コンディショナーとトリートメントの違いは?

 髪


コンディショナー
トリートメントの違い。

そしてベスト使い方
意外と知らない方は多いのではないのでしょうか?

今回は違いと使い方をご紹介いたしますので、どうぞご覧ください!!

コンディショナーとトリートメントの違いは??

髪の毛を持つ手

コンディショナーは、

  • 髪の表面をコーティングし、指通りをよくする。
  • 水の蒸発を防ぎ、キューティクルが傷むのを防ぐ。

トリートメントは、

  • 髪の傷んだダメージを修復してくれる。
  • 髪の内部に成分を浸透させ、栄養補給をしてくれる。

という違いがあります!!

カラーやパーマなどで傷んだ髪の毛はトリートメント
ダメージが少ない髪の毛はコンディショナーでいいですね!!

コンディショナーの使い方。

シャンプー

シャンプーの後に髪をタオルドライします。
毛先にまんべんなく塗り早めに洗い流します。

注意点はシャンプーの皮脂や髪の毛をしっかり洗い油分を落とさないと、
つけても意味が無くなるのでしっかりシャンプーしてください。

そして、流し残しがあると痒みフケの原因となるのでしっかりと流してください。

トリートメントの使い方

蒸しタオルする女性

シャンプーの後に髪をタオルドライします。
毛先にまんべんなくつけ10分間程度浸透するのをまちます。

この時に蒸しタオルなどを巻くと効果が高まります!

洗い流さないトリートメントの場合は、タオルドライをした後に、
髪にぬってドライヤーで乾かしましょう!!

つける順番


つける順番
は、

シャンプー(汚れ・油分を落とす)

トリートメント(髪の毛のケアをする)

コンディショナー(キューティクルを保護しコーティングする)

という順番が一番ベストです!!

使用するときの注意点

女性

使い方、順番を書きましたが、すべての商品がこれでいいわけではありません。
物によっては成分や効果、つけ方が 違う場合がございますので、
パッケージの説明を読むようにしましょう!!

そして、いくらコンディショナーやトリートメントをしても、
髪の毛を乾かさないまま放置してしまえば、
ダメージ・フケ・臭い原因になってしまうのでしっかり乾かしてください!

コンディショナーはキューティクルの保護をしてくれ、指通りがよくなり
髪の表面をコーティングしてくれます。
使い方は、しっかりシャンプーの後タオルドライをして毛先にぬりよく流しましょう。 

艶のある女性の髪

トリートメントは髪のダメージを補修してくれ、髪の内部に栄養補給をしてくれます。
使い方はシャンプーの後タオルドライをして毛先にぬり10分間浸透するのを待って流します。
その際蒸しタオルなどでまくとさらに効果が高まります。
髪のダメージ多い方おすすめです。

商品によっては順番や使い方などが異なることがあるので確認するようにしてください。

髪の毛を綺麗に保つには洗い残し・流し残し・乾かさず放置するのは禁物です!!
しっかりとするようにしましょう。

コンディショナーとトリートメントどちらが自分の髪に合うのか考えぜひこの方法でお試しになってください!!