これって義理チョコ?友チョコ?2017年バレンタインチョコ傾向と見極め方

もうすぐバレンタイン。

デパートやコンビニにチョコレートが並ぶ時期です。

渡す女性だけでなく受け取る男性もソワソワしてしまうのではないでしょうか?

最近のバレンタインは、本命・義理のチョコレートだけでなく「友チョコ」や「自分チョコ」の存在もバレンタイン市場で成長を見せています。

あまり耳なじみ無い言葉ですが「友チョコ」「自分チョコ」は、どんな傾向にあるのでしょうか?

今回は、「友チョコ」「自分チョコ」だけでなく、「義理チョコ」や「本命チョコ」の傾向も紹介します。

2017年の義理チョコの傾向

実は男女共に意外に頭を悩ますのが義理チョコの様です。

所属している会社や部署の男性全員に渡す等になるとかなりの量を準備しなくてはならない場合もあります。

義理チョコの特徴

安く上げようとすれば金額は、抑える事が出来るのが義理チョコですが、そういう訳にも行かず見栄や味も大事です。

それぞれが個人で渡すよりも、女性陣で費用を出し合って合同で渡す事が増えています。

男性からも「バラバラ貰うよりも良い」「同じ様に合同でお返しを考える事が出来る」等の手軽さが人気です。

どんな時に渡される?

スマートなのが、お茶の時間です。

個人で渡す場合、昼食時や休憩時間などに男女全員にも同じ物を添え、堅苦しくなく、その場で食べてしまえる物が人気。

この「全員」がポイントで「抜け駆け?」「女子力アピール?」等の嫌な気持ちを他の女性に感じさせずに済むかも大きなポイントなのだそうです。

どんな物が渡される?

合同で渡す場合は予算も1人400~500円位でキチンとした物が準備出来ると言われています。

土日などの休日を挟む場合、義理チョコにも手作りの物が登場する事もあります。

「義理チョコは迷惑」「お返しを考えるのが大変」「でも一個も貰えないのも寂しい」との男性からの声もある義理チョコ。

チョコレートに限らず「義理」や「感謝」に特化したおせんべいなど、あえてチョコレートではない食品も販売されています。

気楽さや遊び心が加わると感謝の気持ちが伝わるバレンタインになりそうですね。

2017年の友チョコの傾向

聞き慣れない名前だなと思われる方も多いと思います。

友チョコの特徴

この友チョコは「チョコレートの交換」に近いようです。

購入した物と言うよりも手作りの物が多く、女子中高生がメインで楽しんでいる様です。

本格的な手作りというよりは、市販のお菓子をアレンジやデコレーションした物が多い傾向にあります。

レピシサイト等にもデコレーションやアレンジの楽しみ方、可愛いラッピングの方法なども載っています。

どんな時に渡される?

調理実習の様に楽しみながら作る傾向にあるので、その場で一緒に食べたり。

ラッピングをしたチョコレートを友達同士や部活仲間と交換する事が多いそうです。

この様に「友チョコ」には「交換」や「一緒に作る」「ラッピングする」等、工程を楽しむための意味合いを持ったチョコレートの様です。

本命の手作りチョコレートの試作会、試食会になっている場合もあります。2月14日に限らずバレンタインデーに近い土日等を利用して友達と一緒に作ります。

どんな物が渡される?

市販のお菓子を使う事で、手軽で材料費が安価で楽しめるので調理実習の様です。

中には、痛チョコ(いたチョコ)と言う、好きなアニメキャラクターのイラストをチョコレートを使って描いた物もオタク系の女子の間で人気です。

多色のチョコペンで、クッキングシートの上にトレースしたイラストを使い描き上げます。

こちらは交換と言うよりもSNS等に写真をアップして楽しむ方が多い様でした。

2017年の本命チョコの傾向

本命の方に渡す場合、チョコレートよりも一緒に渡すためのプレゼントの方に力を入れる方が多く「チョコレートはおまけ」と言った感じで平均金額も低め。

本命チョコの特徴

チョコレートに限らず「何が欲しい?」と聞ける間柄の方には、リクエストに沿ったプレゼントがメインと言う方も多いです。

「このバレンタインでアプローチしたい!」と言う女性も「甘い物が苦手」「お酒が喜ばれそう」等、相手の方へのリサーチに余念がありません。

どんな時に渡す?

中には、一人暮らしをしている部屋に招いたり、相手の部屋に行ってチョコレートに限らず、バレンタイン・ディナーを作って食べてもらう女性も。

最近の手作りのチョコレートは「告白する」ためのツールと言うよりは、現在お付き合いしている相手に「食べてもらいたい」という傾向にあります。

バレンタイン当日や土日に直接会って渡す方がほとんど。

そして、男性が、同じお手製で受け取ると嬉しいプレゼントに手紙があります。

「自分のために考えて書いてくれた」「いつでも読み返す事が出来る」等の理由です。

素直に言えない気持ちを手紙にして添えてみるのも素敵ですね。

どんな物が渡される?

プレゼントと一緒に添える物として人気なのが「甘くない物」や「お酒」です。

甘い物が苦手な男性に向けたギフトとして、日本酒やワイン等のお酒、それらのお酒に合いそうな蒲鉾やラスクなどを販売するショップもあります。

手作りレシピの中にも甘くない手作りお菓子がバレンタインレシピとして紹介されています。

本命の方や、アプローチしたい男性にはチョコレートに限らずプレゼントにも「好みの物で喜んで欲しい」という女性の気持ちを感じますね。

番外編:2017年の自分チョコの傾向

実はバレンタインのチョコレートの中で一番購入金額の平均額が高いのが「自分チョコ」です。

自分チョコの特徴

2015年のデータでは、自分チョコの平均購入額が約4000円で、本命チョコの約2000円、義理チョコの約1200円を抜いています。

どんな物が売れ筋?

デパート等のバレンタインコーナーには毎年、珍しいチョコレートが並びます。

もちろん、価格も高い物が多いのですが、有名店の物などは売り切れが続出。

「この時期にしか食べられないから」と自分用に購入するそうです。

頑張っている自分へのご褒美として高価なチョコを購入する方が増えているそうです。

一番時間をかけて購入するのは、本命チョコでも義理チョコでもなく、自分のためのチョコレートなのかも知れませんね。

どんな時に食べる?

年々、自分チョコのニーズは高まっているそうです。

バレンタインコーナーでも可愛い缶やパッケージに入った物や、女子向けキャラクターを使った物が多く並んでいて「見ているだけで癒やされる」「可愛くて食べるのが勿体ない」などの声もありますが、仕事で疲れた時などに会社や自宅で摘む事で「一息つける」「疲れには甘い物」等、チョコレートで癒されるそうです。

まとめ

最近のバレンタインの多様化には驚かされてしまいました。

しかし、どのチョコレートも「相手に喜んで欲しい」「バレンタインを楽しみたい」「感謝の気持ちを伝えたい」と言った気持ちが込められている事が感じられます。

2017年のバレンタインの参考になればと思います。

素敵なバレンタインデーをお過ごし下さいね。