七夕で雨だと会えないは嘘!?7月7日が雨でも織姫と彦星は会えていた説

7月7日は七夕、1年に1度離れ離れになった恋人たちが再会できる日としてお天気が気になる日の1つです。

「笹飾りに短冊に書いた願い事を下げる」といったイメージの強い行事です。

七夕の行事が始まったのは?「雨だと2人は会えない」と言われていますが実際はどうなのでしょうか?

そして2人が会える確率は?過去の七夕当日のお天気のデータをみてみると意外な事がわかりました!

七夕はこんな行事

七夕の由来や現在の七夕が始まったのはいつ頃?

そして織姫と彦星が1年に1度しか会えなくなった原因は何か知っていますか?

五節句(ごせっく)の中の一つ

元々、七夕は古くから行われている禊(みそぎ)行事でした。

秋の豊作を願い人々の穢(けが)れを払うための五節句の一つでした。

この五節句には1月7日の春の七草(ななくさ)や5月5日の端午(たんご)の節句も含まれています。

こんな行事だった

乙女が織機で着物を織り、出来上がった着物を棚に供え秋の豊作を願う神事(しんじ)でした。

この着物を織る乙女の事を「棚織女」(たなばたつめ)と呼び、着物を織った機械を「棚織」(たなばた)と呼んでいました。

現在の「七夕」は当て字ですが、この着物を織る機械の名前が七夕の由来につながっています。

お盆を迎える準備の1つとして7月7日に行われるようになりました。

実は織姫と彦星は夫婦

織姫と彦星が1年に1回しか会えなくなったのにも理由があります。

現代風に言えば恋愛で周りが見えなくなった「バカップル」な部分が原因だったと言えるでしょう。

織姫は天帝(てんてい)という空の神様の娘でした。

天の川の西側で空の神様たちの着物を織る仕事をする天帝自慢の娘でした。

父である天帝は、自分の見た目に気を遣わず着物を織る織姫に似合う青年を探します。

そして天の川の東側で牛の世話をして畑仕事を真面目にこなす彦星を見つけました。

引き合わされた2人は仲良くなり結婚します。

2人は、これまで以上に仕事に精を出すはずでしたが、2人で過ごす時間が楽しすぎて働かなくなってしまいます。

これにより、織姫の着物を着ていた空の神様たちの着物はボロボロに、彦星の牛たちは病気になり畑は荒れ放題に。

怒った天帝により2人は天の川を挟んだ西と東に離されて会えなくなってしまいます。

「これで元のように真面目に働くだろう」と思った天帝ですが、2人とも悲しんで、ますます働かなくなりました。

天帝は「毎年7月7日の夜に会わせる」と約束をします。

この約束のおかげで2人は心を入れ替え七夕の夜を楽しみに仕事を頑張るようになりました。

これが七夕の伝説の詳細です。

雨が降ると会えない?

年に1度しか会えない2人ですが「雨だったら会えない」というのが一般的なようです。

7月7日は梅雨時なので雨が降ることも多いのですが・・・

実は、7月7日雨が降っても織姫と彦星は会えていた可能性があったのです。

7月7日は雨の事が多い?会える確率は低い?

七夕の夜が雨だと「天の川の水かさが増えて、天の川に架かる橋を渡る事ができない」という理由で会えないとされています。

実際、七夕当日に2人が会えた確率が気になりますね。

過去の天気は気象庁のデータベースで簡単に知る事ができますので、過去10年間(2007年~2016年)の天気を調べました。

(※「晴れたら会える」のため曇りは除く、7月7日の東京都(18時~翌6時)の天気で検索)

2007年 曇り(×)、2008年 曇り(×)、2009年 曇り時々晴れ(○)、2010年 曇り時々晴れ(○)、2011年 曇りのち雨(×)、2012年 雨時々曇り、2013年 晴れ(○)、2014年 晴れ時々曇り(○)、2015年 曇りのち雨(×)、2016年 曇り(×)

過去のデータでみると4/10回しか会えていない事になり、会えない確率が高いことが分かります。

7月7日に降る雨の事を「催涙雨」(さいるいう)と呼ばれ、この雨は「彦星に会えなかった織姫が流した涙が雨になったもの」だと言われています。

日本では、まだ梅雨明けしていない時期ですから仕方ありませんが、天帝は会わせたくなくて7月7日をえらんだのでしょうか?

実は高確率で会えている?

「会えない事が多いのはかわいそう」と思う方も多いと思います。

現在の七夕(7月7日)は太陽の公転を基にした「新暦」です。

七夕の行事が伝わった頃は、月の満ち欠けを基にした「旧暦」が使われていました。

この旧暦での七夕は、現在と1か月程度の誤差があります。

盛岡や仙台で行われる有名な七夕まつりが8月に開催されているもの、この旧暦が基になっているからですね。

同じく気象庁のデータベースで8月7日の過去10年間(2007年~2016年)の天気を調べてみると、雨が降ったのは2009年と2011年の2回だけでした。

8/10の高確率で会えている事になります。

織姫は天帝の娘ですから、かわいい娘の為に晴れやすい日を選んだとも考えられそうです。

晴れたら夜空をみてみよう!

七夕当日の夜、晴れていて星が見えるなら織姫と彦星を探してみませんか?

織姫は、こと座の「ベガ」と呼ばれる星で、彦星は、わし座の「アルタイル」と呼ばれる星です。

晴れていれば、夜9時頃の東の空に東京でも肉眼で見つける事ができます。

この2つの星に白鳥座の「デネブ」を加えた3つで「夏の大三角形」を形成しています。

1等星の明るい星なので探してみて下さいね。

願い事をしてみよう

笹飾りに揺れるカラフルな願い事の短冊。

実際に願い事を書いたことがある方も多いと思います。

この短冊の色、何色あるか知っていますか?見た目が綺麗だからカラフルという訳ではありません。

そして、思わず笑ってしまう様な願い事の短冊を集めてみました。

短冊の色には意味が込められている

「笹の葉さらさら・・・」から始まる童謡「たなばたさま」(作詞 権藤はなよ/林柳波・作曲 下総皖一)の中にも登場します。

「五色の短冊 わたしが書いた・・・」と短冊には5色あります。

この5色はそれぞれが自然の特徴を表す「五行」(ごぎょう)から来ています。

それぞれに、どんな意味が込められているか知っていますか?

炎を表す「火行」を意味しています。

「仁」を表す色でもあり「元気で過ごしたい」などの明るい願い事がよいと言われています。

木々の緑(青)を表す「木行」を意味しています。

「礼」を表す色でもあり「速く走れるようになる」などの自分の成長を願うとよいと言われています。

大地を表す「土行」を意味しています。

「信」を表す色でもあり「家族で仲良く暮らす」などの人を信じ大切にするための願い事を書きます。

恋愛に関する願い事も黄色の短冊がいいですね。

大地にある金属を合わす「金行」を意味しています。

「義」を表す色でもあり「禁煙成功」などの自分自身の決まり事を守るための願い事を書きます。

黒(紫)

命を育む事を表す「水行」を意味しています。

「智」を表す色でもあり「大学に合格する」などの学業に関する願い事を書くとよいと言われています。

願いが叶う?短冊を書く時のコツ

短冊の色に合った願い事を書く時「言い切り」で書きます。

「○○になりたい」ではなく「○○になる」と言った感じです。

そして1番大切な事を知っていますか?

それは「願うだけ」ではなく「努力」をする事です。

ネットで見かけた面白い願い事

自宅で七夕飾りを飾る事は難しいですが、ショッピングモールなどには大きな七夕飾りが登場します。

その中には、思わず2度見してしまう様な短冊があります。

ツイッターなどで見つけた面白い短冊、子供の書いた可愛らしい短冊を集めてみました。

子供の書いた短冊

思わず応援したくなる願い事から、びっくりしてしまう願い事まで子供が書いた願い事にも面白い物がたくさんあります。

将来の夢

戦隊物のヒーローになりたいなどの願い事を見かける事はありますが、ガンダムの速さだけ?

トカゲ欲しいですか?

将来の夢がスパイ?

切実すぎる願い事?

お兄さんは何をしたんでしょうか?

ある意味切実な願い事かもしれません。

キチンと叶っていると良いのですが。

大人が書いた短冊

子供の願い事とは違い、腹黒かったり、邪だったり、クオリティの高いものまで様々です。

内定欲しい

就職活動中の学生さんのほとんどがお願いしたい願い事かもしれませんね。

自分で叶えるしかなさそうです。

その後が気になります

大人の事情も神様は叶えてくれるのでしょうか?

その後の展開が気になります。

このクオリティーがあれば・・・

「単位」という文字を紙を切り抜きして作っているのですが、これを作るだけのクオリティーと集中力があれば単位くらい簡単に取れるのでは・・・?

と思わずにいられない芸術っぷりです。

まとめ

雨が多く織姫と彦星が会えない事が多いイメージが多かった七夕ですが、きちんと会えている事が分かりました。

七夕の夜が晴れたら、ぜひ織姫と彦星の星を探してみてくださいね!

今年の七夕の願い事の短冊にも思わず2度見してしまいそうな物が見つかりそうですね。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事