お世話になった方々の退職祝い・送別会のマナーとは?

832316dc6f01c67d59607dbc5b488fd7_s

今まで会社に貢献し、お世話になった方々の

退職祝

今までの感謝の気持ちを伝えるものであり、
第二の人生をより充実して過ごしていただくお祝い
です。

この退職祝いの送別会パーティーの準備やマナーを知らない方もいると思われます。

今回は素晴らしい退職祝いを盛り上げるためのポイントをお話ししましょう。

退職祝いのお祝いやプレゼントは?

定年やそのほかの理由などで退職する方々の退職祝いに何をしたらいいのでしょうか?

通常は退職が決まった1~2週間以内に退職祝いを送るのが良いでしょう。

贈り物は基本的にはプレゼントが良いのですが最近は金封を渡す方も増えてきています

その場合はのし袋に「御祝」や「御引退御祝」などと記入してお渡しするのが礼儀となっています。

けれども、大抵の会社では退職祝いのパーティーを開いてそこでプレゼントを代表が渡すというケースが増えています。

個人的にお世話になった方や直接的な上司などの場合は個人的にプレゼントをあげても良いかと思われます。

プレゼント選びは趣味やセンスがとても問われるので迷われる方も多いはずです。

最近では、退職される方もお若いのでパソコン関係のプレゼントや、これからの第二の人生で利用できるものをお渡しするのが良いと思われます。

そして、人気があるのが名前入りプレゼントやオリジナル写真集などです。

写真集は今では携帯などで簡単につくることも可能な時代です。

ぜひお世話になった方々に心のこもったオリジナルプレゼントをご用意してはいかがでしょうか?

退職祝いの送別会って何をするの?

退職祝いは今では新たな門出の場所としてお祝いをしています。

近年は退職祝いのパーティーとして結婚式の披露宴会場やお店の貸切、
居酒屋やバーなどでも個室を使って行われることが増えています。

一般的に部や課単位、または有志でのパーティーの開催となります。

この送別会は退職される方たちの特別な時間なので必ず出席し素敵に送り出してあげましょう。

また、内容も出席者のスピーチやプレゼント贈呈、余興などがありますが、
サプライズの演出も人気があります。

長年働いた会社を旅立つ方々への感謝を伝えるために
ビデオレターや楽器演奏など様々な演出もあるようです。

主催される幹事さんや進行を務める司会の方は大変かと思われますが、
ぜひ人生の思い出に残る退職祝いを演出できるといいですね。