日本で一番早く海開きするのは沖縄ではなかった!海開きの条件とは?

夏日が続きデパートなどには水着売り場も登場しています。

海開きが待ち遠しく海へのお出かけの計画を立てている方もいるのではないでしょうか?

では、日本で一番早く海開きをする場所や、海開きを迎えられる海水浴場はどんな所なのでしょうか?

実は、気温や水温だけで決まるのではないんです!

意外に知られていない海開きについて紹介します。

スポンサーリンク

日本で一番早く海開きするのは沖縄ではない

毎年「沖縄で海開きがあり海水浴シーズンを迎えました」とニュースなどで見かけることがあり「もう泳げるの?まだ桜も咲いてないのに」なんて思ってしまいます。

実は沖縄より早く海開きを行う所があるんです!

それは小笠原諸島(東京都)に位置する父島で、毎年1月1日に海開きが行われています。(現在ではお隣の母島でも同日に行われています)

「そんなに早く泳げるなんて沖縄より暖かいの?」と思ってしまいますね。

父島の1月の平均気温は20℃前後なので海水浴に適した温度ではなく、地元の方も長袖を着ている時期でした。

そんな肌寒い時期のどうして?と思いますよね?

実は、観光協会などのイベントの一環としてこの日に行われ、初泳ぎの証明書の発行やウミガメの放流などで盛り上げています。

毎年4000人以上が参加し一番早い初泳ぎを楽しむ日なのですが、父島の海水浴ベストシーズンは5月からです。

それでも十分早くから楽しめるようです。

海開きされるのはいつ頃?

沖縄より先に海開きを迎えるのが東京都だったとは驚きですね。
では、その他の地域では、いつ頃に海開きを迎えるのでしょうか?

決まった日にちはない

「海の日」の様に決まった日にちはありませんでした。

毎年、父島以外の地域では沖縄を皮切りに北上していきます。

沖縄では3月1日に海開きになる事が多く、10月末頃まで海水浴が楽しめます。

その他の地域では6月下旬から7月上旬までの週末に行う場所が多いです。

中でも、サーファーさんにも人気のある神奈川県の逗子海水浴場は首都圏で一足早い2017年は6月23日(予定)に海開きを迎えます。

遠浅のビーチで、海の家やグッズのレンタル店などが充実した人気の海水浴場なので待ち遠しい方も多いことでしょう。

一番遅いのは・・・

沖縄から北上していくので、やはり一番遅く海水浴シーズンを迎えるのは北海道で7月下旬が多いようです。

気温などの影響で北海道の海水浴シーズンは短く8月中旬頃までです。

スポンサーリンク

海開きされる条件

海開きの日を迎えるまでには様々な検査や作業が行われています。

これらをクリアした上で海開きが行われ海水浴が可能になります。

水質検査

100mlの海水の中に含まれる大腸菌の数、油膜の有無、COD(科学的酸素要求量)、ふん便性、O-157菌、海水の透明度などの項目で検査が行われています。

水温

海水浴が可能とされている水温は22℃以上です。

これ以下の水温だと人体の生理機能が4割ほど低下してしまい、足をつりやすくなったり、溺れたりの危険が増すと言われています。

防護ネット

海水浴客をサメから守るためのネットが張られます。

「浅い所にサメなんて」と思うかもしれませんが、過去には遊泳中の方がサメに襲われてしまう事故も起こっています。

遊泳禁止の場所には立ち入らない様にしましょう。

監視員・ライフセーバーの配置

危険行為などが起きない様に監視する監視員さん、波にさらわれ戻れなくなった人や溺れた人を救助できるライフセーバーさんを配置する事も必要です。

清掃

砂浜などに流れ着いた流木やゴミ、砂浜に落ちているガラス片などの危険な物を取り除く作業が行われます。
この他にもシャワーやトイレ、駐車場の整備などもあります。

海開き当日の豆知識

上記の様な検査や作業を終えた海水浴場の海開き当日にはどんな事が行われるか知っていますか?

絶対に行わなければならないという決まりはありませんが、海水浴シーズン中の無事故や多くの来場者が来る事等を祈る祈願祭が行われる所が多く、最近ではイベントや催を行う所が増加しています。

海開き前の海は泳げるの?

結果からいうと泳いでも問題はありません。
真冬でもサーフィンなどを楽しんでいる方も多いですね。

ただし、海水浴シーズン以外の時期には、万が一溺れた時に助けてくれるライフセーバーさんはいませんし、サメなどの侵入から守ってくれる防護ネットもなく、砂浜の清掃はされていません。

海水が基準を満たしていない水質の場合もあります。

完全な自己責任であれば、海開き前でも海水浴シーズンの後でも泳ぐことは可能です。

まとめ

これまで、暑くなって水温の上昇があれば海開きが行われると思っていました。

こんなに多くの項目の検査をしていたんですね。

そして、日本で一番に海水浴を楽しめるのが、沖縄県ではなく東京都という事にビックリしました。

これから海水浴の予定を立てられる方は、事故や日焼けに注意して楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

あなたにおすすめな記事