花粉症から来る咳の症状にはどう対応したらいいのでしょう?

eb5c41f487f7b7b5eedb9f1e59d83760_s

花粉症で悩んでいる方は本当に花粉の多い季節はお仕事にも集中できないほどつらいと思います。

マスク姿の方も増えたり、ティッシュを沢山持ち歩くなんて方もいますよね。

そして、花粉症の症状の中でも「咳」を引き起こす理由や環境について今回は話したいと思います。

 花粉症で咳が出るって本当?

花粉症の症状と言えば目のかゆみやくしゃみ、鼻水だと思いますが、
実際には「咳」も花粉症の症状の一つなんです

では、なぜ花粉症で咳が出るかを考えると根本的な理由は「鼻水」なんです。

鼻水は空気中に飛んでいる花粉が鼻に入り、それを異物として認識した反応により体外に出す症状です。

そして、鼻水がのどを通るとたんが出てきます。

鼻水が出ることで口呼吸になり喉が痛くなり咳が出るようになったり、たんを押し出そうとすることで咳が出ます。

さらに、口から入ったアレルギー症状がのどに入り咳を起こすこともあります。

皆さんも花粉と咳の関係をしっかり覚えて花粉症対策をしていきましょう。

花粉症により起きる咳の防ぎ方

花粉症の方なら誰でも花粉でのどが痛くなり咳が止まらなくなることを一度は経験していると思います。

こちらの対応方法として一番なのは「乾燥を防ぐこと」です。

水分を多くとったり、マスクをしたり、加湿器で部屋を乾燥させないようにすることで咳の症状は起きにくくなります。

一番簡単な対応策はお水を飲むことです。

のどの中をダイレクトに湿らせて乾燥を防ぐことで咳を押せえることが出来ます。

しかし、環境などにより出来ること・出来ないことがあると思います。

オフィスが乾燥している場合はマスクをしながらお仕事をしたり、デスク専用の小さな持ち運べる加湿器もあります。

出かける際も出来るだけマスクをして花粉や乾燥から喉を守りましょう。

また、おうちでは加湿器を使うことが一番理想的ですが、加湿器がない方はガーゼのマスクを濡らしてつけたまま寝たり、バスタオルなどを濡れた状態でお部屋に干したりするだけで湿度が上がります。

洗面器やバケツに水を入れて部屋に置いておくのも効果的です。

ぜひ乾燥から体を守り、過ごしやすい春を楽しみましょう。

シェアする

関連記事

コメント

  1. Kenisha より:

    That’s an inventive answer to an intnsertieg question