これさえ読めば完璧!冷凍保存方法を5品目をまとめてご紹介!

 shop

特売日にまとめて買い物したけど消費できずに
捨ててしまったり、冷凍したものはいいものの
いつごろまで食べなきゃいけないのかわからない。

凍っているから調理しにくい!そんな方多いと思います。

主婦の方はもちろんですが、これから一人暮らしを始める方にも必見です!
食材を長持ちさせる冷凍方法をご紹介いたします!

冷凍保存の基本

reitou
冷凍保存を行う際は、なるべく
新鮮なうちに冷凍するようにしましょう。
買ったその日、できたその日にするのがベストです。

白飯やできた料理など温かいものを冷凍する際は、
必ずとってから冷凍するようにしましょう!

そして、いくら冷凍したからとはいえ1年や2年など保存してしまえば、
パサついたり、匂いがくさかったり、味が落ちてしまいます。

米・パンの冷凍保存方法

rice
米やパン
などはその日のうちに冷凍しないと、
新鮮さが格段に落ちてしまいます。

炊いたお米や焼いたパンは熱いので、
一回熱をとって冷凍するようにしましょう。

パンはまとめて冷凍すると引っ付いて剥がれず困るので
1枚1枚ラップにくるんで保存するのが便利です。

お米はお茶碗一杯分をラップで包んで保存すると便利です!

肉の冷凍保存方法

niku
お肉
は1パックを何個かに切り分けてラップにくるんだり、
一枚ずつ冷凍、カットしてすぐ使えるように
冷凍するのがおすすめです。

合いびき肉はジップロックなどにいれ定規などで
折り目をつけて保存すると使う際に
パキっとわって使えるので便利です。

から揚げや生姜焼きなどは下味をつけて保存すると
味も良く染み時短にも繋がります。

餃子やコロッケは過熱前の状態で保存するようにしましょう!

魚の冷凍保存方法

YMD74_uoichibanosakana500
は生のまま冷凍するよりも一回焼いたり
臭味をとる処理をしたあとがおすすめです。

下味をつけてから、下処理をしてから保存するようにしましょう。
背ワタや塩抜きなどは冷凍してからだと大変面倒になってしまいます。

醤油漬け、みそ漬け、刺身漬けも漬けダレと
一緒に冷凍すると味が良く染みて美味しいです。

野菜の冷凍保存方法

vege
野菜
は基本的に使いやすい大きさに切ってから
保存すると便利です!

もしくはある程度焼いたり茹でると
あとは温めて味を馴染ませるだけになり、
柔らかくするという手間がなくなるので楽になります。

保存する際はジップロックなどにいれて
空気をしっかりぬくといいです!
あと水気はしっかりきることがおすすめです。

特にきのこ類は水分が嫌いなので、洗わずに根本を切り落とし
バラバラにして小分けして保存するようにしましょう。

じゃがいも冷凍保存に向かない食材です。
どうしても保存する際は茹でてマッシュ状にして保存しましょう。

調理後のおかず

souzai
調理後のおかずもタッパなどに一食分ずつわけて保存しましょう。
じゃがいもが入っているものは除いて保存するといいです。

私は基本冷凍したものは1か月以内に食べるようしています。

あまり長く保存してしまうと冷凍庫の匂いが食材についたり、ぱさつきます。
なるべくジップロックなどを使い密封させるようにしましょう!

一人暮らしの人は一食を多めに作って小分けにして
保存すると節約になります!
一回一回作っていると意外と食費やガス代は
かかってしまいます、、、。

なのでお米もおかずも何食分かにわけれる程度
作ることがおすすめです!

この保存方法があれば、
特売日などたくさん買っても食材を無駄にしません!
どうぞお試しください。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事