不倫と浮気の違いは?慰謝料を取れるのはどっち?

身近なひとには身近な話題で、縁のないひとにはとことん縁のない「不倫」や「浮気」の話題。

テレビのニュースなどで芸能人のそういった報道は定番ネタになっていますし、周りのひとから聞いた話や、実は自分が…などなど、誰でも一度は耳にしたことがある話題ではないでしょうか。

しかしよく耳にする話題とはいえ、不倫と浮気、その明確な違いとはなんなのでしょうか??

知らずにすむならそれが一番ですが、万が一のことを考えて、あるいは話のネタとして、様々な観点から調べて見ました。

国語としての「不倫」と「浮気」

言葉の意味を知りたいのなら、辞書を使えばいいじゃない。

というわけで調べてみました。

不倫

[名・形動]

道徳にはずれること。特に、男女関係で、人の道に背くこと。また、そのさま。「不倫な(の)恋」

浮気

[名・形動]

配偶者・婚約者などがありながら、他の異性に気がひかれ、関係をもつこと。「旅先で―する」

異性に心をひかれやすいこと。また、そのさま。多情。「―な人」

一つのことに集中できず心が変わりやすいこと。また、そのさま。移り気。「―な性分で何にでも手を出す」

goo辞書 国語辞書「不倫」「浮気」より

共通する点としては特定の男女関係がありながら、その他の異性と関係を持つといったところでしょうか。浮気のほうは人間関係だけでなく、広い意味で使われることもありますね。いつものお店じゃなくて他のお店に浮気する、とか。

不倫と浮気の一般的な使われ方の違い

週刊誌やニュースの報道で使われる不倫と浮気には、使われ方に明確な違いがあります。

  • 不倫:結婚している場合に使われる
  • 浮気:結婚していない場合に使われる

といった違いです。

浮気という言葉は個人によって様々な解釈が可能ですが、不倫という言葉を使う場合は結婚関係が前提となります。「恋人が浮気した」という使い方は正しいですが、「恋人が不倫した」という使い方は言葉として正しくないわけですね。

法律から見た不倫と浮気

不倫や浮気という言葉について回るのが慰謝料や離婚問題ですが、それらを争う法的な視点では不倫と浮気についてどういった解釈がなされているのでしょうか。

法律上、浮気や不倫といった用語はない

裁判でも扱われることもある浮気・不倫問題ですが、法律的には浮気、不倫といった用語はなく、すべて不貞行為として扱われます。

浮気とは民法上「特定の異性と不貞行為を繰り返すこと」を指し、それを行った人が結婚をしていた場合は不倫となります。

つまり法律的には「不倫・浮気」=「不貞行為」となるわけです。

その不貞行為の定義としては「配偶者以外の異性との性交渉やその類似行為」となります。注意点としては手をつないだりキスをしたりする行為は入っていないという点。不貞行為はあくまで肉体関係のことを指し、性交渉をしない限りは不貞行為として扱われないのです。

不貞行為がなければ法律としては問題ない?

結婚をした場合「貞操義務」というものが発生します。これは「ほかの異性と性的交渉を持たない」といったものです。つまり結婚をしているのに不貞行為を働いた場合、法律的にはアウトになります。

じゃあ不貞行為がなければ不倫や浮気をしていても法律的には問題はないのか?

答えはNOです。

不貞行為をしていなくても、裁判で離婚が成立するケースは充分にあります。

例えば他の相手に夢中で家庭を顧みなかったり、育児を手伝わなかったり、生活費を入れなかったりした場合、結婚生活を充分に遂行できないとして離婚が成立します。

法律的に浮気は犯罪なの?

結婚をしていると貞操義務が発生するため、不倫は犯罪行為となります。

しかし結婚をしていない未婚者の浮気は法律違反になりません。自由な恋愛をすることは個人の権利として認められているため、法律として問題になるケースは少ないようです。

不倫と浮気、慰謝料の請求は?

不倫や浮気にまつわる話としてよく聞くのが慰謝料の問題ですが、不倫の場合は慰謝料を請求することができます。しかし恋人関係の場合、パートナーが浮気をしても慰謝料を請求することができません。

そもそも慰謝料って?

慰謝料とは、

「生命・身体・自由・名誉・貞操などが不法に侵害された場合の、精神的損害に対する損害賠償金」

のことです。

これに該当するか否かによって、慰謝料が発生するかしないか決まるのです。

これを元にして考えた場合、下のようになります。

不倫 結婚によって法的に貞操義務が発生。上記の「不法に侵害された場合」に当てはまるため、慰謝料を請求できる。
浮気 自由恋愛の段階で貞操義務はなし。上記の「不法に侵害された場合」に当てはまらないため、慰謝料を請求できない。

ちなみに不倫をしていた当人だけでなく相手側にも婚姻関係を知ってい不貞行為を働いていた場合は、慰謝料を請求することができます。

浮気でも慰謝料を請求できる場合がある!

倫理的に問題はあっても法的な問題のない「浮気」ですが、場合によっては慰謝料が発生することもあります。その場合とは下のふたつです。

  • 婚約関係にあった場合
  • 内縁関係にあった場合

※内縁関係とは同棲期間が比較的長く、実質的に夫婦生活と変わらないような共同生活を送っている関係のこと。(基本的に三年以上の同居生活で法的に認められる)

これら二つの場合は法律上、夫婦と類似する関係として扱われるため、結婚していなくても慰謝料問題に発展する場合があります。

ちなみに離婚問題の慰謝料の相場は100~500万とされ、金額の決定には様々な要素が関わってきます。

  • 不貞行為の回数、期間
  • 精神的苦痛の程度
  • 不貞に至った経緯
  • 婚姻期間
  • 子どもの有無
  • 経済状況、職業、収入

などなど、これらの要素が関係してきます。

不倫と浮気について、違いのまとめ

  結婚関係 不法性 慰謝料

不倫

あり あり 発生する

浮気

なし なし

発生しない

(婚約・内縁関係の場合は発生する)

違いのまとめとしてはこんなところでしょうか。わりと明確な違いがありますが、共通するのはどちらも倫理的に大いに問題ありといったところですかね。

できればこの知識が一生無駄な知識となるような生活を送りたいものです。