子供のプール熱は兄弟姉妹・大人にもうつります。対処法・予防法まとめ

暑い日が続き、保育園や幼稚園でもプールの時間が増えますね!

この時期に乳幼児を中心に流行する感染症があるのを知っていますか?

その通称が「プール熱」と言われている夏風邪です。

「プール熱なら園のプールが原因なの?」「どんな症状が出るの?」

気になる症状や園をお休みさせた方がいい期間、対処法や親子でできる予防法を紹介します!

プール熱はプールだけが原因ではない?

初夏から秋口に多い夏かぜの1種で、プールで感染する事があり、日本では「プール熱」と呼ばれています。

特に5歳以下の乳幼児が感染者の8割を占めています。

「園内でプール熱が流行しています!」なんて園からの、お便りを貰ってもいまいち分からない病気ですよね?

正式な病名と症状は?

プール熱の正式な病名は「咽頭結膜熱」と言い、アデノウイルスの中の3型が原因の多くを占めています。

症状は、病名にもある様に咽頭(のど)の痛みや目の充血を伴い、急な高熱が起こります。

小さいお子さんでは、熱性けいれんを起こす可能性もあり、その他にも下痢や腹痛、食欲不振を伴う場合もあります。

感染から5日~7日の潜伏期間があるため、症状はなくても潜伏期間中のお友達から感染してしまう事も。

これらの症状は発症後4日~5日続きます。

なぜプール熱と言われているの?

先にも言いましたが、プールの水を介して感染する事が多い事と、ピークを迎えるのがプールや水遊びが多くなる時期であることから、こう呼ばれています。

主にプールでは、消毒環境が整っていない、プール後のシャワーなどがきちんと浴びれていなどで感染します。

しかし、プールだけが感染経路ではないので、「プールに入らなければ防げる」という病気ではありません。

多くは、感染者の飛沫による手指からの接触感染やタオルなどの共有によって起こります。

潜伏期間も長いため、症状が出るまでに知らない内に飛沫を飛ばしている可能性もあります。

子供が感染!対処法は?

感染した場合の対処法を紹介します。

プール熱は大人でも感染してしまう事があり、お子さんの看病中にも注意が必要です!

そして、最近の傾向から夏だけの病気ではなくなって来ています!

「普通の風邪かな?」と思っても高熱が出たり、目の充血がみられたら受診しましょう!

現在は、感染源であるアデノウイルスを死滅させたり、抑える事ができる薬はありません。

それぞれの症状である「熱を下げる」「結膜炎の炎症を鎮める」などそれぞれの症状を和らげる「対症療法」が主な治療法となります。

高熱の症状はひどい場合は内科、充血や目ヤニがひどい場合は眼科の受診をオススメします。

どの位休園が必要なの?

プール熱は感染力が強いため、学校保健法という法律の中では「第2種伝染病」に指定されています。

園のお友達への感染を防ぎ、蔓延させないためにも園への連絡を忘れないようにしましょう!

普通の生活ができるようになれば登園・登校は可能ですが、目安としては熱などが下がり、主な症状が消えて2日後位と言われています。

兄弟・姉妹とも隔離を!

園のお友達への感染を気にしがちですが、もちろん兄弟・姉妹への感染にも注意が必要です。

感染力が強いので、可能ならば祖父母に預かってもらうなどが出来ればいいのですが、そうは行きません。

一緒の場所で過ごさない、食事などは別々に取るなどの対処で飛沫感染の可能性を防ぎます。

兄弟・姉妹に熱はなくても、食欲がない、目が赤いなどの変化があれば、用心のためにお休みする事も視野に入れておきましょう。

子供だけの病気じゃない?大人も注意を!

とにかく感染力の強い病気ですので、大人も注意が必要です。

特にお子さんの看病中は、排出される分泌物にいるウイルスが鼻や目の粘膜に入って来る事で感染します。

大人の症状は、発熱はしますが症状が軽く、その分、喉の痛みが酷く「激痛」といっても過言ではありません。

何かを飲み込むのも辛く、扁桃腺が膿んでしまう事もある厄介な症状がでます。

高齢者の場合は、呼吸器系の障害を起こしてしまう事もあるので特に注意が必要です。

夏特有の病気ではない

「プール熱」というとどうしても「夏の病気」と思いがちですが、1年中感染の可能性があります。

感染経路は同じくプールが多いのですが、スイミング・スクールや園のプールが室内で1年中楽しめるなど、年中泳げる環境が増えているからです。

日ごろから親子でできる予防法

目に見えないウイルスが原因ですから、日ごろから親子で感染予防を心がけましょう!

保育園・幼稚園では?

1番の感染経路ですから、特に予防に力を入れましょう。

自分用のハンカチを必ず持たせたり、手洗いうがいの習慣づけを徹底することで感染する確率を下げることができます。

タオルやハンカチの貸し借り、共有はできるだけしないようにします。

咳やくしゃみの時は飛沫を防ぐために手で押さえ、手を洗うなどを、お子さんに教えておきましょう。

家庭では?

外から持ち込んで家庭内に蔓延しないように全員で予防しましよう。

こちらも保育園・幼稚園のときと同じく、手洗いうがいの徹底、共有を避けることで感染率を下げることができます。

手洗いうがいは帰宅後だけでなく、トイレ後、食事前など「冬場の乾燥した時期」だけに限らず1年中行う事をおすすめします。

また、「一口ちょうだい」と食べ物を分けて貰ったり、食器や箸などの共有、洗面所で同じタオルを使うなどを思わずしてしまいます。

こちらも発症中だけでなく普段から注意しましょう。

プールでは?

プールの時は、使用前後にシャワーをきちんと浴びて身体の汚れを落とす。

ゴーグルを使用したり、プールに入ったとは洗眼を徹底する。

個人では限界があるので、園と各家庭との連携した取り組みが大切ですね!

まとめ

「名前は聞いた事あったけど」という方も、お子さんが保育園・幼稚園に通う様なると避けて通れない感染症の一つと言えそうです。

これまで子供特有の感染症というイメージでしたが大人にも感染するんですね!

プールを楽しみにしているお子さんも多いですから、家族全員プール熱でダウン!という事を防ぐためにも日ごろから予防を心掛けたいですね。