マーガリンとバターの違いは?実は健康に危険なあの脂肪

ケーキ


マーガリン
バター

お菓子つくりや料理に使用しますよね。
みなさんの冷蔵庫にもどちらか入っているのではないのでしょうか?

マーガリンは「値段が安い」「柔らかいから使いやすい」「カロリーカットのものもある」
バターは「値段が高い」「固いから切りにくい」「太りそう」
というイメージを持っている方が多いのではないのでしょうか。

そこでマーガリンとバターの比較危険性をご紹介しますのでどうぞご覧ください。

マーガリンの性質

マーガリン

マーガリンは植物性脂肪でできており、
植物性脂肪に水素を添加し「人工トランス脂肪酸」がうまれます。
この水素を添加するというのが一番危ないのです。

バターの性質

バター

「参考画像:暮らしなモノづくり

バターは動物性脂肪でできており、
動物性脂肪そのままの自然なトランス脂肪酸となっています。
自然由来なので大きな危険は特にありません。

トランス脂肪酸とは?

cis

「参考画像:農林水産省

健康被害がある性質。

欧米では量や表記の規制が入る程注意されていますが、
日本では規制はされておらず、「欧米のものより少ない量なので安全」
「トランス脂肪酸の害を低減するリノール酸の摂取量が、
欧米人に比べて日本人は多いから問題ない」と言われています。
しかし不安になってしまいますよね。

欧米と日本人ではそもそもの摂取量が違い、
欧米人に比べたら元々少ないのでそこまで規制するまでではないのでしょう。

マーガリンの危険性

docter
マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は、
水素が添加されているので危険性高いものと言われています。

癌や心臓疾患。そして喘息やアトピー皮膚炎になる。
多量に摂取すると高齢者の認知症の発症率が高くなるとアメリカの
調査研究で言われています。

しかし値段が安いので、家庭ではもちろんですが、
市販のケーキやお菓子やパンなど多くのものの原材料にマーガリンは使われております。

バターの危険性

バターの絵
「じゃあバターは安全なの?」と言われるとそうではないです。

バターにも自然由来のトランス脂肪酸は含まれています。
マーガリンに比べて危険性低いものの過剰摂取をしてしまうと
血中コレステロール値の上昇や動脈硬化、血液ドロドロになってしまいます。

過剰摂取に関してはカフェインでもなんでもいけませんよね。
なんでも程よくがいいのでしょう。

マーガリンには「人工トランス脂肪酸」が
入っているので疾患を伴う危険性は高いのですが、
バターも過剰摂取をしてしまうと疾患が伴ってしまう場合があります。

あまり神経質にならなくてもいいかもしれませんが、
適度使用するのが一番いいですね。
「こんなに危険なら排除しないと」と思ってもなかなか難しいですよね。

バターは高いのでお料理やお菓子作りの際にずっと使っていると、
なかなか痛い出費になってしまいます。
私は気にせずマーガリンにしていますが、いつ症状がでるとかも
わからないので大丈夫です!とは言えません。

表記などをチェックしたりしてみるといいですね。
日本でも規制が入ると本格的に危ないのかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

ブログをメールで購読

メール購読:メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事

あなたにおすすめな記事