正月に休めるバイト先はコレ!意外と知られてない穴場2つ!

正月は大手企業など、多くの会社が休みになることが多いですよね。

しかし、中には正月関係なく仕事をする職場もあり、特にバイトに関してはサービス業に関係するものが多いので、正月はむしろかきいれ時。

学生や主婦の方は、みんなが休みの中、普段以上に働かなければいけなくなり「参ったな〜。。」なんて思った経験はないでしょうか。

せっかくの正月なんだから誰だって休みたいですよね?

そこで、今回はバイトでも確実に休みを取れるバイト先を調べてみました!

正月に休業しているバイト先を選ぶ

かつて正月はどこのお店も元旦から3日間は休みになっていたものでした。

いわゆる正月休みというやつですね。

しかし近年は特にスーパーマーケットは年中無休、そしてコンビニに至っては24時間営業という業態が増えてきており、どの日でも、どの時間帯でもどこかのお店は開いていることになります。

そして、元旦はショッピングモールなどでは福袋の販売が行われ、1年で最も忙しい日の1つに当たるということもあって、休みを取ることは難しいものです。

この流れは今であ一部の百貨店や専門店、小規模のスーパーマーケットでも広がってきており、元旦のみ休みで2日から営業開始、なんていう業態が増えてきています。

ですので、正月休みを取りたいのであればコンビニ、スーパーなどの小売業は敬遠した方が無難です。

もし、どうしてもスーパーでバイトをしたい場合は、予め正月の営業予定日を調べておきましょう。

穴場のバイト1.「公的機関」

それでは、正月に休める鉄板バイト先はどこなのかというと、公的機関です。

バイトというと、主に店舗や飲食店などの接客業のイメージが強いかと思います。

でも、バイトという立場で働いている人は接客業に限らずどの業種でもいます。

あまり知られていないかもしれませんが、実は公的な機関でもバイトという区分で仕事をすることが可能になっています。

役所や図書館などの自治体の施設、学校や幼稚園などに勤務する非常勤職員など、常勤職員よりも少ない日数、もしくは短い時間で働いていれば、皆バイトに該当します。

このような公的機関は年末の29日から正月の3日は休みであることがほとんどで、職員も休みです。

ですから、正月期間に仕事が入るようなことはありません。

正月に確実に休みを取りたいのであれば、公的機関のバイトを狙いましょう。

穴場のバイト1.「デイサービス」

続けて、穴場のバイト先を紹介します。

正月休みを狙える穴場の職場はデイサービスの介護関係です。

介護に関する施設といえば年中無休、24時間体制でいずれかの職員が働いており、人によっては正月休みなどないということも多いです。

しかし、利用者が通所して介護を受けるシステムになっているデイサービスのみは違います。

普段離れて暮らしていたり、仕事で日中不在の家族と一緒に過ごすため、正月の期間だけはデイサービスを利用しない方が多くいます。

そのため、ほとんどのデイサービス施設が年末年始には休業しています。

デイサービスでも常勤職員よりも少ない時間、もしくは少ない日数で勤務している人は、皆バイトという立場に当たります。

なのでデイサービスでバイトをすることも可能であり、正月確実に休みを取りたいのであればデイサービスの仕事は適しているといえます。

正月に休めるバイトは意外とたくさんあります。

バイトは正月になかなか休めないというイメージがありますが、実はあまり知られていないようなバイトほど正月休みの機会が多くあります。

こんな風に、正月に確実に休みを取ることが可能な業種は探してみれば意外にたくさんあるので、他にも候補を探してみるといいでしょう。

たとえば、先に紹介した公的期間の場合、バイト先によっては正月だけでなくお盆も全面休みという所もあるので、その他の条件に照らし合わせてみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事