クリスマスにチキンを食べる理由と手軽に買えるチキンまとめ

クリスマス商品のCMを見かける様になりました。

クリスマスパーティのメインディッシュと言えば、やはりフライドチキンやローストチキンが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

そこで、クリスマスにチキンを食べる様になった経緯や、お手軽にチキンの購入が出来るファストフード店やコンビニのチキンついて調べてみました。

クリスマスにチキンが定着した理由

アメリカのクリスマス

本来、アメリカ等のクリスマスでは七面鳥を丸ごとローストしたものを食べるそうです。

「七面鳥は鶏より大きく、一羽で多くの人のお腹を満たす事が出来るから」と言われています。

このクリスマスの習慣が生まれたのは、古くは開拓時代に先住民(インディアン)から七面鳥を贈られた事で始まり。

以降、お祝いの席で七面鳥を食べ、神に感謝する習慣が出来たそうです。

日本のクリスマス

クリスマスが日本に伝わったのは戦国時代なのだそうです。

宣教師のフランシスコ・ザビエルが伝え、1549年に日本で初めてクリスマスが祝われました。

その後は、明治以降に欧米文化が取り入れられクリスマスのイベントも開かれるようになり、戦後、クリスマス文化が浸透していきました。

日本でも1970年位までは同じ様に七面鳥でお祝いしていたそうですが、手に入りにくく代用品としてローストチキンを食べていました。

その後、ケンタッキー・フライド・チキンが日本に上陸し流行。

「クリスマスはチキンでお祝い」というのを広めたのはケンタッキー・フライド・チキンが行った宣伝の効果なのだそう。

この、クリスマスにチキンを食べる文化は日本が発祥という事になり、長い日本のクリスマス文化の中でも比較的新しい文化になります。

ファストフード店のチキン

クリスマスに合わせ「クリスマスはチキンでお祝い」を浸透させたケンタッキーを初め、他のファストフード店でもパーティ用のセットが販売されているようです。

ケンタッキー・フライド・チキン、モスバーガー、ロッテリアのチキンやパーティセットを調べてみました。

ケンタッキー・フライド・チキン

おなじみのCM曲を聴くと「今年もクリスマスが来るなぁ」と思わずにいられません。

主力商品は、やはりパーティ・バーレルでしょう。

今年も好みに合わせた3種類のセットがあり、人数的には4人家族にちょうど良い内容になっています。

その他にもニーズに合わせたペア・パックやチキン以外にもビーフシチューやスペアリブも数量限定で販売。

パーティ・バーレルに付属する毎年デザインの違うお皿を楽しみにしている方も多くいらっしゃる様です。

モスバーガー

米粉を使った衣が美味しいモスチキンからは、5本・10本入りのパーティパックが登場。

人気のオニオンリングとポテトとナゲットやチキンがセットになったバラエティーパックも。

そして、お好きな時に揚げたてが食べられる様にとモスではチキンの冷凍販売があります。

また、チキン・チケットの取り扱いがあるので、プレゼントとしてもモスチキンを贈る事が出来ます。

モスチキンのセット、チキンチケットの予約購入で100円割引クーポンが付く予約特典があります。

ロッテリア

若鶏骨なしチキンと絶妙チキンがセットになったパックを販売。人気定番商品の2点を一度に楽しめるセットになっています。

8本入りのチキンパックの予約購入でドリンクの無料引き換え券が付く予約特典があります(12月22日まで)

また、ロッテのチョコレート「ガーナ」を使用したオリジナルのチョコレートケーキも販売されます。

コンビニエンスストアのチキン

ファストフード店よりお手軽に購入できるのがコンビニのチキン。

通常でも購入する事が出来るコンビニのチキンですが、クリスマスに合わせたセットが販売されるのかを調べてみました。

ローソン

人気の黄金チキン、レギュラーと和風味の骨付き・骨なしのボックス売り(6本入り)を販売。

12月18日までの予約で各ボックスを140~200円の割引とコカ・コーラ850mlが貰える予約特典があります。

その他にも、丸鶏のローストチキンやスモークターキー・レッグも販売。

ファミリーマート

12ピースと6ピースのプレミアムチキンを販売。

人気のファミチキボックス、プレミアムチキンとファミチキが同時に楽しめるセットボックスも。

プレミアムチキン12Pで376~276円、6Pで208~138円・ファミチキで130~80円の割引が予約特典であります。

数量限定で照り焼きチキンステーキやミニポテチーズもクリスマス商品として販売されます。

セブンイレブン

ななチキを6本セットにしたボックスを販売。

1本当たり20円の割引があります。(イブに受け取りを希望するなら12月20日までに予約)

ローストチキンやサンドイッチ、ピザなどの予約販売のほか、オードブル6点盛り、バゲット&ディップセットなど、

少し他のコンビニとは取り扱いが違うラインナップ。

まとめ

今年のクリスマスはどこのお店でチキンを購入するかの参考になればと思います。

一人前からの取り扱いのあるお店が多いのは、時代を反映しているからなのでしょうか?

色々なお店のチキンを食べ比べて盛り上がるのも楽しいかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事