マスクの肌荒れを原因から防ぐ3つの方法

喉や鼻をウイルスや花粉などから護ってくれるマスク。

しかし一日中使用していると、マスクに当たっている部分の肌や唇が荒れてしまう事があります。

そして、この肌荒れを隠すために外出時にまたマスクをつけるのですが、これがまたもや肌荒れを呼んでしまい、悪循環に陥ってしまいます。

そこで、今回はマスクで起きる肌荒れの原因と、その対処法としてマスクの肌荒れを防ぐ方法を紹介します。

肌荒れの原因

マスクは喉の乾燥を防ぐ事ができるのに、どうして肌は荒れてしまうのでしょうか?

マスクでの肌荒れの原因は大きく分けて3つあります。

摩擦

マスクは直接肌にふれます。

特にマスクは使い捨てを前提にしたものが多く不織布(ふしょくふ)を使用している事が多いです。

この不織布は織らずに熱などの圧力で繊維を絡ませて作られています。

その繊維も綿などではなく化学繊維が使われており繊維が荒く、肌に当たる時の摩擦がガーゼなどの綿より大きくなり肌荒れを起こします。

蒸れ

喉の潤いを護るために使用される方も多いマスク。

しかし、同時に口周りに蒸れた状態も作り出しています。

食事や化粧なおしなどでマスクを外すと、湿気が奪われこれにより一気に乾燥して肌荒れの原因となってしまいます。

ニキビ

これらが原因の肌荒れからニキビを引き起こしてしまう事も。

温かい自分の呼気から雑菌が繁殖しやすい状態を作ります。

特に口許に出来るニキビは「大人ニキビ」ともいわれ治りにくく

ニキビ肌を清潔に保とうと、いつものスキンケアをせずマスクを使用すると肌荒れの原因になってしまっている事があります。

肌荒れを防ぐ方法

肌荒れの原因である摩擦や蒸れを軽減できる方法を3つ紹介します。

摩擦を減らす方法

摩擦から起きる肌荒れを軽減するためには、自分の顔のサイズに合ったマスクを使用する事です。

これだけで、かなり摩擦の発生を抑える事が出来ます。

また、マスクと肌の間に綿ガーゼを挟む事で不織布から柔らかい綿に代わる事で肌への当たりが優しくなり摩擦が軽減出来ます。

蒸れから肌を守る方法

マスクを長時間使用する事で蒸れを生むと同時にマスクの中で細菌が増殖しやすい状態になっています。

蒸れを逃がし細菌の増殖をさせないためにもマスクを外して湿気や蒸れを逃がす事やマスクを

交換する事をオススメします。

ガーゼマスク

摩擦力が低く、通気性が良く蒸れにくいのがガーゼマスクです。

Wガーゼ地を使ってハンドメイドされる方などもいて、使いやすさから人気が出ています。

使い捨てでない物が多いので、必ず毎日新しく洗濯した物に取り換えてください。

マスクの上から出来る保湿方法と保湿マスク

マスクをつけたまま出来る簡単な保湿方法と最近見かける様になった保湿マスクをご紹介します。

保湿クリームで摩擦も軽減

メイクの上からも使える保湿クリームをぬります。

この保湿クリームが潤滑油の役割もしてくれるので、摩擦も軽減させる事も出来ます。

ただし、クリームがたくさんついたマスクはニキビの原因になる事もあります。

一日同じマスクを使用するのではなく、午前と午後に分けるなどして交換することをオススメします。

リップクリームを広めに塗る

唇は特に皮膚が薄く荒れやすいので、マスクをつける前にリップクリームを塗っておきましょう。

この時、薬用や無添加のリップクリームを指に取り、トントンと叩くようにして唇の下や鼻の下につけます。

リップクリームには蜜蝋やミネラルオイルなどの天然成分が含まれています。

肌より薄い唇を保護出来るのでお肌にも優しくこれなら簡単に保湿が出来てベタつく事も少なく持ち運びにも便利です。

保湿できるマスク

はだごこちローションマスク(参考価格310円・小林製薬)

ローション液をしみ込ませた層が内蔵されたローションマスクで、喉に優しく肌触りが良くお肌にも優しいと人気があるマスクです。

まとめ

こまめな付け替えや自分に合ったサイズや呼気での蒸れに気をつける小さな工夫でマスクが原因の肌荒れから皮膚を護る事が出来る事が出来ます。

特に口もとはデリケートな部分ですので、優しくケアしてあげましょう。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事