ホワイトデーのお返し!職場での義理チョコの場合は?

 チョコレート

バレンタインに職場の女性に義理チョコをもらった

という男性はたくさんいらっしゃるでしょう。

でもそのお返しで頭を悩ませた経験はありませんか?

でも、全員に向けてお徳用のチョコレートをもらった場合や

仲のいい女性社員から個別でもらった場合など様々なケースがありますよね。

では、それぞれのケース別に見ていきましょう。

お徳用チョコレートのお返しは?

お菓子ギフト

「参考画像:お菓子の工房

よくある全員に一斉に配られるパターンですね。

この場合の返し方ですが、複数の女性からこの方法でもらった場合は

こちらもお徳用でお返しするのがベストだと思います。

お徳用と言っても女性社員みんなが食べられるちょっとしたお菓子のギフトだといいですね。

数もある上にコストパフォーマンスも◎です。

数が少なかった場合は、個別にちょっとしたお菓子を渡すといいでしょう。
そのときにはちょっとしたお菓子一箱でも喜ばれますよ。

同僚から個別にもらった場合は?

紅茶詰め合わせ

「参考画像:LUPICIA

この場合は、もらったものの1.3~1.5倍の感覚でお返しするのがベスト。

入浴剤紅茶詰め合わせなど、相手が普段買わないようなものを渡すと喜ばれます。

雑貨屋にギフトもありますし、値段も良心的なので手軽に渡せるかと思います。

仲のよい同僚でしたら、見た目が面白いようなものを渡してもいいですね。

また、このケースなら事前に何が欲しいか直接聞くのもアリです。

後輩から個別にもらった場合は?

スタバギフトカード

「参考画像:スターバックス

実は後輩からもらったパターンが一番頭を悩ませるところ。

どんなものがいいかイマイチ掴みきれていないことが多いからです。

こんなときにスタバなどのギフトカードなどはいかがでしょうか。

商品券よりはお返しとして喜ばれますし、それがきっかけで

打ち解けることのできる可能性も高くなります。

上司からいただいた場合は?

お菓子ギフト

「参考画像:キルフェボン

上司からいただいた場合のお返しは、同僚や後輩よりも

いいもの渡すことを心がけてください。

でも、何を渡せばいいのか、失敗しないのかが悩みどころです。

 商品券

こういうときにこそ商品券ギフトカードがいいでしょう。

読書が好きな上司でしたら図書カードでもいいですね。

もし、結婚されている上司でしたら家族で食べられるようにお菓子の詰め合わせセットも喜ばれます。

取引先からいただいた場合は?

お菓子ギフト

取引先からいただくことも珍しくはないようです。

こんなときは、取引先の部署の人全員が食べられるお菓子ギフトが無難でしょう。
あくまでその人個人ではなく、会社としてお返しすることをお忘れなく。

いかがでしたでしょうか。

ホワイトデーのお返しももう嫌という方もいるかもしれませんが、

バレンタインでもらったチョコは感謝の証拠。

相手にまた感謝するつもりでプレゼントを考えてみてはいかがでしょうか。