2017年の恵方は北北西。縁起が100倍よくなる恵方巻きの正しい食べ方

節分が近づいて来ました。2017年の恵方は北北西です。

「じゃあ、その方向を向いて恵方巻を食べなきゃ」と一番に恵方巻が浮かぶ方もいらっしゃるかも知れませんね。

この「恵方」毎年変わりますが、どの様に決まるか知っていますか?

そんなわけで今回は、2017年の恵方の方角とともに、恵方巻きの正しい食べ方を紹介します。

2017年は北北西を向いて食べる

2017年、歳徳神(としとくじん)がいる場所は北北西です。

歳徳神とは陰陽家が正月にまつる神であり、この神がいる方角が恵方と呼ばれ、縁起がいいとされています。

そういうわけで恵方巻きは「◯◯を向いて食べるとよい」と毎年のように言われているわけですが、実は単にその方角を向いて恵方巻きを食べればOKというわけではなく、もっと縁起よく食すためのいくつかのルールが存在します。

縁起がよくなる恵方巻きの正しい食べ方

恵方巻の具材

最近では、海鮮巻きやレタス巻き、子供さんでも食べやすい太さの物まで品揃えが豊富な恵方巻ですが、本来は具材にも決まりがあります。

その決まりとは、7種類の具材を入れて巻く事です。

この「7」という数字は縁起が良いといわれる「七福神」に由来しています。

ちなみに、具材に関してこれじゃなきゃいけないという決まりはなく、好きなものをミックスして大丈夫です。

代表的な所でいえば、しいたけ、かんぴょう、だし巻き、きゅうり、うなぎ、えび、でんぷが定番の具材になります。

丸々一本

「お行儀よく」切って食べても良しとされている恵方巻ですが、本来は切らずに一人に一本、丸々の太巻きを準備します。

この「切らずに一本」には「包丁で切らない」=「縁を切らない」と言う意味が込められており、そのために丸ごと食べた方が縁起がよいということにつながっています。

無言で食べる

丸っと一本の巻き寿司を無言で食べます。

この無言にも理由があります。

その理由というのは、食べている間に会話をすると「福が逃げる」からだと言われています。

ちょっと厳しいようですが、食している最中は家族や友達と「美味しいね」と感想を言い合うのも厳禁なので、黙々と食べて、食べ終わったあとに話しかけるようにしましょう。

ちなみに、地方によっては恵方を向き、大笑いして福を呼び込んでから食べ始める所もあります。

恵方の方角の決まり方

ここからはどうして恵方が毎年変わるのか?

その謎を解明する答えをお教えします。

恵方角

先ほども言いましたが、恵方は歳徳神(さいとくしん)と呼ばれる神様がいると言われる方角の事です。

この歳徳神(さいとくしん)が毎年いる方角を変えるので毎年、恵方とされる方角が変わるのですが、神様と同じ方を向く事で福を招こうという意味合いを持っています。

恵方角にある神社などに参拝する事でも同じように福を招く事が出来ます。

ちなみに、2016年の恵方は南南東でした。

2017年が北北西なので、真逆ということになりますね。

恵方が出来たのはいつ頃?

陰陽道(おんみょうどう)が中国から日本に伝わったのは6世紀頃だといわれています。

特に平安時代以降に「転禍招福」(てんかしょうふく・禍(わざわい)を防いで福を呼び込む)のまじない等のために使われる様になり発展したと言われています。

小説や映画に登場する陰陽師(おんみょうじ)が活躍し始めたのもこの頃と言われているので、かなり古くから恵方の考えは存在していた様です。

恵方巻の風習

恵方角は平安時代から存在している事がわかりましたが、恵方巻を食べる風習はどの様にして生まれたのでしょうか?

起源と発祥

諸説ある様ですが、1932年に大阪鮓商組合(おおさかすいしょうくみあい)が以前より花柳界(かりゅうかい)で流行していたお座敷遊びをヒントに「恵方を向き巻き寿司一本を丸かぶりで、その年は幸運に恵まれる」と言う内容のチラシを配布した事が発祥の様です。

その後も大阪の海苔問屋などが「恵方を向き無言で家族揃って巻き寿司を丸かぶりすると必ず幸運が回って来ると言われています」と書いたチラシを取引先の寿司屋さん等に配った事でデパートなどにも広まりました。

1980年代に入ると大阪からコンビニの参入も始まり、98年からは全国で販売される様になりました。

その後、各コンビニでの販売競争なども活発になり恵方巻の認知度が一気に上がりました。

恵方巻きと言う風習が生まれたのは20世紀に入ってからなので、恵方角の歴史比べると比較的新しい風習なのです。

おわりに

以上、ここまで恵方巻きの正しい食べ方やルーツを紹介してきました。

最後にもう一度まとめると、2017年は北北西が恵方で、食べるときには切らずに黙々と黙って食べる。

これが縁起がよい食べ方になります。

ぜひ、お試しくださいね。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事