ウインナーとソーセージの違いの決め手は腸と太さだって知ってました?

たまに頂き物をすることがあるじゃないですか。お中元とかお歳暮とか。

最近、頂いた物のなかでふと気になるものがありました。

「ウインナー&ソーセージ詰め合わせ」

考えてみればウインナーとソーセージって何が違うのでしょうか。

肉の種類?味付け?長さ?太さ?

どちらも同じ腸詰めの料理だと思うのですが、明確な違いってあるのでしょうか。

気になったのでズバリ調べてみました。

どいつもこいつも実はみーんなソーセージ!

タイトルの通り、調べたところズバリとわかりました。

腸詰め料理の総称が「ソーセージ」で、「ウインナー」はその中の一種です。

ソーセージというカテゴリーのなかにウインナーのほか「フランクフルトソーセージ」「ボロニアソーセージ」「魚肉ソーセージ」なんてものがあるわけですね。ちなみにウインナーは正しくは「ウインナーソーセージ」と呼ばれるそうです。

では次に、なぜ同じソーセージなのに呼び方に違いがあるのか、そこについて調べていきたいと思います。

二つの基準!詰める腸の違いと太さの違い!

ソーセージをどうカテゴライズするか、調べてみたところ二つの基準が存在しました。順番に見ていきましょう。

詰める腸による違い

  • ウインナーソーセージ:羊腸を使用したもの
  • フランクフルトソーセージ:豚腸を使用したもの
  • ボロニアソーセージ:牛腸を使用したもの

こんな感じで、何の腸に詰めるかによって呼び方の違いが生まれていたわけです。

しかし最近では動物の腸を使用するのではなく、人工的に加工した皮(ケーシングというそうです)に詰めるタイプのソーセージが数多く出回っています。

じゃあ上の基準だけじゃなんて呼べばいいかわかんないじゃん!

ということになってしまいますが、そこでもうひとつの基準が出てくるのです。

太さによる違い

  • ウインナーソーセージ:太さが20mm未満のもの
  • フランクフルトソーセージ:太さが20mm以上36mm未満のもの
  • ボロニアソーセージ:太さが36mm以上のもの

このように太さによっても呼び方が変わってきます。

動物の腸を使用しないソーセージが増えてきたため、農林水産省の定めた日本農林規格(JAS規格)によって、このように区分されています。

これは1950年に公布された「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」によって定められた規格なので、ソーセージの歴史からすると最近できた分け方になります。

腸と太さ、二つの違いをまとめて見るのが現代の主流

 

腸の種類

太さ

ウインナーソーセージ

羊腸

20mm未満

フランクフルトソーセージ

豚腸

20mm以上36mm未満

ボロニアソーセージ

牛腸

36mm以上

人工の皮(ケーシング)の登場により、腸の違いで呼び分けることが出来ない場合は太さによって呼び分けるのが現代の主流となっています。

ちなみにこの「太さ」がどうやって決められているのか?

これは「動物の腸を使用したときの平均的な太さ」によって決められています。

動物によって腸の大きさは当然違うので、必然的にソーセージの太さも何の動物の腸を使っているかで変わります。それを参考にしているのです。

チョリソーとか魚肉ソーセージはどうなるの?

この二つも同じソーセージの一種になりますが、使っている肉の違いで呼び方が異なります。

  • チョリソー:豚の刻み肉を使用している(普通のソーセージは挽肉を使用)。
  • 魚肉ソーセージ:豚肉や牛肉だけでなく、魚肉を使用している。

魚肉ソーセージはまんまですが、チョリソーは刻み肉を使用している場合のソーセージの呼び方となります。チョリソーと言えば辛いイメージがありますが、最初に日本に広く出回ったチョリソーがメキシコ産の辛い味付けのものだったというだけで、むしろ海外では辛くないチョリソーが一般的とのことです。

歴史や呼び方の由来ってあるの??

これはあまり違いとは関係ありませんが、せっかくのなのでそれぞれの特徴や由来を書いておきます。

ソーセージ

歴史の登場はかなり古く紀元前8世紀後半。

古代ギリシャの長編叙事詩オデュッセイアにて「山羊の胃袋に血と脂身を詰めた兵士の携行食」として登場したのが最初とされている。

ウインナーソーセージ オーストラリアのウィーンが発祥の地。ウインナーとは「オーストラリラの首都ウィーンの」という意味。
フランクフルトソーセージ ドイツの都市フランクフルトが名前の由来。本場のフランクフルトで使用する肉は豚肉のみとなっている。
ボロニアソーセージ イタリアの都市ボローニャ発祥のソーセージ。現地での正式名はモルタデッタ。大きいものは直径20cmほどあり、薄切りにしてハムのように食べる。
チョリソー スペイン・イベリア半島が発祥の地。16世紀の大航海時代にソーセージがスペインに伝わって独自に発展していったもの。
魚肉ソーセージ 日本発祥。1954年ビキニ環礁沖の水爆実験による水質汚染の懸念からマグロの価格が暴落。水産各社が余剰マグロを原料とした魚肉ソーセージの開発に力を入れ、それが流行していった。

最後に

朝食に、お弁当に、お酒のつまみにと大活躍のソーセージさんですが、色々と知ったことでこれからはよりいっそう仲良くできそうな気がします。

そういえばウインナーソーセージについて調べている過程でわかったのですが、わたし今まで「ウインナーコーヒー」のことをマジモンのウインナーが入っているコーヒーのことだと思っていました。こう、砂糖とミルクをウインナーでかき混ぜるみたいな、海外セレブとかやってそうじゃないですか。やってませんか。そうですか。

正しくはウインナーソーセージと同じく「ウィーン風のコーヒー」ってことだったんですね。冷蔵庫のウインナーに誤解していたことを謝りに行ってこようと思います。ではでは。