蚊取り線香は猫に大丈夫…?無害になる使い方を徹底調査

先日、子猫を描い始めた友人の家に遊びに行ったときの話です。

非常に蒸し暑い夜、六畳ほどの広さの部屋の中で蚊がプゥ〜ンとうっとうしく飛び回っていました。

蚊にムカついた友人は渦巻き型のキンチョーの蚊取り線香を取り出し、ボッと火をつけたのですが、ここでふと疑問が。

「子猫いるけど、蚊取り線香大丈夫なの?」

友人はハッとして慌てて蚊取り線香を消したのですが、蚊を野放しにしてると刺され放題ですし、かといって猫ちゃんが心配だし。。

そんなわけで、猫の世話で忙しくしている友人のためにがっつり調べたので、その時のことをまとめてみました。

ほっとくと猫も蚊に刺されて病気になることもあるので、愛すべき猫ちゃんを守るためにもしっかり対策を練っておきましょう。

蚊取り線香は使い方次第で「害」にも「無害」にもなる

蚊取り線香は猫に大丈夫なのかという話の結論を先にいうと、「使い方次第で害にも無害にもなる」という結論になります。

つまり、正しい使い方の知識を身につけておけば猫がいても蚊取り線香を使って大丈夫だということです。

どんな蚊取り線香なら大丈夫?

どんな蚊取り線香であれば害が少ないのかとういことを「成分」と「殺虫剤のタイプ」から見ていきましょう。

ピレトリンが使われている殺虫剤

殺虫剤の成分として「ピレトリン」が使われているものであれば人体や猫・犬などのペットには害がないとされています。

正しくいえば、少なからず身体に入り込むので多少の影響はあるのですが、ピレトリンが体内ですぐに分解され、尿として排出されるので、影響があっても抵抗力が上回り、害が出ないということになります。

ピレトリンというのは、植物の除虫菊に含まれる成分で昆虫・爬虫類・魚類には影響を与えますが、哺乳類・鳥類には安全な虫除け成分になります。

哺乳類・鳥類がピレトリンを体内で分解できるのに対し、昆虫・爬虫類・魚類はピレトリンを体内で分解することができないので、蚊に対しても殺虫効果があるわけですね。

この話の裏を返せば、猫や犬は飼っている人はピレトリンの蚊取り線香を使えば大丈夫だけど、カブトムシや熱帯魚を飼っている人は使わない方がいい、ということになります。

ピレスロイドが使われている殺虫剤

殺虫剤の成分として「ピレスロイド」というものもあり、こちらはピレトリンに似た化合物です。

こちらもピレトリンと同様に安全性が高い殺虫成分とされています。

ピレスロイドも昆虫には影響しますが、哺乳類・鳥類などの体内に入った場合はすぐに分解されて排出され、人体に対して安全性が高いということも証明されています。

また、ピレスロイドは動物の体内だけにかぎらず、光・空気・熱などに触れることでも分解されるため、他の殺虫剤よりも環境に優しいといった特徴もあります。

線香式・電池式の殺虫剤

殺虫剤には「線香式」「電池式」「スプレー式」といくつかのタイプがありますが、フマキラーにこれらのタイプによって影響に違いがあるのか?と問い合わせてみたところ、「哺乳類・乳幼児に対しても問題ない」とのことでした。

ただし、スプレー式の場合は使用時に噴射しすぎると、噴射液が壁や床などに溜まることもあるので、舐め癖がある猫や犬を飼っている場合には注意が必要です。

どんな使い方をすれば安全?

次に、どんな使い方をすれば安全なのかということを見ていきましょう。

アレルギーに注意

ピレトリンが安全性が高い成分だとしても、抵抗力がまだそんなに強くない赤ちゃんや子猫は大丈夫なのか?と思ったので、これについて今度はキンチョーに問い合わせてみたところ、「問題ない」とのことでした。

それどころか妊娠中、授乳中に使用しても胎児や赤ちゃんに影響はないので大丈夫とのことです。(キンチョーの公式HPにも載っています)

ただ、注意しておきたいのがピレトリンはアレルギー反応が起こることが確認されているという点です。

ピレトリンは植物の天然成分なので、この毒性が人や猫などに直積影響を及ぼすということはほぼないのですが、個人差によってアレルギー反応が出ることがあります。

そのため、煙に敏感であったり、喘息やアトピーがある場合は使い方に注意する必要があります。

使用時は十分な換気を行う

使用時は煙や殺虫成分が充満してしまわないように十分に換気して使うことがポイントになってきます。

蚊取り線香は密室であればその殺虫効果が高まりますが、空気が通らないところで使うと煙や殺虫成分が部屋に充満し、これらを吸い込みやすくなってしまいます。

そのため、蚊取り線香を使う際は十分に換気した状態で使いましょう。

これについてはキンチョー公式HPにも書かれています。

Q.ペットがいる部屋で使用できますか?

A.犬・猫・ハムスター・小鳥などのペットのいるお部屋でもご使用いただけます。ただし、十分に換気して使用して下さい。

参考:http://www.kincho.co.jp/seihin/qa/qa_uzumaki.html

蚊取り線香は手の届かない位置に置いておく

蚊取り線香を置く場所は、赤ちゃんやペットから極力離した位置で、なるべく手が届かない位置に設置するとより安全です。

そうすれば煙や殺虫成分を吸い込む可能性が減りますし、線香式であれば火種に触れてやけどするといった自体を避けることができます。

ちなみに、渦巻きタイプの蚊取り線香について、猫がどんな反応をするのかということを調べてみたのですが、ネットの情報を調べた限りではほとんどの猫が蚊取り線香に対して無関心なようです。

「クンクンするか様子を見てたけど、悲しいくらいスルーされる」という声も見られました。

ただ、好奇心旺盛な子だと興味を示す可能性もあるので、蚊取り線香から離れた位置に魅力的なおもちゃを用意しておくとか、そもそも蚊取り線香を触れる位置に置かないとか、こうした対策をしておくにこしたことはないでしょう。

蚊に刺されると猫は病気になる?

蚊取り線香が猫に対して大丈夫だということは見てきましたが、猫が蚊に刺されるとどうなるのかということはまだ見ていませんので、蚊に刺された猫がかかる病気についての知識も身につけておきましょう。

猫フィラリア

猫が蚊に刺されたときに一番、心配すべき病気は「猫フィラリア」です。

猫フィラリアは、猫10匹に1匹の割合で感染しているとの報告が上がっていて、症状が進行すると突然死することもあり、命に関わる重大の病気になります。

フィラリアは元々、犬の心臓に寄生する寄生虫として知られていましたが、近年では猫に感染することもわかっていて、予防接種の案内もよく見かけます。

猫はフィラリア本来の宿主ではないため、体内に大量のフィラリアが住み着くといったことは少ないのですが、このために犬と比べるとフィラリアに感染しているかどうかを調べるのが逆に難しく、気づかないうちに進行していたなんてこともあります。

猫は犬よりも心臓が小さいため、フィラリアに感染すると、犬よりも突然死などの重大なケースにつながる可能性があります。

フィラリアは心臓や肺動脈に寄生するのですが、これによって心臓や血管の壁が厚くなり、心臓への負担が増え、脈拍が早くなります。

そして寄生虫のフィラリアが体内で死ぬと、死んだフィラリアが血管に乗って流れて肺に運ばれ、今度は肺の血管詰まりを引き起こします。

こうなると猫が咳き込むようになったり、呼吸が荒くなってだんだんと様子がおかしくなっていきます。

もし、万が一これらの症状が見られるようになったら急いでペット病院に駆け込みましょう。

また、フィラリアに関しては予防薬を投与すれば高確率で予防できるようになるので、予防摂取をしておくと安心です。

蚊アレルギー

「蚊アレルギー」というのは、単純に蚊に刺されたことによるアレルギー反応を起こしてしまうという病気です。

蚊アレルギーは治療をしなくても冬になれば自然に治まる病気ですが、夏の間、猫は大変な思いをします。

また、蚊アレルギーによって重症になる猫も多く、蚊アレルギーの病気を持つ猫には黒猫が多いとも言われています。

猫は人間や犬に比べると蚊に刺されにくい動物ですが、毛が薄い耳、鼻、肉球などは狙われやすく、アレルギー反応を起こすとその場所にぶつぶつが出来たり、腫れだしたり、かゆくなってその場所をひっかくようになるので、ひっかき傷ができてボロボロになり、目も当てられないくらいかわいそうな状態になります。

症状がひどければステロイド注射や薬を内服したり、他には免疫抑制剤を使用して症状を緩和してあげることができます。

こちらは蚊に刺されることが直接の原因となるので、蚊にさされないように対策してあげることが予防につながってきます。

蚊取り線香の選び方

蚊に刺されることを予防してあげることで猫が病気になることを防げます。

ですので、夏場の蚊が出る時期には蚊取り線香を用意して虫刺されを防止してあげるといいでしょう。

蚊取り線香には「人間用」「ペット用」がありますが、この違いは認可証による違いくらいで、内容物の差はほとんどありません。

  • 人間用:厚生労働省
  • ペット用:農林水産省

そのため、蚊取り線香を選ぶさいには成分に注目しましょう。

人体や哺乳類のペットへの安全性が高いものは「ピレトリン」「ピレスロイド」になりますので、これらが使われているものを選ぶといいです。

おすすめの蚊取り線香線香は2つあります。

天然成分であるピレトリンがよければ「紀陽除虫菊 天然 蚊とり線香 夕顔」。

ピレスロイドでも問題があるわけではないので、蚊取り線香の定番とも言える「金鳥の渦巻 蚊取り線香」。

こちらがおすすめです。

Amazonレビューを参考に、この2つの蚊取り線香の違いを比較表にしてみたので、どちらを使うかの判断材料にお役立てください。

 蚊取り線香比較

効果

香り

煙の刺激

夕顔

金鳥の渦巻き

「夕顔」は薬品を添加せずに天然だけあって、線香の匂いは枯れ草を燃やしたような独特な匂いがします。

そのため、匂いが気になる人は気になるようですが、煙自体の刺激は少なく、長時間煙を浴びても喉がイガラッポくなりづらいようです。(※レビューを参考にしているので個人差があるものと考えられます)

「金鳥の渦巻き」は除虫菊成分や木粉などの植物性粉末をベースに刺激が少ないように作られているため、こちらに関しても煙を大量に吸わない限り、ほとんど刺激はありません。

また、自然ないい香りを醸し出すために天然原料へのこだわりを持っていて、レビューを見ても「香りがいい」というレビューが多くついています。

まとめ

猫がいる環境で蚊取り線香を使うのが大丈夫なのかどうか徹底的に調べてわかったのは、使い方次第で害にも無害にもなるということです。

正しく使えば猫や人に無害なピレトリンとピレスロイドの成分で作られた蚊取り線香を使うようにするといいでしょう。

蚊を放置しておくと刺されたことが原因で猫が病気になってしまうこともあるため、愛すべき猫ちゃんを守るためにも、蚊取り線香を用意していないのであれば、これをしっかり用意して病気にかからないように守ってあげましょう。