コミケに1人で突撃するとメチャ面白い!初参加で通常の100倍楽しむコツ

お盆や花火大会と並び日本の夏を代表するイベントになったコミケ。

この夏、思い切ってコミケに初参加してみませんか?

1人だから参加しようか迷っている…?

コミケは1人でも十分楽しめる場所ですよ!

そんなわけで今回はコミケに「初参加してみたいけど、1人だからどうしよう…」と迷っているあなたに、コミケを思う存分に楽しむコツを紹介します。

コミケはオタクを通り越し、日本を代表するイベントに

今や日本を代表する同人イベントになったコミケ、夏と冬の年二回で開催されています。

ニュースなどに登場する事もあり、世界規模で有名なイベント。

「名前は知ってる」という方も多いと思いますが、どんなイベントなのか知っていますか?

ここらでちょっと予習・復習といきましょう!

同人誌即売会

一言でいえば、同人誌を売買する即売会です。

同人誌の「同人」とは「同じ趣旨を持つ人」と言えます。

好きなアニメやゲームのキャラを登場させたマンガやグッズを作って、同じアニメやキャラが好きな人に読んでもらう(買ってもらう)というイメージが強いと思います。

現在では、アニメ・ゲームだけでなくオリジナル小説、アクセサリーや服なども販売されていて、雑貨を楽しみにしている人も。

そして、コスプレを楽しむイベントとしてとらえる人もいます。

歴史あるイベント

意外に歴史は古く、初開催は1975年の12月で40年以上の歴史があります。

今でこそ日本を代表するイベントですが、初開催時は来場者が700人位の小規模のものでした。

のちの「BL(BOYS LOVE)」の始まりである「やおい」というジャンルは、この頃からありました。

1980年代

キャプテン翼や聖闘士星矢などの「美少年アニメ」とよばれるアニメの人気から、女性参加者が増えました。

会場は参加者の規模に合わせ、色んな場所で開催されています。

1990年代

セーラームーンや対戦ゲームなどが人気ジャンルに。

エヴァが登場し、人気になったためコミケの認知度も上がり、現在の開催地である東京ビッグサイトで開かれるようになり、3日間開催が始まったのもこの頃です。

2000年代

「ひぐらしのなく頃に」「東方project」などの人気同人誌や同人ゲームなどが登場し、人気同人誌のキャラを使用した「同人誌の同人誌」がブームに。

この頃から同人誌だけでなくCD-ROMを使った「デジタル同人誌」やコスプレイヤーの写真集などが登場しています。

音系同人も登場し、現在メジャーで活躍しているアーティストもいます。

名称

イベントの正式名称が「コミックマーケット」と言い、これを略した物が「コミケ」です。

同人誌即売イベントを総して「コミケ」と認識している方も多いのですが、これは間違いです。

「全員で作る」がコミケの理念、だから1人でもいい

コミケでは参加する全ての人を「参加者」と呼びます。

これはコミケが「同人誌を中心とする、全ての表現者を許容し継続する事が目的の場である」ところから来ています。

大きく分けて6つの参加者に分けられます。

あなたはどのグループの参加者かな?

サークル参加

同人誌やグッズを作り、コミケで配布する人です。

最近は高校の漫研や大学のサークルなどでの参加も増えています。

屋号的な名前を付けて活動するサークルが多く、参加費を支払った上、抽選で参加が決まります。

企業参加

会場に設置された「企業スペース」に参加する団体や企業です。

過去にはNHKやサントリーなども参加しています。

自社のプロモーションを行う事が多く、自社製品を擬人化したキャラクターやコスプレをしたコンパニオンがいる事もあり、企業ブースを目的に参加する人もいます。

一般参加

各サークルなどが販売する同人誌やグッズなどの購入を目的とした参加者。

コスプレイヤーの撮影を目的とした人も一般参加に入ります。

委託参加

サークル参加の抽選に落ちたり、地方のために会場に来れないサークルの人が、他の参加サークルに販売物だけを置かせてもらう形で参加する事。

一般参加者として会場に来ている事もあるので、お気に入りの作品の作者さんに会場で会える事もあります。

コスプレ参加

コミケではコスプレで参加する人も「表現者」としています。

有料制で専用の更衣室があり、午前と午後で違うコスプレをする方も多いです。

露出や武器などの持ち物のサイズなどに規定があります。

スタッフ参加

準備スタッフも参加者になります。

無償のボランティアなのですが人気があります。

誰でもが出来るのではなく「準備集会」に何度か参加する義務があります。

会場の設営から撤収までの通日の参加が原則で「1日だけ」という参加はできません。

まずは一般参加をしてみよう!

6つグループを紹介してきましたが、ほとんどの人が初めての参加は一般参加だと思います。

おそらくこの記事を見ているあなたも、一般参加で考えているのではないでしょうか?

はじめての時って何をどうしたらいいのかわからないので少し心配ですよね。

そんなわけで、私が実際にイベントに参加した時に感じた、「ここは守っておけよ!」というルールや注意点、「これ神やわ〜。。」と思った便利な持ち物を紹介します!

コミケ参加のルール・注意点

自分自身も、周囲の参加者さんも気持ちよく楽しむために必要な注意点の紹介です。

楽しいコミケは、参加者がマナー、ルールを守ることで成り立ちます。

違反してしまうと、他の人から夜夢に出てくるんじゃないかと思うほど強烈な冷たい視線を浴びることになるので、楽しいコミケを台無しにしてしわないよう、ここでしっかり覚えておきましょう!

挨拶

どこの世界にいっても挨拶は基本ですが、コミケでも挨拶は基本的なマナーになります。

気持ちいい挨拶を心がけましょう!

え、人見知りだから挨拶できないって?

大丈夫ですよ!

私も最初は未知の空間だったので緊張してましたが、コミケに参加している方は気さくな方が多いので!

入場・移動・購入・トイレなど全てにおいて並ぶ事になります。

「追い越しや割り込みがなくて列がキレイだ!」「自国では考えられない!さすが日本!」と海外で話題になるマナーの良さです。

リュックは邪魔にならない様に前で持つ、スタッフの指示を聞くなどの最低限のマナーを守りましょう。

退屈な時間になりがちですが、スタッフの誘導中の話が面白い事もあるので耳を傾けてみて下さいね。

撮影

思わずスマホを取り出して会場内を撮影したり、コスプレイヤーさんを撮影したくなります。

が、販売会場での撮影は禁止ですので注意しましょう。

コスプレイヤーさん達も決められた場所でコスプレを楽しんでいて、コスプレゾーンでの撮影は可能です。

ここでパシャパシャしましょう。

「多くの人に囲まれているから自分も」といったノリで撮影すると「盗撮」になり、最悪、捕まります。

必ず「撮影いいですか?」と一声かける事がマナーです。

快く応じて下さる方が多いですが、ツイッターなどにアップする際も了承を貰いましょう。

写り込んでしまった方のお顔などは加工で隠す事をオススメします。

隠す加工も、今時はLINEカメラとか、snowとかのスマホアプリを使えば簡単にできますね。

極力持っていきたい持ち物

「何を持って行けばいいの?」と考えているうちに大荷物になる事もあります。

その荷物を持っての移動や買物は大変なので必要最低限での荷物を考えることをおすすめします。

小銭

何を忘れても小銭は忘れない様に。

購入の際に高額紙幣を出す事は「マナー違反」という方もいるほどです。

なんでかというと、釣銭が大変だからです。

釣銭不足になるサークルも多く、かつ、両替できる所もありません。

「コミケ行く前にコンビニのATMでちょっくらおろしてくるか〜」なんて感じで会場につくと、大きいお金が使えず痛い目にあうこともあるので、これには要注意です!

サブバッグ

戦利品(購入した物)や配布物を入れるのに便利です。

ポスターなどの大きな物や「THE!コミケ」といった感じの配布物をカモフラージュするのにも役立ちます。

帰りの電車とか、コミケ会場近くならまだいいのですが、コミケ会場から離れるにつれ、周囲からの目線が突き刺さることになります。

ハンカチ・タオル

列に並ぶ時、屋根のない所もあります。

快晴で日差しがサンサンだと、痛いくらい暑くなって汗もダラダラです。

なので、ハンカチやタオルを持っていくことをおすすめします。

レインコート

外で並んでるとき、急に雨が降ってきても傘は使えないので、荷物ごと入れることができるようなポンチョ型のレインコートあると、万が一のときも安心です。

帽子・着替え

先にも書きましたが、屋根がないところだと日差しがモロにくるため、帽子があると便利です。

また、コミケ会場は熱気がすさまじいことになっているので、一回りするだけでも汗ぐっしょりになったりします。

簡単な着替えを持っていけると吉ですね。

飲み物・栄養補給

水分補給のために飲み物を持っていくようにしましょう。

喉が渇くと一気に体力もっていかれちゃいますからね。

こまめな水分補給が大切です。

ちなみに、ドリンクはお茶よりもスポーツドリンクがおすすめです。

お茶だと利尿作用があるため、トイレが近くなっちゃいますので。

また、ちょっと小腹が空いたときのエネルギー補給物資として、カロリーメイトや、ウィダーインゼリーもおすすめです。

持っていくとかなり便利な持ち物

私が実際に使用して便利だった物を紹介します。

A4サイズ書類ケース

サークルや会場内で配布されるチラシには、読み捨てるには惜しくなる様なイラストが描かれています。

チラシを織り曲げずに持ち運べ、薄めの冊子や同人誌も折れやシワを防げてオススメです。

予備バッテリー

会場内は携帯電話は繋がりにくいのですが、コスプレイヤーさん達を撮影する内にスマホのバッテリーが無くなる事も!

これは非常に痛いですよね。。

また、写真撮影に夢中になって電池を使い切ってしまうと、帰宅経路を調べるのもしんどいことになるので、バッテリー切れには注意しましょう。

名刺

「仕事でもないのに名刺?」と思ったかもしれません。

一体、どんな使い方をするのかというと、会場などで知り合った方と連絡先を交換する際に使います。

名刺があるとスムーズなんですよね。

コスプレイヤーさん達も写真入りの物を持っている人が増えているので、お近づきになりたいコスプレイヤーさんに近づく秘密のアイテムとしても活躍します。(裏技です!)

ちなみに、名刺には本名や電話番号を書いている人は少なく、サークル名などが書かれていることが多いです。

その他にもコスプレイヤーならアーカイブ、イラストを描く人はピクシブのIDやツイッターのアカウントとハンドルネームなどです。

お友達になったり、お互いに撮った写真を交換したり、そんなときに大活躍です。

パソコンで簡単に作れますから、思い切って作ってみるといいですね。

知ってるとコミケ玄人として溶け込めるかもしれないコミケ用語

コミケには独特の言葉があります。

こうした言葉を使い、共通認識を高めているのでこれらの言葉を知っておけば会場でコミケ友だちができやすかったりします。

専門用語とまではいきませんが、同人用語があるので、覚えておくといいことあるかもしれません。

徹夜組・始発組

文字通りです。

人気ですぐ完売するサークルの同人誌などを手に入れるため徹夜組は開場を徹夜して待つ人達の事です。

ですがこれ、本来、禁止されている行為なのでやめましょう。

始発組は始発電車で会場に来て開場を待つ人達です。

シマ

ジャンルや作品別にサークルを配置した販売スペースを指します。

広い会場内を探し回らなくても同作品の同人誌などを選ぶ事ができます。

スケブ

スケッチブックの略です。

サークルの同人誌などを購入すると、その場でイラストを描いてくれる作家さんがいます。

一種の「ファンサービス」と言った感じでしょうか?

どのサークルでもという訳ではありませんが「スケブOK」などのPOPを出しているサークルの方にお願いしてみましょう。

落ちる

マンガの原稿が仕上がらずにコミケに出す予定だった同人誌が完成しない状態です。

「原稿が落ちる」といった使い方をします。

本当にギリギリで自分でコピーして作った同人誌などを当日の会場で製本している方もよく見かけます。

この様なバタバタした状態を「修羅場」と呼ぶのも同人用語です。

現場をみると魂を感じることでしょう。

1人コミケを100倍楽しむコツ!

実はコミケに1人で来場している人は多く、友達と来ていても一旦別れて単独行動を取る人もいます。

つまり、コミケは1人で十二分に楽しむことができるわけであって、ここでは1人だからこそできる、コミケを思う存分に楽しむ方法を紹介します!

まずは雰囲気を楽しむ

初参加でお目当てのサークルや作品がない時は、会場の雰囲気を楽しんでみてください。

午後頃に会場に到着すれば、比較的行列は緩和されています。

人気の商品は売り切れている事が多いですが、ここから気になるサークルなどを探すといいですね。

どのサークルが人気があって、どのサークルには閑古鳥がないていて…みたいなことを見ていくと意外と面白いです。

仲間を見つける

同じ列に並んでいるという事は、同じジャンルや作品が好きな方という事になります。

連絡先を交換まで行かなくても、その待ち時間だけでもお話しするのは楽しいです。

情報交換になったり、イベント会場でだけ会う知人も増えます。

話しかける勇気を持てばドンドン友だちができていくので、初参加のときに感じる新鮮さはまさにアドベンチャー。

人との出会いの多さに驚くことだと思います。

コスプレ参加

「コスプレ参加に挑戦してみたい…でも、1人だと無理でしょ!」

こんな場合はツイッターやコスプレのサイト等を利用してみましょう。

「○○キャラで1人で参加します」と連絡すると、会場で併せ(あわせ)のキャラを探している人が結構います。

会場などに同作品のキャラクターが勢ぞろいしているのを見かける事がありますが、その人たちも会場で併せとして集まった個人だったりします。

ここからレイヤー仲間が増える事もあるので、コスプレ参加すればみんなからの注目を浴びるわ、ユニークな友だちができるわで楽しいですよ。

お気に入りを見つける

ジャンルの中には「芸能人」「職業」という物もあり様々なタレントさんや職業、動物や乗り物など様々な物があります。

ジャンルでも、作品でもサークルでも何か一つ「お気に入り」を見つけると今後の参加も楽しくなりますね。

1つのジャンルや作品だけを集めた「オンリーイベント」が開催される事もあります。

まとめ

1人だと躊躇しがちなコミケですが、色々な楽しみ方があります。

友だちや仲間と一緒に行くとどうしても集団行動になるので、ちょっと気になるところがあってもフラッと立ち寄ることが難しかったり、「あとで待ち合わせね!」といって時間に縛られたスケジュールになりますが、1人だとそんな心配はないので、気が赴くままブラブラ歩いて心ゆくまで楽しむことができます。

1人で参加している人も多いので、同じ1人参加者同士ということで意気投合して友だちができたりしますし、運がよければひょんな出会いもあるかも・・・!?

2017年のコミックマーケット92は8月11日~13日までの3日間で開催されます。

アツい季節に、アツいイベント。

「コミケ会場は戦場」という方もいますが、そんな事はありません。

むしろ、友場(友情)なんじゃないでしょうか。

1人でも思う存分楽しめるので、「コミケ初参加で、1人でも大丈夫なんだろうか?」と迷っていたらぜひ突撃してみてくださいね!

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事