車の乗り物酔いを止める簡単な方法!あの食べ物飲み物が効く!?

車に乗ると気分が悪くなったり、むかむかしたりすることありませんか?

車だけではなく、バス、船、ブランコなど 様々な動くもので乗り物酔いは発生します。

たとえば、車で長旅での家族旅行に出かけたとき、子供が「ママ、酔った〜…気持ちわるい。。」なんて状態になってしまったら、せっかくのドライブや旅路も楽しめないし、途中で車を止めて休まなければいけないので運転しているパパも大変ですよね。

かといって、いちいち酔い止めを用意してるかといえば、たまたま切らしてるときだってありますよね。

もし、車酔いで具合が悪くなる状態を食べ物や飲み物で防げたら楽なのに・・・ 

そこで車酔い予防や酔ってしまったときの対処法をご紹介いたします!

乗り物酔いの原因

そもそも、乗り物酔いがなぜ起こるのかということですが、これは乗り物に乗っているときの「視覚」と「三半規管」が関係しています。

車には加速、減速、揺れがつきものです。

車に乗って外を眺めていると、景色がめまぐるしく移り変わっていくため、この視覚刺激が「あれ?今、この場所どこだ?」と混乱を起こしてしまいます。

この混乱を落ち着かせようと脳がグルグル回って視覚情報の処理を始めるのですが、度重なるスピードの変化によってうまく対応できなくなり、だんだんと脳が疲れていって酔いを引き起こします。(もう少し専門的にいえば、自立神経である副交感神経系の働きが乱れることによって酔いが引き起こされるということです)

そして、三半規管に揺れが伝わることでこの状況がさらに悪化していきます。

三半規管は耳の内側にある組織で、これは身体の平衡感覚(へいこうかんかく)を保つ役目を持っています。(※平衡感覚=バランス感覚のこと)

この三半規管が連続的な振動を受け続けると、振動の影響で三半規管の働きが鈍くなり、平衡感覚を取ろうとしても、感覚をあっちに寄せたり、こっちに寄せたりするのでグラグラと揺らされた状態になり、酔いが悪化していきます。

視覚

視覚変化のスピードについていけなくなると不快症状を引き起こす

三半規管

振動を受けることにより平衡感覚を保てなくなる

こうした視覚への刺激と、三半規管の揺れによる平衡感覚のずれにより、脳が身体をコントロールできなくなり、だんだんと車酔い状態になっていきます。

そのため、乗り物酔いはもう少し専門的な用語でいうと「加速病」「動揺病」といいます。

車酔いの症状

車酔いになると、次のような症状がよく見られるようになります。

  • あくび
  • 生唾
  • 顔面蒼白
  • 冷や汗
  • 気分が悪くなる
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 目が回るような感覚

子供があくびを多くするようになったり、顔が青白くなったり、口数が減ったり、つばを飲み込むようになったら車酔いしてきたサインですので、注意しましょう。

こうした前兆のようなサインから、急激に吐いてしまうこともあるので、万が一に備えて車の中にはエチケット袋を常備しておくと安心です。

高速バスなどにはエチケット袋が用意されていますが、そこにあるという安心感があるだけで気持ちが楽になったり、運転している人からしてみても焦ってパーキングを探さなくて済むようになるので安全です。

酔い止めの予防法

車酔いになって具合が悪くなるとせっかくの景色も楽しめなくなるので、できることなら酔わないように予防しておきたいところです。

酔い止めの予防法としては、次の予防法が効果があります。

視覚刺激対策

  • 本、ゲーム、スマホなどを避ける
  • 進行方向を見るようにする
  • 窓を開けたり、換気をする
  • おしゃべりや話、歌をうたう

三半規管対策

  • 睡眠をしっかりとる
  • 空腹状態にならないようにご飯をたべる
  • 食べ過ぎない、飲み過ぎない
  • 音楽を聴いてリラックスする

視覚刺激対策として、視覚刺激が強い本やゲーム、スマホなどの使用はできるかぎり避けます。そして、景色の移ろいが緩やかになるようにできるだけ進行方向である前を見るようにします。

窓を開けて風を受けることにより、人の五感である触覚が刺激されるので視覚情報を処理している脳の注意を触覚に向けることができます。

おしゃべりや話、歌などもこれと同じで視覚の処理から注意をそらすことで不快感を緩和することができるので結果的に酔い止め対策になります。

三半規管対策としては、体調管理を整えておくことによって三半規管の働きを強めることができるので、体力がしっかりつくように睡眠、食事はしっかりしておきます。ただし、食べ過ぎ飲み過ぎは逆効果なので注意です。

また、緊張状態を解いて身体をリラックスした状態にすることで三半規管の働きがより活発になり、車酔いをしづらくなります。

ちなみに、市販の酔い止め薬も車酔いの予防効果があり、車に乗る30分~1時間前に飲むと効果的です。

たとえばこちらであれば、乗車船の30分前に1回1錠を服用、必要に応じて追加服用する場合は、1回1錠を4時間以上の間隔を空けて服用、といった具合です。

酔い止め薬によって服用方法は異なるので、注意書きをよく読んだ上で正しい用法・用量を守りましょう。

酔い止め予防の参考になる動画

アニメ付きでわかりやすい動画です。酔う原因について(0:20〜)や、酔わないためのコツ(1:07〜)が説明されています。

乗り物酔いに効くツボが手首にあり、下の動画の0:34秒から、ツボの位置や押し方の説明がされています。

酔ってしまった際は??

車酔いをしてしまったときは、シートを倒して横になるなど、できるだけ楽な体制を取ると酔いが和らいでいきます。

また、子供が酔ったときに後部座席で一緒であれば、膝枕をして揺れを緩和してあげるのも効果的です。(もちろん、シートベルトはつけたままで!)

座席や窓などを枕代わりとして頭をもたれかけると、これらの振動がダイレクトに三半規管に伝わってしまうので酔いを悪化させることがあります。なので、頭をもたれかけさせたいときは振動を吸収してくれるクッションになるものを利用しましょう。

できるかぎり、頭を動かさないようにして、頭部を冷やし、衣服を緩めると更に効果的です。

この他にも、窓をあけ、風にあたると気持ち悪さが軽減するので「あ、ちょっと気持ち悪いかも」と思ったらすぐに窓を開けて新鮮な空気を吸うといいですし、景色を見る際も早いスピードで動くものをみると酔いやすいので、進行方向や空などあまり景色が変わらないものを見るといいです。

何よりも一番ベストなのは、車を一旦停車して休むことです。

完全に酔ってしまう前に早めに休めると一番いいですね。

酔い止めに効く食べ物・飲み物

ある食べ物・飲み物に酔い止め効果があるのでご紹介いたします!

いずれもコンビニで入手できる手頃なものなので、緊急時には、酔い止め薬の代用として使うこともできます。

食べ物

  • チョコ
  • 梅干し
  • ガム
  • 生姜

飲み物

  • 炭酸水

酔い止め効果がある食べ物について

飴やチョコなどの甘いものは血糖値を上げ、脳を活性化してくれる働きがあります。

乗り物酔いは脳が疲れることから発生するので、糖分補給することで酔いの回復を助けてくれます。

梅おにぎりなどに入っている梅干しを口に含むと唾液が出ますが、唾液が出ることで耳管の働きが良くなり、三半規管を活発にしてくれます

ガムが効果的なのもこの唾液が出るためです。

梅干しの場合は、梅が持つ酸味がむかつきと不快感を緩和してくれるので、これにも酔い止め効果が期待できます。

ただし、梅干しは塩分が強く、塩分摂取によって血圧が上がって頭痛を引き起こすこともあるため、人によっては逆効果となるときもあるので注意が必要です。

生姜に関しては乗り物酔いに効果があるということが科学的に証明されていて、万能な効果が期待できます。

生姜は平衡感覚を保つ器官への血液循環を助け、平衡感覚の乱れを抑えてくれる効果がある上に、吐き気の原因となる嘔吐中枢の感度を下げる効果もあります。

生姜をダイレクトで食べるのは難しいかもしれませんが、生姜飴や生姜湯でも代用が効きます。

ただし、ジンジャーエールの場合はそのほとんどが生姜風味で作られているものですので、効果はあまり期待できません。

酔い止め効果がある飲み物について

炭酸水は胃の調子、自律神経を整えてくれる働きがあります。

また、意外なことに抜群の効き目を発揮するのが氷です。

このとき、氷は噛まないようにしてできるだけ舌の上において舐めるようにします。

乗り物酔いは自律神経(副交感神経系)が乱れることによって引き起こされますが、氷の冷たさを舌で感じることによって副交感神経と対になっている交感神経が刺激され、乱れていたバランスがニュートラルな状態に戻るようになります。(副交感神経と交感神経はどちらかが活発になるともう一方が抑制されます)

そのため、車酔いしたさいの応急処置として、コンビニやパーキングに酔って氷入りドリンクを頼んだり、氷のアイスを食べるといいですね。

ちなみに、船酔いしたさいにも氷は抜群の効果を発揮するので、船旅のさいに水筒に氷を詰めて持っていくと安心かもしれません。

酔ってるときにNGな食べ物・飲み物

酔ってるときに効く食べ物・飲み物もあれば、その逆に酔ってるときに食べたり飲んだりすると酔いが悪化してしまう食べ物・飲み物もあります。

食べ物

  • ミカン
  • オレンジ
  • ゆでたまご
  • からあげ

飲み物

  • オレンジジュース
  • スポーツドリンク(クエン酸入り)

酔いが悪化する食べ物について

ミカンやオレンジなどの柑橘類に含まれているクエン酸は、胃を刺激するので酔っているときに食べるとさらなる吐き気を引き起こすことがあります。

ミカンやオレンジ自体が直接、乗り物酔いを引き起こすわけではありませんが、クエン酸がこれを引き起こすので、柑橘類は避けた方が無難です。

ゆでたまごに関してですが、固ゆでたまごは消化が悪いので、これが胃もたれを引き起こして気持ち悪くなってしまう原因があります。

これと同様にからあげなどの脂っこいものも消化が悪いので、これが酔いの原因となることがあります。

酔いが悪化する飲み物について

子供に人気なオレンジジュースですが、果汁100%などの場合は注意が必要です。

NGな理由については食べ物のオレジンで説明したように、クエン酸が影響してくるからです。

クエン酸はスポーツドリンクにも含まれていることがあり、クエン酸入りのスポーツドリンクも避けた方が無難です。

スポーツドリンク自体には水分や栄養の吸収を助けてくれる効果があるので、ここに生姜汁などを混ぜると酔い止めに効果があるドリンクに早変わりします。

牛乳などの乳製品に関しても消化率が悪いため、乗り物酔いのときに飲んでしまうと気持ち悪さを引き起こすことになってしまいます。

まとめ

乗り物酔いはなかなかつらいです。

少しでも対処、予防をして、楽になるとドライブやバスでの長旅も楽しくなります!

私自身、車酔いが小さい時からひどかったので、 エチケット袋と酔い止めは必需品でした。

社会科見学や修学旅行などの長い移動も苦痛でしたので、この記事を読んだあなたや、お子さんが少しでも乗り物酔いが軽減することをお祈りします!