ティントコスメは7日間落ちない!?ティントとは何なのか?

落ちにくくて7日間ほど効果が続くと話題のコスメを知っていますか?

本当に落ちないの?肌には優しいの?そんな疑問から、落ちない原理などを紹介します。

特に眉毛の悩みのある方は必見です!

ティントコスメ

いろんなブランドから発売されているティントコスメの人気はどこから来たのでしょう?

現在はリップとアイブロウ(眉ずみ)の2点がメインです。

韓国コスメ

ティントコスメはBBクリームやパウダーリップなど日本でも愛用者が多い美容大国の韓国コスメから人気になりました。

人気の「オルチャン・メイク」にも欠かせないコスメです。

現在では、韓国のブランドだけでなく、プチプラコスメの王様CAN MAKE(キャンメイク)やセザンヌをはじめイブ・サンローランやシュウ・ウエムラなどのハイ・ブランドからも発表されています。

ティントってどんな意味?

ティントコスメの「ティント」にはどんな意味があるのでしょうか?

これは英語の「tint(ティント)」から来ています。

「染める」という意味を持ち、通常のグロスや口紅が唇に色を乗せているのに対し、ティントコスメは肌の角質層に浸透することで、肌を「染めて」発色させます。

色持ちはどの位?

上記のように肌に浸透するため、色持ちがよく、こすれても落ちにくいのです。

リップの場合は、製品や飲食の回数によって差はありますが、半日位です。

唇に乗せると10分位で浸透して発色します。

アイブロウの場合はどの製品も7日間位の色持ちを示していますが、書き足しなどをせずにいられるのは5日位です。

眉に悩みのある女性にとっては5日間でも嬉しいですね。

ただし、リップとは違い多少、準備に時間がかかり色を乗せた後は、完全に乾き色が定着するまでの放置時間が必要です。

時間的には2時間から4時間、中には「就寝前に使用して朝剥がす」という方もいます。

しかし、使用中は誰にも見せたくない様な笑える姿で過ごす事になりなす。

芸人のイモトアヤコさんや平野ノラさん風と言えば分かりやすいでしょうか?

ティントコスメのメリット

では、落ちない理由が分かった所で、他にもあるティントコスメのメリットを紹介します。

ティントリップのメリット

ティントリップの嬉しいメリットは落ちにくい事の他にもあります。

特にクチコミ多いメリットを3点紹介します。

1.さらりとした使用感

液の粘度が高く「ベタベタして使いにくそう」と思う方もいると思いますが、ティントリップの液は意外にサラサラしています。

グロスなどのようにツヤツヤに「塗る」というより「しみ込ませる」感じです。

そしてティントリップの魅力の1つに唇の水分などに反応して発色が変わる事があります。

浸透が完了すれば血色のよい自然な唇の完成です。

2.1本でグラデーションが作れる

通常ならリップライナーを使い、何色かのリップが必要なグラデーションが1本で作れます。

2度、3度と重ね、部分的にも重ねる事で立体的な濃淡や中央に向けて濃くするなどのグラデーションも作る事ができます。

3.化粧直しのペース

長時間の色持ち、色移りも少ないのでカップやストローはもちろん、歯にうっかりついてしまう事もありません。

1日に3~4回は必要だったリップ直しは半分くらいに減らせます。

これは時間の短縮と唇への負担も減らせます。

ティントアイブロウのメリット

シーズン毎に流行りの形が出てくる眉毛の形もティントならお手入れも簡単で楽しめます。

1.とにかく落ちない

色持ちは5日~7日といった所ですが、汗などの心配をする必要はなくなります。

目の近くにあり、意外に人から見られているパーツの眉です。

すぐに顔を確認したり、メイク直しができない時の「眉毛落ちてないかな?」なんて心配がいらなくなりますよ。

2.時短

眉山がきちんとある形よりナチュラルな形の眉が流行中の今、毎朝のメイクにそれほど時間はかかりません。

それでも、書き足したり髪と色をあわせたりは必要でした。

少しの事かもしれませんが「ちょっとコンビニまで」といった時に「眉だけは描かなきゃ」なんて必要もなくなります。

3.すっぴんに自信

温泉やジムのプールなど、どうしてもすっぴんにならなければならない時も安心です。

汗などは「アイブロウ・コート」などを塗って落ちるのをカバーする方法もありますが、温泉やプールではメイクを禁止している所が多いです。

ティントなら、そんな場所でも大丈夫ですね。

そして、使用しておけばメイク直しに持って行くメイク道具も少なくできますね。

これは、旅行や外出でも嬉しいメリットです。

ティントコスメのデメリット

肌に直接乗せるものなので、デメリットと考えられる部分も紹介します。

ティントリップのデメリット

1.落ちない事はデメリットでもある

浸透して色持ちを保つので、落としたい時に完全に落とす事が難しいです。

唇は他の部分の肌よりも薄いので、ゴシゴシこすったりすると負担が掛かります。

オイルなどをなじませて丁寧に落とす必要があります。

2.うるおいが少ない

グロスなどと違い、唇に乗せる時から使い心地が違う事に気づくと思います。

油分が少なく、中には唇の荒れを感じる方もいます。

特に秋・冬は乾燥も手伝って荒れが増えるのでリップクリームを下地に使い保湿してあげると荒れにくくなります。

3.発色

唇に浸透して発色するまでに10分位が必要です。

そして、唇の水分量の違いなどから毎日同じ色に発色するとは限りません。

その発色の違いを楽しむのも1つですが、ムラを少なくしたい時は先に肌用コンシーラーを乗せておくと軽減できます。

ティントアイブロウのデメリット

1.準備に時間が必要

製品によっては放置時間15分という説明の物もありますが、眉に液を塗ったら完全に乾いた後に長時間放置する事で色は定着します。

時間にして2時間以上で結構かかりますが、その後7日間ほど眉毛の心配をしなくていいと思えば待てそうな気もします。

2.液だれ注意

固めの液をはけやブラシで眉になじませるのですが、液だれにつながる油分や汗に注意が必要です。

肌や福に落ちても取れにくいですし、目のそばで使用するので目の粘膜にも注意が必要です。

3.落ちない

何度も登場していますが、落ちない事が売りのコスメです。

眉の場合「太くしすぎた」「色がTPOに合わない」などの失敗があっても、すぐに落とせません。

馴れない間は放置時間を短くしたり、太さを調節してコツを見つけてください。

オススメのティントコスメ

あっと言う間に日本でも人気になったティントコスメ。

日本人の肌に合う物もたくさんあります。

ティントリップのオススメ3商品

初心者の方にも使いやすくお試し感覚で使えるプチプラな物を紹介します。

1.サラリとしたテクスチャー!CAN MAKE リップティントシロップ

シロップ状でティントリップの中でも特にサラサラしていて浸透が早く感じます。

唇に乗せて指でなじませると発色が始まります。

ベタベタ感はなく、色が持続しますが少し潤いが少ないです。

リップクリームなどをプラスする事がオススメです。

2.薄付きティント。 SUGAO ジュレ感リップティント

自分の唇の色が透ける、うす付きのリップです。

色持ちなどは続きますが、こちらも乾燥が気になります。

用途は違いますが、自分の肌の色が透けるタイプなのでチークとして頬に乗せるのもオススメです。

指先に乗せて頬にトントンするだけですが、ティントの特徴をいかした自然な仕上がりで落ちにくいです。

3.発色の良さならこれ!ボンボン ティントグロス

こちらは「ティントグロス」なので発色・色持ちと共に潤いも期待できます。

美容液成分が90%も含まれているのが嬉しいですね。

テカリが気になる方はティッシュペーパーで軽く押さえる事で油分だけが取れます。

ティントアイブロウのオススメ3商品

初心者の方でも眉に乗せやすいブラシタイプを紹介します。

1.使いやすい2色!Fujiko フジコ眉ティント

ショコラブラウンとモカブラウンがあります。

どちらも髪色などにも合わせやすい2色です。

「2時間以上の放置」とありますが、しっかり発色させたい時は4時間ほど放置でも大丈夫でした。

液の色ほど濃くはなりませんので安心してください。

2.髪色に合わせやすい!Etude House Tint My Brows Gel

こちらは使いやすいブラウンなどの他にカーキーやアッシュ系の色が揃っています。

韓国を代表するティントコスメのメーカーです。

現在、日本には17店舗の直営店もオープンして、ますます手に入りやすくなっていますよ!

ジェル状の粘度の高い液が垂れにくく、しっかり眉に乗ってくれます。

使用後1日は染めた部分を洗顔やクレンジングで洗う事を控えた方が定着が長いです。

3.安心の日本製。Mayupuri Tint 眉ティント

安心の日本製として人気があります。

使い始めは少し持ちが悪いと思いますが、何度か使用する事で定着期間が長くなります。

液自体は早く乾きますので定着のために、そのまま就寝して朝に剥がすという方もいます。

どのティントでも共通で言える事なのですが、剥がす時は眉尻から丁寧に剥がしてくださいね。

まとめ

メイク道具の持ち運びやメイク時間が短縮でき、水や汗にも強いとなると眉毛に悩みのある方には嬉しい事だらけのコスメですね。

しかし、色素が体内に残ってしまう「色素沈着」が起きないかが心配になります。

ティントコスメの場合、肌のターンオーバーで染まった角質が剥がれる事で色素も抜けるので体に残る事はありません。

現在はリップとアイブロウがメインですが、落ちやすいポイントメイクは多いのでチークやアイシャドウなどのティントの登場を期待したい所です。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事