μ’s(ミューズ)が紅白出場決定!黒柳徹子が総合司会でカオスな予感!一方ももクロは…【動画アリ】

第66回NHK紅白歌合戦の出場者が決まり、アニメ「ラブライブ」をきっかけに生まれた、声優によるアイドルユニット「μ’s」が話題をさらっています。

2015年のヒット曲が生まれず、過去に活躍したエックスジャパンやレベッカ、今井美樹、近藤真彦など、復活した出場者が多くいます。

そんな中で3年連続で紅白出場をはたしていた「ももクロ」は紅白落選。

さらには、総合司会に黒柳徹子を抜擢と、なんだか2015紅白歌合戦は始まる前からカオスな様相を呈してきました。

μ’s紹介動画!かわいいと絶賛の声!

これが「μ’s」です。

いかにもって感じのアニメから生まれたアイドルですね。

まさか紅白にまで出るとは・・・

これには、ツイッター上でも驚きの声が多くあがっています。

過去には声優として水樹奈々が紅白に出たりもしていましたが、アニメから生まれた声優グループが紅白に出場というのは初めてのことで、μ’sが紅白の新しい可能性を広げたことになります。

賛否両論あるかもしれませんが、祝福の声が多くみられ、若者層からの支持は厚いことがわかります。

本番になってみないとわかりませんが、μ’sが紅白で歌っているとき、ツイッターは全出場者の中でも一番の盛り上がりをみせるかもしれません。

さて、話題は変わりますが、今回の総合司会は「徹子の部屋」でおなじみの黒柳徹子が抜擢されました。

徹子の部屋というと、アメトーークでも話題になっていたことがありましたが、黒柳徹子の独特の雰囲気で、微妙に噛み合わない会話がウケていました。

今までは違った紅白の雰囲気の中、黒柳徹子は徹子節を発揮し、微妙に噛み合わない進行となってしまうのでしょうか?

ここも2015紅白の見所のひとつですね。

一方で、紅白落選をしてしまった人気アイドルユニットもいます。

それは、「ももクロ」です。

ももクロは3年連続で紅白に出場していましたが、遂に今回、紅白落選となってしまいました。

しかし、ももクロは前向きに、「紅白は卒業しました!」と、元気よく表現しています。

その他にも、きゃりーぱみゅぱみゅ(3年連続出場)や、水樹奈々(6年連続出場)など、人気沸騰の歌手も落選してしまうという、少し残念な結果になってしまっています。

この落選理由については、2015年の活躍の実績、紅白側の調査による世論の支持、紅白歌合戦の演出・企画に沿う出演者、この3要素を総合的にみて判断したそうです。

世論からの人気は高そうなのですが、「どうしてこうなった・・・」と紅白落選した歌手のファンはがっくりと肩を落としている様子が見られます。