ハロウィンの由来、起源は?なぜ魔女やお化けに仮装するのか?

ハロウィンのイメージ

10月31日は楽しいハロウィン1

「なんとなく楽しいイベントなんだろうな」ってことは雰囲気からわかるけど

一体、ハロウィンってなんのこと?

と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで! 今回の記事では、

ハロウィンはいつ、どこからやってきたのか?
なぜお化けや魔女といった怖いものに仮装するのか?

について触れていきます!
これを知れば、新たな面からハロウィンを楽しめる、ハロウィン通になれるかも!?

目次

  1. ハロウィンの起源
  2. ハロウィンの由来
  3. ハロウィンの語源
  4. ハロウィンでは、なぜお化けや魔女に仮装するのか?
  5. ハロウィンを楽しみましょう!

ハロウィンに関する知識を より深く知りたい方はこちらの記事もどうぞ

 → ハロウィンのトリックオアトリート!意味と由来を知って使いこなそう!

 → ハロウィンのジャックオーランタンってなに?実は由来となる伝承があった!

ハロウィンの起源

日本でよくイメージされている、お祭りのようなハロウィンは、アメリカから来ている慣習になります。

元々の起源は、中世時代のヨーロッパまでさかのぼります。
そのきっかけは、中世ヨーロッパの部族のひとつである、ケルト族の風習がはじまりとされています。

ケルト文化では、10月31日は一年の終わりの日で、収穫祭の日でもありました。

また、収穫祭であると共に、夜の時間が長くなることから悪い妖精や、魔女、霊がやってくる日ともされており、
作物や動物を捧げて、魔除けの火を焚くという風習がありました。

その後、このケルトの風習に古代ローマ文化がまじわり、さらにキリスト教が伝来し、
3つの文化が混ざり、形が変化していきました。

ハロウィンの由来

1600年代、3つの文化が混ざったハロウィンは、
スコットランド地方を中心に広く普及していました。

そこへ、1800年代初めに、 スコットランドからアメリカへ大量の移民がやってきました。

この頃から、アメリカでもハロウィンが広く定着するようになり、
1900年代初めには、アメリカ全土へ広がり、そのまま、世界中へ広がっていきました。

この間、アメリカではハロウィンが 商業的な習慣へと変化していました。
そして、商業的な側面が強い習慣として世界へ広まり、日本でも同じように、楽しいお祭りとして伝っています。

ハロウィンのかぼちゃ達

ハロウィンの語源

なぜハロウィンという名称で親しまれているのかですが、
カトリック教会で祝われる日に 「諸聖人の日」という日があります。

11月1日に行われるのですが、その呼び名が由来となっています。

11月1日に行われる
諸聖人の日 = All Hallows

その前日、10月31日に行われる
諸聖人の前夜祭 = All Hallows Eve All Hallows Eve

こちらが略され、なまった結果、Halloween(ハロウィン)という言葉で広まりました。

ハロウィンでは、なぜお化けや魔女に仮装するのか?

なぜ怖いものに仮装するのかですが、これはケルトの頃の名残になります。

ケルト文化では10月31日の夜に
悪い妖精、魔女、霊がやってくると考えられていました。

このときに、子供たちがさらわれたり、悪さをされないようにと子供にお化けや魔女の格好をさせ、
仲間だと思わせて悪さをされないようにしました。

また、火を焚いて魔除けをしていたのですが、
この名残がジャックオーランタンという、カボチャの中身をくりぬいたランタンにつながっています。

いろいろな表情のジャックオーランタン

ハロウィンを楽しみましょう!

ハロウィンの由来はいかがでしたでしょうか?

もともとは地方の文化であったものが、世界的に広がり、今の形になっています。

怖いものから身を守るため、怖いものに扮するとは考えていますよね。

今のお祭りのようなハロウィンは比較的、新しい文化です。

現在では、怖いもの以外にもアニメのキャラクターやヒーローに仮装したりと
仮装のバリエーションも増えています。

古くからの文化が形を変えて、現在に残っています。

こういうことを知ると同じモノでも、なんだか今までのと違っ 見えることありませんか?
こういったハロウィンの歴史的側面を知ることでより一層、ハロウィンを楽しんでいただけたら幸いです。