ダメな私に恋してください第1話あらすじとネットの感想まとめ!ネタバレ注意

深田恭子主演のドラマ「ダメな私に恋してください」が2016年1月12日からTBS系列で始まりました!

放送時間22時〜23時という火曜ドラマですが、実はこの時間帯、視聴率が取りづらい枠としても知られており、ネット上では「捨て枠」とも呼ばれています。

フカキョンこと女優の深田恭子の演技や、ダメ恋の原作ファンからの注目に集まりますが、ネットの反応ははたして?

第1話のあらあすじ紹介をしますが、ネタバレを含んでいるので注意してください。

ダメ恋第1話のあらすじ

深田恭子演じる柴田ミチコは、「職なし、金なし、彼氏なし」の三拍子でさらには貢ぎ癖があるというダメ女。

ミチコはアラサー女の30歳。

半年前まで勤めていた会社が突如倒産し、失業保険も2か月前に打ち切られて現在収入0円。

その上、イケメンの大学生に貢いだせいで全財産が15円という悲惨な状況に。

新しく職を探そうにも、学歴が短大卒で30歳、資格なしという厳しい状況で、就職活動も思うように上手くいかず・・・

不採用の連続で落ち込むそんな中、以前の職場のドS上司こと、ディーンフジオカが演じる黒沢歩と偶然の再会をはたす。

黒沢もミチコと同じく現在就職活動中であったが、ドSな黒沢は相変わらずどぎつい言葉ばかりかけ、それに落ち込むミチコ。

大学生との彼氏との結婚も一瞬考えますが、全く未来が見えてこない。

お金がなくても食欲だけは旺盛なミチコは、黒沢に「飯をくわせてやる」と誘われ、憩い系喫茶店の「ひまわり」に。

なんと、黒沢は知り合いの紹介でひまわりのマスターになっていたのです。

ミチコはひまわりで、婆ちゃん直伝のオムライスを出してもらい、さらに黒沢に今までのドS発言のお詫びに店員として雇ってやると言われ、アルバイトとして働き始めることになります。

相変わらずダメ女っぷりを発揮して黒沢から厳しくこき使われるミチコであったが、貯金ゼロな上に、賄い付きの職場には勝てず、必死で働着続けます。

次のページではネットの感想の声をまとめています。

ダメ恋ネットの感想は?

ダメ恋の原作は少女漫画で、中原アヤの「ダメな私に恋してください」が原作です。

実は、このマンガはまだ完結しておらず、ドラマ版ではオリジナルな展開になると予想されています。

ネットにあがっているダメ恋の感想では次のような感想があがっています。

「深キョンアラサーとは思えぬかわいさ」

「ぶりっこキョトン演技とお色気しか引き出しないからなぁ」

「深キョンのしゃべり方がな…ミチコちゃう」

「実写でいい感じに再現される気がまるでしない」

「ミチコぶりっこすぎるし、主任の冷静さもない」

「意外と純太は雰囲気出てる」

「ディーンさん圧倒的。フレッシュだから余計にだね。」

「完全に終了ですね 」

「視聴率3%いくかなw川口春奈超えある?w」

「だから捨て枠にダメ恋使うなと言っただろおおおおお」

「他の枠でやってほしかった~ 」

「捨て枠なら他のつまらない原作でもいいじゃん」

このように、ダメ恋実写ドラマ化について、どちらかというと悲鳴にもとれるような声が多く見られました。

深田恭子がミチコ役なことについて原作ファンからは「あまりキャラにあってない」という声が見受けられますが、裏を返せば、原作を知らない人にとっては、深田恭子の天然キャラが楽しめる作品になっているのではないでしょうか。

現在33歳とは思えぬ深田恭子のかわいさがたまらないですね。

写真集も出しているので、そのギャップをドラマでの演技を楽しむ方法もおすすめです。