 草本性であること

しかし、どの定義も確固たるものではありません。 また、農林水産省では、果実を、生産や出荷の統計をとる上で果樹として分類しています。この果樹は、木本性などの永年作物のことをいいます。なお、いちご、メロン、すいかなどは野菜に分類されますが、果実的な利用をすることから果実的野菜として扱っています。

参考:http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/yasai/yasai_teigi/

注目すべきは農林水産省が「はっきりした定義はありません。」と断言しているところですね。

野菜と果物の定義は国によっても変わってきますし、畑で栽培されて、トラックにゴトゴトと乗せられて、パックに詰められたり、料理に添えられて加工されて、私たちがあーんと食べて胃におさまるまでの間にもその分類がコロコロと変わることがあるというのもポイントのひとつです。

どれが納得?野菜と果物いろんな分け方

野菜と果物どちらで分けるかについての意見はたくさんあります。

まぁ国の機関がはっきりした定義はないって言っているので、そうなるのもある意味では当然かなと思います。

行政の区分としては「スイカ・メロン・トマト・イチゴ・パイナップル・バナナ」はすべて野菜となります。しかしトマトは野菜だけど、その他はぜんぶ果物じゃないの?と考えるひともきっと多いことでしょう。

色々な意見を見ていますと、それぞれ見解は違えど、どれも納得できる部分があったりするので面白いです。ここではそんな様々な意見・見解を紹介していきたいと思います。

収穫までの年数の違い

この意見は種を植えてから「一年」で収穫できるか「数年」で収穫できるか、その年数の違いによって野菜か果物かを分ける考え方です。

  • 野菜:種を蒔いてから一年以内に収穫ができる
  • 果物:種を蒔いてから収穫までに数年かかる

シンプルでわかりやすい意見かと思いますが、これだとメロンやイチゴなんかも野菜として分類されることになるので、気に入らない人は気に入らない意見かもしれません。

永年作物かどうか

永年作物とは「何年にもわたって植替えの必要がない作物」のことです。

この意見は「永年作物であれば果物」「違えば野菜」という考え方です。

例えばリンゴやナシやブドウといった樹木は毎年植え替えたりはしませんよね?

ちなみにこの考え方だと、イチゴは育った苗で何度も収穫できるので、植替えの必要のない「果物」に分類されます。

しかし、毎年同じ苗から収穫していると「連作障害(土壌の養分が不足したり、害虫がつきやすくなったり)」といった問題も発生するそうで、毎年植替えをする農家も多いそうです。そうなってくると、栽培方法によって野菜か果物かコロコロと変わってしまい、ちょっと分け方が曖昧になってしまいます。

食べ方による違い

料理するのが「野菜」、料理しないのが「果物」という考え方。

野菜なんかは煮たり焼いたり漬けたりと様々な調理方法がありますよね。

一方の果物は基本的に生のまま食べることが多いですよね。

そういう考え方で分けるのがこの意見です。

この場合はスイカやメロンなんかも果物になりますが、野菜は生で食べるのが一番!といった人や、果物だってジャムにしたりと料理するじゃないか!という論争が生まれてきそうな気もします。

食べる部分の違い

「実、根、葉、皮」といった色々な部分を食べるのが野菜。

「実」の部分しか食べないのが果物。

これは個人的にはお気に入りの、シンプルかつ納得できる部分も多い意見だと思います。

スイカやメロンはこの分け方だと果物になりますが、個人的にはあいつら野菜のフリして本当は果物だろと疑っていたので、わたしとしては納得です。

最後に

こんなふうに、明確な分け方の定義こそないものの、ひとによって様々な分け方のある野菜と果物でした。

わたしとしては、ここで重要なのは「定義が決まっていないからこそ、個人的な意見によってそのひとのセンスが問われるのではないか」という点です。

こんな話があります。

日本では野菜として扱われることの多いトマトですが、フランスではトマトは果物として扱うのが一般的だそうです。トマトについて他の国ではインドやペルーは野菜派が多く、アメリカや台湾では果物派が主流だそうです。

どちらが正しいということもないのですが、そこでこんな意見を見かけました。

「トマトが果物なら、トマトソースはジャムってことになってしまうね」

いやーセンスあるなぁと、正しいか正しくないかは別として、こんなん言われたら「あ、トマトは果物じゃないわ」ってなりません?

あなたもここにある意見を参考に、センスのある言い回しができるよう、野菜と果物の分け方について色々考えてみるのも面白いんじゃないでしょうか。

わたしは居酒屋でサラダがでてきたときのちょっとした小ネタ話として披露してみたいと思います。