ひな人形の処分ってどうすればいいの…?供養や捨てずに済む方法

子供さんが独立したり、結婚などで飾られる事がなくなったひな人形。

思い出の詰まった人形を簡単に捨ててしまうのは心苦しい物です。

今回は、ひな人形の処分を考えた時に役立つ情報を紹介します。

処分方法はどうする?

昔から「人形には魂は宿る」と言われているのを知っていますか?

これは、人形(ひとがた)を模した物は人が感情移入しやすく、誰かの代わりにしたり、願いを込めて大切にされて来たからと言われます。

長い年月を経たり、長い間大切にされた物も「付喪神(つくもがみ)」という神や精霊が宿るとも言われ、ひな人形も「女の子の幸せを願う」役割を持っています。

その役目が終わったからと燃えるゴミで処分さてれしまうのは一般的でないそうです。

そうなると正しい処分の方法が必要になりますが、よく利用されている方法が2つあります。

それが「人形供養」と「再利用(次に繋げる)」です。

人形供養

「聞いた事はあるけど人形供養はどうやって行われているの?」と思われる方も多いはずです。

ここでは人形供養の方法や代行で供養を行っている団体などを紹介します。

近くの神社・寺院での供養

一番ポピュラーな方法は、人形を神社や寺院などに持ち込み、お祓いやお経上げの後にお焚き上げで供養する方法です。

年に一度、決まった日に大きな人形供養(人形感謝)を開催までの受付を定めた所や1年中受け入れが可能な所など様々です。

各地で受け付けてもらえる神社・寺院は、全国人形供養.comなどで確認する事が可能です。

受付は人形本体だけですので、ケースや段、飾りは外します。

供養に必要な金額は一律ではありませんでしたが、3000円~5000円で、中には無償の所もあります。

代行サービスを利用する

近くに人形供養をしてくれる所が見つからない場合、一般社団法人日本人形協会などを利用すれば郵送で受付をしている団体や明治神宮の様な神社もあります。

こちらも人形のみの受付の所がほとんどですので、ケース等はお住まいの地域の方法に合わせの処分が必要です。

こちらは毎年10月頃に「東京大神宮」で行われる「人形感謝祭」での合同供養を代行するサービスがあります。

供養後はお知らせ等も届きます。

受付のサイズに規定がありますが、縦・横・高さの3辺の長さの合計が170cm以内、30kg以内の段ボールを1箱5000円で受付けています。

段ボールに梱包するだけで自宅まで引き取りに来てくれるのも魅力の一つです。

再利用(次に繋げる)

綺麗で傷みがない、手に入りにくい有名作家の作品である、どうしても踏ん切りがつかないなど、処分をためらってしまう事もあります。

そんな時は、次に大切にしてもらえる所を探してみるという方法もあります。

オークションに出品

傷んでいる箇所がないか等のチェックと、出品に使う写真撮影を兼ねて一度ひな人形を出して見る事をおすすめします。

出品する時期によっては引き取り先がすぐに見つかる事もあります。

今はヤフオク以外にも不要なものをあげたり、売ったりできるメルカリアッテやジモティーなどのサービスがあるのでそちらを利用するのもひとつの手です。

出品は毎年12月から1月中旬のひな人形の需要が一番高い、この時期が適しています。

ただし、あくまでも「処分するより使って欲しい」という気持ちが大切ですので、あまりの高額設定では落札者は見つかりにくくなります。

リユース専門業者

なかにはリユース専門業者というものもあります。

セカンドライフというこちらの会社に集まったひな人形は100%リユースに回されます。

申し込みの1箱が1本のワクチン代になり、国連やユニセフの活動への貢献にも繋がります。

人形以外にもぬいぐるみ、羽子板などの受付もあり国内だけでなく海外でリユースされる事もあります。

地域で引き取り先を見つける

住んでいる地域にある保育園・幼稚園、福祉施設等へ寄贈する方法です。

こちらは引き取り先を探す、梱包・配送まで全て自分で行う必要がありますが、利用者の方に喜んでもらえるのは勿論、桃の節句の時期に施設等にお邪魔出来れば、ひな人形に再会する事も出来ます。

まとめ

「処分」といっても色々な方法があります。

思い出や魂が詰まった人形ですから、どの方法を利用する時も感謝の気持ちを込めて送り出しましょう。

処分の前に、最後にひな人形を飾って写真などに納め思い出に残してみるのもいいでしょう。

最後まで感謝の気持ちを込めて送り出す。

これがひな人形が私たちに教えてくれる大切なことなのかもしれませんね。