misonoが事務所から仕事をもらえない理由

倖田來未の妹であり、歌手のmisonoが(31歳)がブログで自身が所属している事務所から仕事をふってもらえないと嘆いていました。

misonoが所属しているのはエイベックス・ヴァンガード。

12月11日に更新したブログでは、勝手にmisonoオファーの仕事をウソをついて断っていたことがわかりました。

しかも、こうした事務所からバックアップがない態勢について、前々からブログでなげていたmisonoですが、この理由はなんなのでしょうか?

misonoがバラエティに転向したきっかけは島田紳助

misonoは昔、day after tomorrowというバンドで歌手デビューをしたのですが、2002年にデビューをはたし、テイルズシリーズなどゲーム主題歌を担当することもあり、人気を博していました。

しかし、2005年にday after tomorrowは解散。

その後、misonoは歌手としてソロ活動を続けていくのですが、ソロで出したCDは赤字を連発するという、エイベックスにとってお荷物的な存在となってしまったのです。

そんなmisonoに転機が訪れたのは、現在は芸能界を引退した島田紳助が司会を務めていた「クイズ!ヘキサゴン!」に出たことです。

当初、misonoはバラエティ番組出演を断られていたのですが、島田紳助の引き上げにより、バラエティ番組に出演をはたしました。

その後、CDでは赤字連発だったのものの、バラエティに出るようになってからタレントとしての才能を開花させ、事務所に黒字をもたらしてくれる存在となったのです。

そんな逆転エピソードがあるmisonoですが、かねてから問題児として、たびたび炎上を繰り返しています。

アニメ「ジュエルペット マジカルチェンジ」の声優の仕事をもらったときに、「オーディションで受かったので、自分の力が認められた!」と報告した所、ブーイングの嵐が殺到。

これに対して、misonoは「スタッフのみなさんおおかげでした」と謝罪をしています。

他にも引退詐欺を起こしてネット上で叩かれたり、姉の七光だと言われたり・・・

散々な嫌われようのmisonoですが、そういった事をわざわざブログで報告してしまうので、火に油を注ぐ形で余計に炎上してしまいます。

2015年9月のブログでは、misonoにきた仕事を、事務所がmisonoに話しもせずに勝手に「水着NG」と告げ、misonoの後輩に仕事を回したそうです。

misonoは所属事務所から守られている?

そして、12月11日に更新されたブログでは「最近でも事務所にいくつかの仕事を断れれてい・・・」とつづりました。

ただ、これには最近コカイン所持で逮捕され話題となった、高部あいとの関連性があるため、misonoのイメージを守るためにテレビに露出させないようにした可能性があります。

高部あいが逮捕される前に参加したパーティーでは、misonoも参加していて、写真が残っています。

高部あいと関係していた芸能人にはまず間違いなくマイナスイメージがついてしまうこととなった事件だったのですが、その時期に目立つのを避けるため、事務所側はmisono起用を遠ざけ、misonoのイメージを守ろうとした可能性もあります。

misonoはたびたび問題を起こし、そのたびに炎上しているわけですが、これだけ炎上しつつも芸能界に干されていないのは、事務所が上手く立ち回っているからなのかもしれません。