SPFとPAとは?小さな子供がいるママのための日焼け止めの選び方

本格的な行楽シーズンの到来です。

この時期から一気に紫外線量も多くなります。

大人より皮膚が薄くて柔らかい子どもさんの日焼け対策も毎年、きちんと出来ていますか?

今回は、生活レベルに合わせた日焼け止めの選び方、ついつい忘れがちな部分のケアなどを紹介します。

日焼け止めを見てみよう

いつも何気なく日焼け止めを選んでいませんか?

パッケージを見てください「SPF」や「PA」の表示がありませんか?

日焼け止めを選ぶ上で大切な表示なんです!この「SPF」と「PA」について紹介します。

SPF値とは?

パッケージや容器に必ず表記されている「SPF」。

Sun Protection Facter(サン プロテクション ファクター)の略です。

太陽光の中に含まれる「紫外線B波」に照射された何も塗っていない肌が、赤くなるまでの時間を測った値です。

この紫外線B波は「肌を赤くして火傷のようにヒリヒリさせる紫外線」といった所でしょうか。

「SPF1=20分」なので日焼け止めに「SPF20」と表示されていたら20(分)×20(SPF)で400となります。

こちらを時間に換算すると6時間半ほど紫外線B波から肌を守り、赤くなるのを防ぐ効果があるという事になります。

この事から、SPF値が高い方が長時間、紫外線B波から受ける影響を防御する時間が長いのです。

PA値とは?

こちらもパッケージや容器に必ず表記されている「PA」。

Protection gread of uv-A(プロレクション ガード オブ ユーブイ-エー)の略です。

太陽光の中に含まれる「紫外線A波」に照射された肌が2~4時間後に影響を受け、どの位黒くなるかを測った値です。

「紫外線A波」は「日焼け後に肌を黒くする紫外線」となり、肌の真皮に入り込んでダメージを与えます。

パッケージなどには「PA+」「PA++」などで表示され「+」の数が多い方が効果が高くなります。

「PA+」=紫外線防御効果あり、生活紫外線の対策に有効。

「PA++」=紫外線防御効果かなりあり、屋外活動時の紫外線対策に有効。

「PA+++」=紫外線防御効果非常にあり、長時間の屋外活動時の紫外線対策に有効と、レベル分けされています。

日焼け止めの使い分けで正しいケアを!

SPFやPAの数値が大きい方が紫外線を防ぐ効果が高いという事が分かったと思います。

しかし「絶対に焼きたくないから!」と何をする時でも効果の高い物を使うのは、肌への負担が大きく、ボディーソープなどで簡単に落とせない物もあり、肌トラブルの原因にもなってしまう事も。

負担を考えて、目的に合った物を選びましょう。

日常生活

通勤や買物などの日常生活、散歩などでの外出ならば、SPF10~20、PAは「+」で十分な対策が可能です。

この位の値は、化粧下地やオールインワンジェル、ファンデーションに含まれている物も多くみかけると思います。

これらも利用して上手に紫外線対策をしたいですね。

ただし、どのレベルの日焼け止めを使用する時にも言えるのですが、洗顔や肌ケアを済ませたら出かける30分位前に塗っておきます。

薄くなり過ぎないようにムラなく均一に伸ばす事で、肌にしっかりなじみます。

レジャー・屋外活動

旅行などで長時間屋外にいる時には両数値とも高めの物を選びます。

SPF25~50、PAは「++」位がオススメです。

炎天下での外出はこまめに塗り直し、特に鼻や頬は念入りにケアします。

そして意外に塗り忘れる場所に耳の周りや額があります。

普段は髪で隠れている場所なのでおろそかになりがちです。

髪をアップにする事もあると思いますので、忘れずにチェックして、日傘や帽子を併用するのもオススメです。

子供の紫外線対策も忘れずに!

成長期のお子さんには日光浴も大切なのですが1日に15分位で十分なのだそうです。

お天気だと外で遊ぶ機会も増えますから、お子さんの紫外線対策も忘れずに。

だからと言って、お母さんたち大人用の日焼け止めは、お子さんの肌には刺激が強すぎてしまうこともあります。

お子さんには紫外線吸収剤などの入っていないノンケミカルで、専用のクレンジング剤のいらない優しい物を選びます。

敏感肌の悩みを持つ大人の方にも優しいと人気の子供用日焼け止めも多く販売されています。

そして、水遊びやプールなどを楽しむ時には、ラッシュガードを着用するなどして日焼け対策をします。

紫外線が多い外国などでは、子供への紫外線対策が義務化されている所がある位、子供の頃からの紫外線対策が重要視されています。

ここも忘れずに紫外線対策!

紫外線対策が必要なのは、体や顔だけではなく、肌以外にも紫外線の影響を受けやすい所があるんです!

そこが日焼けする事で肌に影響を及ぼす部分もあるので、しっかり対策しましょう。

唇は他の部分より皮膚が薄く、紫外線のダメージを受けやすい部分です。

メラニンなどは少ないのですが、紫外線の影響で、乾燥やひび割れが起こりやすくなります。

縦てシワが深くなり、カサカサや皮むけの原因につながり、冬場の乾燥でけでなく紫外線に対するケアも必要なパーツです。

日焼け止めは顔・体用ではなくUVカット効果のあるリップクリームを使用しましょう。

使い心地は通常のリップクリームと変わりませんし、口紅の下地として使える物や色つきを楽しめる物もあります。

飲食などで落ちやすい場所なので、こまめに塗り直します。

実は、瞳も日焼けしてしまうんです。

肌の日焼けとは違い、白目の部分が焼けて黒くなるとかではありません。

乾燥や充血、異物感などの症状の他に、角膜炎や白内障などの眼病も紫外線が原因になってしまう事もあります。

そして不思議な事に、瞳が日焼けすると肌も日焼けしてしまうんです。

これは、角膜が紫外線を感じると脳から「メラニンを作って肌を紫外線から守れ!」という指令が出されるからです。

瞳に塗れる日焼け止めはありませんので、サングラスでのガードが必要です。

UV効果のあるサングラスであれば、レンズは黒でなくても効果は変わらないので、おしゃれも楽しめそうですね。

髪の毛

身体の中で一番太陽に近く、紫外線を多く浴びている部分かもしれないのが髪の毛です。

シャンプーや化粧品のメーカーであるP&Gのデータによると、髪が受ける紫外線量は肌の3倍ともいわれています。

パサつきやカラーの退色、頭皮の乾燥など髪や頭皮のダメージは、うっかり浴びた紫外線の原因になっている事も。

髪や頭皮にも忘れずに紫外線対策をしてあげましょう。

UVカットスプレーを使えば、均一に塗布でき、ヘアセットをした後の髪にも使えます。

髪でけでなく全身に使えるスプレーが多いので、忘れてしまいがちな、うなじ、二の腕などと一緒にケア出来ますね。

ほんのり優しい香りが楽しめる物も人気です。

そして、シャンプー後には、洗い流さないタイプのヘアオイルなどで潤いを与えて、紫外線ダメージをケアしてパサつきを防ぎましょう。

まとめ

昔はよく「紫外線を防ぐには白い服を着るといい」と言われていました。

しかし最近では、白より黒が紫外線対策に使われています。

「黒は光を集めるから」と避けられていたのですが、白の方が紫外線を透過させ肌に影響させると分かったからなんです。

確かに、日傘やUV対策用の帽子などは黒色の物が多いですね。

肌が赤くなる、黒くなるという影響だけでなく、シミやシワ、皮膚がんにつながる事もある紫外線。

SPFやPAで自分に合った効果のある物を選んで、しっかり紫外線対策をして楽しみましょう。